fc2ブログ

気が合いそうな二人

1ce5b0b0.jpg
様々な敵と戦っている大統領、一国の代表というのはそれだけ責任が伴う立場です。

アメリカのトランプ大統領が就任して初めての亜細亜外遊、その最初は日本であり最後はフィリピンでした。
そのフィリピンの大統領とトランプ大統領が会見した立役者として安倍総理がいたということはご存知でしょうか?
暴言王・ドゥテルテ大統領再び ASEAN会議直前の来日 安倍首相がトランプ米大統領と橋渡し 北包囲網促せるか?
「暴言王」「犯罪バスター」などの異名を持つフィリピンのドゥテルテ大統領が30、31両日に来日する。強烈な個性の持ち主として知られるドゥテルテ氏だが、安倍晋三首相には絶大な信頼を寄せており、4度目の首脳会談で日比両国のさらなる関係強化を図る見通し。中国の南シナ海・東シナ海での覇権拡大に懸念を共有する両首脳は、対北朝鮮でも足並みをそろえることができるのか-。(田北真樹子)
 ドゥテルテ氏の来日は、昨年10月に続き2度目。フィリピンは11月13、14両日にマニラで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会議の準備で手いっぱいのはずだが、ドゥテルテ氏が首相との会談を強く望み、急(きゅう)遽(きょ)訪日が決まった。トランプ米大統領との初会談を控えていることから、トランプ氏の人物評や北朝鮮情勢に関して、首相の率直な意見を聞きたいと考えたようだ。
 ドゥテルテ氏は北朝鮮情勢に強い懸念を抱いており、9月の国連安全保障理事会の対北制裁決議を受け、北朝鮮との貿易も停止した。ASEANは北朝鮮に融和的な国が多いだけに、議長国のフィリピンが日米と「圧力」路線で足並みをそろえる意義は大きい。
 とはいえ、ドゥテルテ氏は大の米国嫌いで知られており、トランプ氏との初会談で関係がこじれると、ASEAN関連会議への影響も生じかねない。
 実はトランプ氏もフィリピン訪問をためらっていた。9月に行われた米ニューヨークでの日米首脳会談でも首相に「フィリピンにも行かねばならないのか」と相談を持ちかけた。
 首相が「絶対行った方がよい。あなたとドゥテルテ氏はきっとウマが合う」と促すと、トランプ氏は即座にマクマスター大統領補佐官にこう指示した。
 「シンゾーが言うなら間違いない。フィリピン行きの日程を調整してくれ」
 日米両首脳の絆は相変わらずだが、首相とドゥテルテ氏の信頼関係も負けず劣らず強い。
 これには理由がある。
 昨年10月の日比首脳会談(少人数会合)で、ドゥテルテ氏が米国批判をまくし立てたところ、首相はこうたしなめた。
 「私の祖父(岸信介元首相)もGHQ(連合国軍総司令部)に戦犯として3年間拘置された。だが、日米安保条約を改定し、現在の日米同盟の基礎を築いたのも私の祖父だ。私(し)怨(えん)ではなく国益を考えたからだ」
 ドゥテルテ氏はこの言葉に感銘を受けたようだ。首相が今年1月にフィリピンを訪れた際は、ダバオ市の自宅の寝室まで招き入れ、収納棚にある銃のコレクションを見せて「どれでも好きなものを持ち帰ってくれ」。首相は「日本で銃の個人所有は違法だ」と言って丁重に断ったが、両者の絆は強まったという。
 ドゥテルテ氏は31日には天皇陛下と面会する。昨年10月の来日時は三笠宮さまが薨(こう)去(きょ)され、キャンセルされただけに、ようやく念願がかなうことになる。

結果、ドゥテルチ大統領は陛下との会見に臨まれ、大いに感動したそうです。
そしてトランプ大統領もまた安倍総理の進言通り、ドゥテルチ大統領と会見することになりました。

