二重国籍の辞任に対する各紙の社説

14544048-s.jpg
二重国籍であるにも関わらず参議院選挙に立候補して当選してしまった村田、国籍法違反の犯罪者であり、公職選挙法違反となりますので議員辞職をしなければならない存在です。
その二重国籍の代表辞任の記者会見、なんだかうれしそうに見えたのは私の気のせいなのでしょうか?

会見の様子になります。
民進・蓮舫代表、会見で辞意 「一議員にもどります」
 民進党の蓮舫代表が27日、「民進党の代表を引く決断を致しました」として辞任する意向を表明した。国会内で開いた記者会見で語った。
 辞任を決断した理由について「攻めの部分は、しっかりと行政監視をしてきた。ただ一方で、受けの部分で私は力を十分出せなかった」と述べた。
 そのうえで、「いったん退(ひ)いて、より強い受けになる。民進党を新たな執行部に率いてもらうことが最大の策だと。二大政党制の民進党をつくり直すことが国民のためになる」と説明。「一議員に戻ります」と表情を引き締めた。
 衆院への転出は「一度立ち止まります」として再検討する考えを示した。
 蓮舫氏は新代表を選出する代表選を速やかに行ってほしいとの考えを示したうえで、後任の代表の人物像について、明言を避けつつも「我が党には経験のある人、志の常にある人、すばらしい仲間がいる。求心力がある執行部ができることを切に願う」と語った。
 辞任を決めた時期について「昨日、自分の中で判断した」と語った。自身の二重国籍問題の影響については「国籍の問題は判断に入っていない。全く別次元の問題だ」と述べた。
 蓮舫氏は辞任の決断について「誰にも相談していない」としたうえで、「人事に着手する手段もあったが、遠心力を求心力に変えるときに、人事で高まるのか。安倍内閣をただすために、人事ではなく、新たな執行部に委ねる道を取った」と語った。
 急な辞任表明について、「(民進党支持者らには)申し訳ないと思う。ただ1日でも空白をつくらない。強い民進党を示すための代表選を通して、立ち止まって見つめてくれるような議論を経て、安倍内閣に代わり私たちがいる、と強く示したい」と語った。
 参院議員として党首を務めた蓮舫氏。それが弱点だったかと問われると、「そう感じないと言えばうそになる」。そのうえで「今の政権のあり方、いつ解散総選挙があってもおかしくはない。総選挙に勝つ体制は整っているので、新しい方が早い段階で代表選を終えて、後段の仕上げを担って頂きたい」と語った。
 東京都議選では、前身の民主党時代を含めて過去最低の5議席となり惨敗。離党者も相次ぐが、民進党はまとまれるかと聞かれると、蓮舫氏は「できます。後ろから撃たれても水鉄砲。時間がたてば乾く。時間をかけてゆっくり関係を構築できている。信頼できる民進党にできる」と力を込めた。

二重国籍の問題は全く関係ないとか言っていましたが、それこそ間違いです。
一番の問題は二重国籍問題に対する本人の嘘に嘘を重ね続けた説明であり、国民を欺き続けた結果だと思います。

さて、このことに対して各社の社説が面白いです。
読売
蓮舫代表辞任 指導力不足で行き詰まった
 求心力の低下が止まらず、党運営に行き詰まった末に、代表の座を放り出したと言えよう。
 民進党の蓮舫代表が記者会見で、辞任を表明した。「統率する力が不足していた」と理由を語った。
 東京都議選大敗を受け、野田幹事長が辞意を示しても、蓮舫氏に対する反発が収まらなかった。
 昨年9月の代表選で圧勝しながら、1年も経たたずに辞任に追い込まれたのはどうしたことか。
 前身の民主党を通じて初の女性党首である。知名度と発信力が党再生につながると期待された。
 だが、党内をまとめることができず、蓮舫氏を支えるのは事実上、約10人の野田氏のグループだけとなっていた。野田氏の後任選びは難航するとの観測もあった。
 自身の「二重国籍」問題で事実誤認の釈明をし、対応が後手に回って不信感も招いた。
 安倍首相を舌鋒ぜっぽう鋭く追及し、目を引いたのは確かだが、高圧的で品位を欠く発言が多かった。「批判から提案へ」と対案路線を標榜ひょうぼうしながら、最後まで目立った成果を上げられなかった。
 憲法改正について、蓮舫氏が「衆参憲法審査会の議論にしっかり参加する」と述べたにもかかわらず、党としては、国会で消極的な姿勢を崩していない。
 支持団体の連合との信頼関係も築けなかった。「原発稼働ゼロ」の目標年次の前倒しを図ったが、批判を受けて頓挫した。
 明確な国家観や政策理念が見えなかった。政策をじっくり勉強してこなかったツケを払わされた、と言わざるを得ない。
 民進党は、来月の代表選で新代表を選出する見通しだ。
 2012年に民主党が野党に転落してから支持率は低迷し、代表は1~2年で交代している。内紛続きで結束を欠いたことに加え、「寄り合い所帯」「選挙互助会」との印象を拭えないためだ。
 外交や安全保障、エネルギーなど基本政策での徹底した論議を先送りしてきたことも一因だろう。立て直しは容易であるまい。
 最大の争点は、次期衆院選に向けた共産党との連携の在り方だ。蓮舫氏は、岡田克也前代表が進めた民共共闘路線の修正に言及しながら、結局は安保政策などで非現実的な選択をしてきた。
 保守系に「共産党票欲しさに妥協を重ねた」との不満は強い。今後も離党の動きは止まらないだろう。民進党は何を目指すのか。現実的な基本理念と政策を示せる代表を選んでもらいたい。

