消費税増税による税収減少を考える

6c8cd2ea50bc8113e081fd984b705a4a.png
財務省が検討し、実施を進めている消費税増税、民進党主体の三党合意により平成31年に上げる約束である消費税、
今年の通常国会にて消費税増税を延期させる法案の審議があったにもかかわらず民進党の二重国籍問題や獣医師会の玉木への献金に端を発する獣医不足問題、詐欺師の恫喝を跳ね除けずに従ってしまった財務局の瑕疵や大阪維新による梯子の撤去、様々な問題によって法案の審議時間がたちなくなり流れてしまっています。
そのような最中、安倍総理が消費税増税を口にしたという情報が流れたそうです。
安倍首相は19年10月に予定する消費税率10%への引き上げについて「予定通り行っていく考え」と述べた。
そもそも三党合意により約束された増税です。根拠法案がない今、増税せざる得ないというのはわかりますが、この件で民進党が責任を負わないというのが一番気に食わないですね。
いの一番に責任を負う義務のある民進党、野田政権の際に決めた三党合意です。
解散総選挙の為に合意したとも言えそうな消費税増税、延期もしくは消費税減税を行っていただきたいものです。

自民党の若手議員が安倍総理に進言するそうです。
消費税10%は凍結を 自民若手が財政提言
 自民党の若手国会議員有志でつくる「日本の未来を考える勉強会」メンバーは2日、二階俊博幹事長を党本部に訪ね、財政政策に関する提言書を手渡した。安倍政権が平成31年10月に予定している消費税率10%への引き上げを凍結し、5%への減税も検討するよう求める内容だ。
 26年の消費税率8%への引き上げについて「内需が冷え込み、税収を縮小させた」と指摘。基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字化目標を撤廃し、財政出動を強化する必要性も盛り込んだ。「当初予算を年率3~4%ずつ拡張するのが得策だ」と訴えた。

消費税増税を推進している議員さんも大勢いるそうですが、反対して税の緊急出動にて流動性のあるお金を回して経済活動を活性化させるという当たり前の経済論をいう人も大勢います。
自民党だけではなく心ある人は消費税に反対しているという事をマスコミは流すことがありません。
当たり前の経済論、ケインズやらマルクスやらいろいろありますがその賛否両論すら出てこないこともあります。


そんな中でも安倍総理の支持率は高いといわれています。
内閣支持率44%に上昇 不支持43%で拮抗
 共同通信社が三、四両日に実施した全国電話緊急電話世論調査によると、安倍内閣の支持率は44・4%で、前回七月の調査より8・6ポイント上昇した。不支持は9・9ポイント減の43・2%で、支持とほぼ拮抗(きっこう)した。今回の内閣改造、自民党役員人事を「評価する」との回答は45・5%で「評価しない」は39・6%だった。安倍晋三首相の下での改憲に賛成は34・5%。反対は53・4%で、前回より1・4ポイントの微減だった。 
 内閣改造と自民党役員人事が支持率回復につながった形。安倍政権下の改憲に反対の声が根強い実態もうかがえる。
 総務相に起用された自民党の野田聖子元総務会長に「期待する」は61・6%で「期待しない」は31・4%。河野太郎外相には55・6%が「期待する」と答え、34・8%が「期待しない」とした。
 安倍内閣の不支持理由としては「首相が信頼できない」が56・0%で最も多かった。支持理由の最多は「ほかに適当な人がいない」の44・0%だった。安倍内閣が優先して取り組むべき課題(二つまで回答)については「年金・医療・介護」が42・8%で最多。「景気や雇用など経済政策」が37・0%で続いた。
 望ましい衆院解散・総選挙の時期は「任期満了に近い来年秋から冬」43・0%、「年内」22・0%、「来年春ごろ」11・0%の順となった。
 民進党代表選に立候補の意向を示している枝野幸男元官房長官と前原誠司元外相のうち、どちらが次の代表にふさわしいかをたずねたところ、前原氏が40・0%、枝野氏が36・7%だった。民進党が今後の国政選挙で共産党などとの共闘を「続けた方がよい」は35・9%。「よいと思わない」は53・9%だった。
 政党支持率は自民党が前回比7・1ポイント増の39・0%で、民進党は0・9ポイント減の7・3%。公明党5・9%、共産党5・1%、日本維新の会2・6%、社民党0・4%、自由党0・3%、日本のこころ0・2%だった。「支持する政党はない」とした無党派層は37・9%だった。
 安倍晋三首相は二〇一二年十二月の第二次安倍内閣発足以降、今回を含めて組閣や内閣改造を計五回(最初の組閣を除く)行っている。それぞれの直後に共同通信社が行った世論調査で、内閣支持率が前回調査比でどう変化したか見たところ、8・6ポイント増となった今回が最も上昇幅が大きかった。
 これまで上昇幅が最も大きかったのは、衆院選で圧勝した後に発足した一四年十二月の第三次安倍内閣で、6・6ポイント増。ほか三回のうち二回は5ポイント台の増で、残り一回は0・1ポイント下落していた。今回、一定の効果があった形だ。
 もっとも七月中旬の前回調査で、支持率は過去最低の35・8%を記録していた。今回大きく上昇したといっても、44・4%という支持率は、第二次以降の組閣・内閣改造後の支持率と比べて最も低い。
 これまでの組閣・内閣改造直後の支持率で最低だったのは一五年十月の44・8%。集団的自衛権の行使を容認する安全保障関連法が九月に成立した直後だった。 (古田哲也)

特に何もなかった、二重国籍問題で民進党の代表が馬鹿話を言っただけで支持率が10%近く上がるというのはあり得ません。
もともと落ちてないと考えざる得ないでしょう。
ネットの情報では72%の支持率を安倍総理は持っているとも言われています。

経済がうまく回っているので支持率の高い安倍政権、アベノミクスは成功しているとの海外の評価もあります。
その経済が落ちた時に憲法改正の議論が止まってしまわないようにしていきたいものです。
安倍総理の時代に行われるであろう憲法改正、議論を深めていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/08/13 06:00
コメント:

管理者のみに表示