fc2ブログ

説明責任から逃げる山尾志桜里

DND4ybTUIAEic_y.jpg
ガソリンプリペードカードによる公的資金の横流し問題の説明責任を果たさずに弁護士と不倫して民進党を離党し、無所属で当選した山尾志桜里
彼女は疑惑に対して一切の説明を拒んでいます。まるで謝ったら負けと思っているといわんばかりの対応、それでも愛知県7区の人々は彼女を当選させてしまいました。
無効票が他の区の倍以上あるような異様な選挙でしたが、それでも当選は当選ですね。

しかし、そのような議員についていけないのか、後援会長が辞任したそうです。
後援会長もあきれた!「不倫」報道相手を顧問にした山尾志桜里氏の逃避行 説明責任はいずこに?
 「週刊文春」に不倫疑惑を報じられ、民進党を離党し、無所属で衆院選を勝ち抜いた山尾志桜里衆院議員(43)が逃避行を続けている。11月7日、山尾氏が不倫相手と報じられた倉持麟太郎弁護士(34)を事務所の「政策顧問」に招いたことが明らかになった。この仰天報道を受け、山尾氏の後援会長が辞任するなど騒動はますます大きくなっている。山尾氏はこれまで舌鋒鋭く政府・与党を追及し、徹底した説明を求めてきた。本来ならば、自らの疑惑については丁寧に説明すべきだが、そうした姿勢はみじんも見られない。
 「(辞任は)8月から申し入れていたもので、10月には役員交代の話も出ていたが、衆院選が始まるから『そのままでいこう』という話になっていた」「山尾さんとは関係ない。選挙の総括も含めていい機会だと思った」
 衆院愛知7区で山尾氏の地元後援会長を務めていた野々山利博氏はこう述べ、衆院選後に辞任した。山尾氏とは無関係の辞任を強調した野々山氏だが、後援会長として、これまでも山尾氏の言動に苦言を呈してきた。民進党離党のきっかけになった倉持氏の政策顧問への起用を腹に据えかねての辞任とみられる。
 なぜなら野々山氏は倉持氏の起用について「(報道されてから約2カ月という)タイミングとしては“ノーだ”。国民や支援者の気持ちを大事にしているんだったら、1年後でもよかったと思う」と語っていた。長年、応援し続けてきた後援会長としては当然のことといえる。倉持氏起用の説明すらなかったというのだから、野々山氏のブチ切れは当然だ。
 山尾氏は昨年、待機児童問題を全国区にした「保育園落ちた、日本死ね」という匿名ブログを国会で取り上げ、民進党の女性論客として一躍名を上げた。若手ながら政調会長に大抜擢され、次世代のホープとして輝いていた。
 転機は9月の民進党代表選直後に起こる。山尾氏は倉持氏との密会写真を週刊文春に押さえられ、大々的に報じられた。山尾氏は当時の前原誠司代表から幹事長を打診されており、政治家として絶頂期を迎えていた。
 この報道を受け、山尾氏は民進党を離党した。9月7日の離党記者会見では「男女の関係はない」などの不倫疑惑を否定する短い説明を一方的に述べるだけで、記者の質問は全く受け付けずに逃げ去った。山尾氏は無所属のまま衆院選に突入し、12万8163票を獲得し、自民党の鈴木淳司氏を下した。
 衆院選後、山尾氏は枝野幸男代表率いる立憲民主党の会派に入り、政治家としての活動を再開した。そして、今月7日付の神奈川新聞のインタビューで、こう高らかに宣言したのだった。
 「むき出しの好奇心などに屈しない」
 自身を追及したマスコミに対する「宣戦布告」のようにも聞こえる。同紙面で、山尾氏は倉持氏の政策顧問の起用を表明したが、その倉持氏も7日付のブログに「外野の『俗物的』な雑音は、秋の豊かな『芸術的』な楽器の音色にかき消してもらいながら、きたるべき憲法をめぐる戦いのために、この刀をピカピカに研ごう」と投稿した。
 絶妙なタイミングでの投稿である。2人は内々に打ち合わせていたのではないか。
 山尾氏は神奈川新聞のインタビューに対し、こうも語っている。
 「『むき出しの好奇心を満たせ』『まだ満たされていないのだ。だから満たせ』と繰り返しているわけだ」
 「私へのその問いは、どのようにして社会に役立つのだろうか。政治家として私を評価する上で、一体何の判断基準になるというのか」
 一見すると正しいかのように思えるが、山尾氏は過去に週刊誌報道が口火を切った甘利明元経済再生担当相の元秘書による金銭授受問題を徹底追及し、「秘書のやったことについて本人の責任が免れるわけではない!」と言い放った。まさに政治家の「説明責任」にこだわっていた張本人であり、天につばするとは、このことだろう。
 しかし、山尾氏にその意識はないようだ。民進党の政調会長就任から間もない平成28年4月に元秘書によるガソリン代の不正請求が発覚したときも、説明を求める記者から逃げまくった。その際、山尾氏は「元公設秘書が不適切な処理をした可能性が高い」と言い張って堂々と政調会長続投を宣言し、その後8カ月以上、詳細な説明を避け続けた。
 なぜか山尾氏は他人の批判は厳しく、自らの政治資金問題やダブル不倫疑惑など都合の悪いことには口をつぐむのだ。自分には甘い人間としか思えない。
 山尾氏は特別国会が召集された今月1日、倉持氏の起用に関して記者団に「今、答えるつもりはありません」とだけ語り、立ち止まることなく、またも逃げ去った。
 それは「日本ではとりわけ女性政治家が社会の好奇の目にさらされる。そのプレッシャーはすさまじいもので、あらためてそのことを今回当事者となり実感した」(7日付神奈川新聞)からなのだろう。
 だが、今さら言うまでもなく国会議員は公人中の公人である。
 「公の政治家として仕事ぶりで評価を得たいと思い、意図的に『家庭』と、『政治家・山尾志桜里』を切り離しここまでやってきた」と語っている。しかし、これは明らかなウソだ。山尾氏は安倍晋三首相も出席した昨年1月13日の予算委員会での質問で、堂々と「私も5歳の息子を預けながら働いている母親です」と述べ、「意図的に家庭をアピール」していた。
 見事なダブルスタンダードだが、そもそも議員バッジを付ければ「国権の最高機関」である国会に所属する極めて重い責任がある。その対価や必要経費として、国民の税金から歳費や立法事務費、秘書給与、政党交付金など、合計すればざっと1人当たり1億円以上が支払われているのだ。
 このことをどこまで自覚しているのか。
 山尾氏はインタビューで「政治の世界は公私を分け、政治家としての努力と実力のみで評価されるべきだと問いたい」と語った。確かに痛い腹を探られるのは「主婦」の代表を自任する山尾氏には辛いのだろう。
 「一人のプロの職業人として『こんな質問すべきだろうか』と胸に手を当てて考えてもらいたい」とも語ったが、自らも胸に手を当てて、国会議員の責任とは何かを考えるべきだ。少なくとも都合の悪いことは説明しない姿勢ではないはずだ。(政治部 千田恒弥)