なかなか厳しい言葉を投げかけております。そもそも二重国籍の持ち味は知名度のみです。政策への知識や深い思考、周囲への気配りや根回しに関して一切の才能がなく、高圧的であり他人を下に見ることが嫌われています。
そして周りが反対しているのに日本を貶めるために行った様々な妨害活動、嫌われるのも無理はありませんね。

お仲間である変態新聞はこのように書いています。
蓮舫・民進代表が辞任表明 政党政治が成り立つのか
 タイミングにおいても、この間の議論の進め方においても、お粗末としか言いようがない。
 民進党の蓮舫代表が辞任を表明した。敗北した東京都議選後も続投を図ったが、収拾に失敗し、事実上の引責に追い込まれた。
 都議選で民進党は5議席と惨敗したが、蓮舫氏や野田佳彦幹事長はいったん続投を表明した。自民党の歴史的敗北の陰に隠れたことや、「加計問題」などで政権追及を強めていたことから、乗り切れるとみたのかもしれない。
 だが、蓮舫氏が続投批判を封じようといわゆる「二重国籍」問題について戸籍情報を開示したことは混乱を加速させた。野田氏の辞任表明もむしろ蓮舫氏の「身がわり」との印象を与えた。党首として致命的な判断ミスの連続である。
 蓮舫氏が認める通り、党内は求心力よりも遠心力が働く一方だった。離党含みの動きも出ていただけに、続投は極めて困難な状況だった。
 安倍内閣の政権運営をめぐって、ひずみが目立っている。にもかかわらず、野党第1党がまったく政権批判の受け皿となっていない。その現実を突きつけたのが都議選である。蓮舫氏にはその事態への危機感が不足していた。
 もちろん、民進党が抱える体質の問題も大きい。
 政治手腕に不安の声があった蓮舫氏をトップに据えたのは政権の受け皿作りよりも、選挙の顔としての期待からだった。ところが「二重国籍」をめぐり出はなからつまずくと、まともに支えようとしなかった。
 旧民主党以来、民進党は党をまとめる理念や政策の不一致を放置してきた。維新の党と合併しても「バラバラ感」は一向に改まらない。
 蓮舫氏の辞任を受けて焦点は新代表選びに移る。だが、誰が党首になっても、党の存続すら危ぶまれるような状況は変わらないだろう。
 代議制民主主義において政党は不可欠な存在だ。とりわけ小選挙区制に移行してから、政権党が失敗した場合は野党第1党が政権を担うサイクルが期待されてきた。
 与党に輪をかけて野党第1党が迷走する状況は深刻だ。民進党だけではなく、政党政治が成り立つかどうかに関わる問題である。

お仲間だっていうのに冷たい言葉なことで、もしかしたらもう使いえないと判断され、これから糾弾するつもりなのでしょうか?
それとも数少ない良識派が書いているのでしょうか?二重国籍の説明は拙いというよりもずさんで嘘がすぐにばれるようにな話でしたね。利用し、利用される関係だと切られるのも早いのかもしれません。

そしてもう一つのお仲間であるねつ造新聞はこのような社説を書いています。
(社説)民進党の混迷 受け皿たりうる政党に
東京都議選の惨敗から3週間余、民進党の混迷を象徴するかのような辞任劇である。
 蓮舫代表が辞意を表明した。その2日前、野田幹事長が退く考えを示した際には自ら党の立て直しにあたる意欲を語っていた。突然の辞意表明は、民進党が野党第1党として崖っぷちに立っていることを印象づける。
 安倍内閣の支持率が急落するなか、民進党は政権批判の受け皿たりえていない。本紙の直近の世論調査では、民進党の政党支持率は5%にとどまる一方、支持政党なしは47%に増えた。国民の間に既成政党への不信、政治への不信が募っている。日本政治の深刻な危機である。
 民進党は、加計、森友問題などで政権を監視・追及する野党の重要な役割は担ってきた。それでも国民の支持がいっこうに広がらないのはなぜなのか。
 最大の理由は、政党にとって最も大事な政策の軸が定まらないことだろう。
 例えば原発政策では、蓮舫氏が打ち出そうとした「2030年原発ゼロ」は、電力会社労組などへの配慮からあいまいな表現となった。既得権益をもつ支持団体への配慮を優先し、自民党との対立軸を明確にできない。それでは国民の選択肢になれないのは当然だ。
 野党が頼りないことで不利益を受けるのは国民だ。
 政府与党に政権担当能力を疑わせる問題があったとしても、代わりに政権を担える野党がなければ、政権交代は起きない。
 結果として政権党は緊張感を失い、おごり、腐敗につながる。日本の民主主義が健全であるためには、しっかりとした野党が欠かせないのだ。
 蓮舫氏はきのう「新たな執行部に率いてもらい、二大政党制の民進党をつくり直すことが国民のためだ」と語った。
 現在の小選挙区制を柱とした衆院選挙制度は、二大政党による政権交代のある政治をめざしている。その一翼を担う存在であり続けられるかどうかの岐路に立っていることを、民進党の議員たちは自覚すべきだ。
 いまの政権に満足しない民意を政治に反映させる受け皿をつくることは、野党第1党に求められる喫緊の課題である。
 民進党は次の代表選びに入るが、憲法に基づき安倍内閣に臨時国会の召集を求めているさなかであり、時間の余裕はない。
 とはいえ看板の掛け替えに終われば、また同じ轍(てつ)を踏む。民進党の存在意義はどこにあるのか。どのような政策の柱を立てるべきなのか。突き詰めた議論が欠かせない。

