第71回 靖国神社 みたま祭り

平成29年 御霊祭り
先日、7月15日に私たち平成・美しい日本を護る会のメンバーは靖国神社のみたま祭りに参列いたしました。
屋台がなくなり、通常のお祭りとは異なる趣となっている靖国神社
むしろ、屋台などない方が安全で清浄な雰囲気となっているみたま祭り
以前の様な屋台ありきのお祭りよりもこちらの方がよいと感じました。

このみたま祭りは全国の人、団体からの献金で成り立っており、大型献灯一燈:12000円 小型献灯一燈:3000円から成り立っております。
御霊(みたま)とは、祖先の霊に対して尊敬の念をもっていう言葉。つまり、みたままつりは、靖国神社に祀られている英霊方々に対し慰霊と検証を祈願する行事となります。
その象徴となるのが境内を彩る提灯。英霊への感謝と平和を願って掲げられる提灯は、その数3万個以上にもなります。その様子から、みたままつりは「光の祭典」とも呼ばれています。
日が落ちてからの約二時間、この光景が見る事が出来ます。
平和な日本を作り上げた、守ってくださった英霊の皆様に感謝の誠をささげるとともに、これからの日本を続けていくことをお祈り申し上げました。
平成29年 御霊祭り献灯
皆さんも一度は御出で下さい。参拝しましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
神社 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2017/07/24 06:00
コメント:
英霊とみたままつりを楽しみましょう
若い男女が非常に多かったように感じました。
2礼2拍手1礼でしっかりと参拝している人も多くいました。今、神社仏閣の朱印をもらうのがブーム(というか流行ってます)。
日本のお辞儀の挨拶もNHKなどが朝鮮式で朝ドラでやっているという人もいます(私は見ないので知らない)。
最近、世話になっている銀行で行員の女性のお辞儀が気になりそのことを教えました。
万歳の仕方が解らない日本人が多くいます(戦後世代の年配者がひどい)。

管理者のみに表示