その会見は非常に好意的なものであったそうです。
トランプ米大統領、フィリピンのドゥテルテ大統領とは「偉大な関係」
トランプ米大統領は13日、フィリピンのドゥテルテ大統領とは「偉大な関係」にあると述べた。フィリピン国内の麻薬撲滅に向けた戦いで数千人の死者が出ている問題について、両首脳は記者団からの質問には答えなかった。
  トランプ大統領がドゥテルテ大統領との初の公式会談を前に発言した。記者団が両首脳に人権について質問を投げ掛けたところ、ドゥテルテ大統領は「これは報道声明」ではないと語った。同大統領はトランプ大統領に対しフィリピンは米国の「同盟国」であり、「重要な同盟国」だと述べた。
 ドゥテルテ大統領のハリー・ロケ報道官が会談終了後に記者団に語ったところによれば、約40分にわたる首脳会談では人権問題は取り上げられなかった。トランプ大統領にフィリピンにおける麻薬の脅威をドゥテルテ大統領が伝えたところ、トランプ大統領は「シンパシーを抱いているように見えた」とロケ報道官は説明した。
  同報道官によれば、トランプ大統領は日本車より米国車に対する関税が高いのはなぜかと尋ねたほか、フィリピンとの2国間貿易協定の可能性について検討するとも語った。
  ホワイトハウスのサンダース報道官は首脳会談について、ドゥテルテ大統領の違法薬物との戦いに関する文脈の中で人権について短く触れたと指摘。また過激派組織「イスラム国(IS)」や貿易にも重点が置かれたと話した。両首脳はマニラでの東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に参加している。
  フィリピンでの多くの死者を伴う麻薬撲滅の取り組みに対し、オバマ米大統領(当時)が批判したことから、フィリピンと米国の関係は悪化したが、トランプ大統領就任後に両国関係の改善が進んだ。4月の両首脳による電話会談を受け、ホワイトハウスはフィリピンが「国内から麻薬をなくすため必死に戦っている」とのコメントを発表していた。

麻薬で設けている人がいる一方、貧困であえいでいる国民がいる。
その状態を何とか打開しようとしているのがドゥテルチ大統領です。それを踏まえずに非難していたのがオバマ大統領でした。
麻薬撲滅を行い、国内の治安を回復し経済を安定させる戦いを行っているドゥテルチ大統領と、捏造報道に取りつけれ、お金儲けばかりを行っている一部の資産家だけが富む国内を是正しようとしているトランプ大統領。
馬が合うのでしょうね。
安倍総理も国内の反日左翼や捏造報道機関との戦いを行っています。

あまりにも仲が良いようでしてトランプ大統領がドゥテルチ大統領に歌を歌えるかと問われると歌いだしたそうです。
ドゥテルテ比大統領、愛を歌う ASEAN夕食会で 「米最高司令官の命令だった」
【マニラ=吉村英輝】フィリピンで開催中の東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議の12日の夕食会で、ドゥテルテ大統領がラブソングを披露し、隣に座っていたトランプ米大統領に促されたためだと述べた。
 参加者が撮影した動画が、インターネット上に投稿された。
 夕食会では、フィリピンで往年の人気歌手がタガログ語の歌を披露。ドゥテルテ氏が一緒に口ずさんでいると、トランプ氏に歌うよう催促された。歌手と一緒に低音で歌うドゥテルテ氏。現地記者によると「上手でないがおはこの歌」という。
 画面に大写しされたドゥテルテ氏は歌い終わると、「米国の最高司令官の命令だったので歌った」とはにかんだ。ロシアのメドベージェフ首相ら周囲の首脳は喝采を送った。
 米ホワイトハウスによると、トランプ氏は13日の米比首脳会談前、ドゥテルテ氏に「昨夜のイベントは最高だった。素晴らしい才能だ」と絶賛した。

議長国として歌ったのか、歌が好きだったから歌ったのかはわかりませんが、ロシアの首相らも拍手を行ったそうです。
非常に良い晩餐会だったのでしょう。

日本、アメリカ、フィリピン様々な国々が連結して中共などの反社会的勢力を抑え込んでいきましょう。
とりあえずは北朝鮮です。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/11/19 06:00
コメント:

管理者のみに表示