思いっきり批判されています。
捏造新聞も変態新聞もあれだけ捏造による偏向報道を行って援護していたのに何もできなかったという体たらくということで見放しそうになっているのでしょうか?
民進党のスキャンダル、失言などは一切取り上げずに自民党の本来なら問題でもない発言だけ取り上げ、騒ぐだけ騒いだのに支持率は30%以下にならない、ネットでの支持率は50%を超えている状況です。
ルーピーなどと同じように下がると思っていたのに全然下がらないことからいらたってこのような社説になったのかもしれませんね。
捏造新聞すら見放す二重国籍の指導力、能力不足が甚だしいということでしょう。

最後に二重国籍を批判していた産経はこのように書いています。
蓮舫代表が辞任 政策を競える政党となれ
 民進党の蓮舫代表が、「私には統率力が不足していた」として辞任を表明した。
 東京都議選で大敗し、野田佳彦幹事長の辞任で乗り切ろうとしたが、党内の反発は強く、続投は困難な状況だった。
 低迷を極める党勢をみて、自ら引責辞任した判断は妥当といえよう。
 だが、蓮舫氏が去っても、民進党が多くの国民の信頼を失った要因が、根本的に解決されるものではない。
 求められるのは、国民の生命と生活を守るための政策を磨き上げ、与党と競い合う勢力として生まれ変わることにほかならない。次期代表の選出を通じ、その姿を内外に示すことが重要である。
 蓮舫氏は昨年9月、高い知名度などを期待されて党代表に選ばれた。提案型、対案型の党になると標榜(ひょうぼう)したが、その実体は55年体制下の社会党のような「反対政党」にすぎなかった。
 テロ等準備罪を設ける改正組織犯罪処罰法の審議では、「息苦しい監視社会になる」などと決めつけ、反対ありきの姿勢に終始した。テロや暴力団犯罪から国民を守り抜く視点を欠いていた。
 安全保障でも、北朝鮮や中国の脅威から日本をどのように守るかの議論を深めることはなかった。アベノミクスの「失敗」は盛んに批判したが、経済成長に資する政策を自ら説得力をもって披露する場面もなかった。
 「加計学園」問題などで政府・与党には説明責任を果たすよう求めながら、蓮舫氏の「二重国籍」問題への説明は二転三転した。
 蓮舫氏が率いた民進党の問題点は、政権を担う場合に備え、現実的な政策を国民の前に示すという基本的な作業をおろそかにしていたことにある。
 何よりも、憲法改正論議で党内対立が広がるのを避け、まともな議論を進めようとしなかった。無責任の象徴だった。
 そうした状況では、次期衆院選での共産党との選挙協力も、政策置き去りの数合わせとしか映らない。保守系議員や最大の支持組織である連合の反発を招いた。
 政権に対峙(たいじ)し得る政策機能を十分持たない政党の、支持率が低迷するのは道理である。
 すべての議員、党員は痛切な反省を抱いて新体制づくりに臨むべきだ。それなしに、生まれ変わることはあるまい。

なんだか非常に優しいですね。目指すべき道を説いているようにも見えます。
正論を真っ向からぶつける存在がなかったのが二重国籍の問題だったのかもしれません。相談役が、忠告する人がいなかった、止める人がいなかった、相談でいる集団ではなかったのが民進党の最大の弱点だったのでしょう。
それもそのはず、民進党はただの選挙互助団体であり政策で一致した政党ではありません。そりゃあ、政策を掲げて一つにまとまる事ができるわけがありません。

さて、二重国籍は今後どうするのでしょうか?公職選挙法違反なので議員辞職はま逃れませんし、台湾の公文書偽造の疑いもかけられています。

このような嘘吐きを国会議員にしないように国籍や経歴の開示を行うような公職選挙法の改定を行っていきましょう。
公人というのは権限がある分、責任、義務を重くしていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
教育 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/08/06 06:00
コメント:

管理者のみに表示