テロ等準備罪が施行されて

13668920_655535587931819_1247839684385681800_o.jpg
今年も御霊祭りが無事終わりました。英霊の皆様に於かれては地元に帰られたことでしょう。
平和な未来をありがとうございます。

さて、平和と言えばテロ等準備罪が成立、施行されやっと国際組織犯罪防止条約を締結する事が出来ました。
日本が国際組織犯罪防止条約の締約国に
「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法の施行を受け日本は組織的なテロや犯罪を防ぐための「国際組織犯罪防止条約」の受諾書を国連に提出し、条約の188番目の締約国となりました。
「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法の施行に伴い政府は11日の閣議で組織的なテロや犯罪を防ぐための「国際組織犯罪防止条約」を締結することを決定しました。これを受け、ニューヨークの国連本部では11日、南国連次席大使が国連の法務局に条約の受諾書を提出しました。
「国際組織犯罪防止条約」は重大な犯罪の実行についての合意や犯罪によって得られた収益の資金洗浄を犯罪化すること、それに犯罪者をめぐる捜査や情報収集などで、締約国の間で協力をしやすくすることなどを定めています。
これによって日本は条約の188番目の締約国となり、30日後の来月10日に条約の効力が発生する見通しになりました。
南国連次席大使は記者団から政府が条約締結に必要としてきた「テロ等準備罪」を新設する法案について、国連の人権理事会の特別報告者がプライバシーや表現の自由の制限につながる可能性があるなどと懸念を示したことについて問われると、「政府としてきちんとした対応をして答えを出していく。テロや組織犯罪に関する国際協力を進めていきたい」と述べました。

ようやくここまで来ましたね、次はスパイ法事法案の設立が急務です。
なんせ二重国籍の人間が野党第一党の党首となっています。その状態を変と思わない人間はいないはずです。
中共のスパイを北朝鮮のスパイをとらえるためにもスパイ防止法が必要です。
永田町は世界有数の情報戦の戦場であるという認識が不可欠だと思います。

さて、このことに関して勘違いしている人がいます。
「共謀罪」をめぐる日本政府の対応 国連特別報告者が批判「普通ではない」
11日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、国連人権理事会の特別報告者であるジョセフ・ケナタッチ氏が、「共謀罪」の趣旨を含む改正組織的犯罪処罰法をめぐる日本政府の態度を批判した。
先月15日に成立した「共謀罪」法が、同日をもって施行となった。ケナタッチ氏はこの成立前の5月18日付の書簡で、安倍晋三首相宛に「プライバシーを守るために捜査権の乱用を防ぐ条項がない」と、法案成立への懸念を伝えていた。だが、安倍政権はケナタッチ氏の指摘に抗議したものの、書簡に対する回答はしなかったという。
番組では、小川彩佳アナウンサーがケナタッチ氏に日本政府の対応を尋ねた模様を放送した。書簡に対する応答が未だないことに対し、ケナタッチ氏は「(他の国は)私が質問を送れば、ときには数時間以内に回答がきます」「日本政府の振る舞いは『普通ではない』と言わざるを得ません。誠意や礼儀の面でも普通ではない」と厳しい言葉で批判する。
ケナタッチ氏は続けて、書簡では簡単なことしか尋ねていないと語り、「日本の法務大臣なら説明するのに5分とかからないはずです」とも指摘。最後に「しっかりと腰を据えて日本が模索すべきは、民主主義にふさわしいプライバシーが守られる仕組みです」と訴えていた。

自分自身に特別な権限があるとでも勘違いしているのでしょうか?
報告者は所詮報告者であって小間使いにすぎません。
ましてや、戦勝国連合を通した正式な質問ではありません。こたえるだけ無駄というものです。
こちらは忙しいのにかまっている暇はありませんね。
5分で説明できる簡単な法律ってどうよって感じです。

戦勝国連合の本部は今回の法律に歓迎しているようです。
日本のTOC条約締結歓迎=国連事務所、組織犯罪対処へ連携期待
【ベルリン時事】国連薬物犯罪事務所(UNODC、本部・ウィーン)のフェドートフ事務局長は12日、声明を出し、同事務所が所管する国際組織犯罪防止条約(TOC条約)などの締結手続きを日本が終えたことを歓迎した。
 日本の動きは「国境を越える組織犯罪や汚職は、国家間のより大きな協力を通じてのみ対処できるという強いメッセージだ」と指摘。日本との連携に期待を示した。

犯罪を嫌うのは当然のことです。法の網の目をくぐる犯罪者を逮捕できるというのは素晴らしいことであり、人々の安全を守るうえでも非常に重要なことです。

これから犯罪者たちは名に振りかまわず糾弾してくることでしょう。そして捏造報道も盛んにおこなわれることでしょう。
しかし、私たちは断固として犯罪は許さないという姿勢を貫きましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
国防 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/07/23 06:00
コメント:

管理者のみに表示