とまあ、人間として最悪な人ってことでしょう。政治家としての活躍は何もなく、日本死ねという最悪の差別言葉を超え高々に国会で話した大馬鹿野郎ってだけのことです。
だれがこんなやつを評価するのでしょうか?

常々ヘイトスピーチや日本人差別を行っている神奈川新聞のインタビューでむき出しの好奇心とか言っていますが、実際にはなかったそうです。
記者は見ていた!山尾氏のウソ「むき出しの好奇心などはまるでなかった」 選挙戦実際は批判の嵐
 週刊文春が「禁断愛」のお相手と報じた弁護士の倉持麟太郎氏(34)を政策顧問に迎えるとして再炎上している山尾志桜里衆院議員(43)だが、ここにきて選挙戦で「むき出しの好奇心などはまるでなかった」と言い出した。不倫疑惑に関する有権者の批判がなかったかのような口ぶりだが、残念ながら事実ではない。山尾氏が選挙戦で地元有権者から浴びせられた罵声や怒号、嫌悪の視線など、一部始終を夕刊フジ記者が明かす。
 好き嫌いは別にしても、当選後の山尾氏に対し、違和感を覚える人も多いのではないか。
 地元の愛知県ではなく、神奈川新聞に3日連続で登場した山尾氏。8日付の「山尾志桜里氏が語る(中)」では、《週刊誌やワイドショーによる報道で批判にさらされたが、選挙戦が始まり地元に帰って私が見たものは、そうしたむき出しの好奇心などはまるでなかった》《熱意のこもった本気の応援をもらった》と振り返り、自分がいかに有権者に支持されたかをつづっている。
 だが、記者が見たものは、まるで異なる。
 倉持氏との疑惑を報じられてから2週間後の9月22日、初めて地元の愛知7区に入った山尾氏は、地元の民進党地方議員に対し、自身の離党も含め、騒動について説明会を開く予定だった。だが、出席者は1人も現れず、会合は中止に追い込まれた。
 翌23日に開かれた支援者との会合では、報道陣をシャットアウトした部屋の中から「(不倫疑惑が)事実無根なら法的手段を取る予定はないのか!」「はっきり違うと証明してくれないと、私たちも(有権者に投票してくれと)お願いできないっ」などと怒号が伝わってくる場面もあった。
 「男女の関係はない」と繰り返す山尾氏の説明が受け入れられていないのは明らかだった。
 一般の有権者も、赤ちゃんを抱いた若い女性は「不倫をしたのかしてないのか、はっきりしてほしい」と嫌悪感を示し、別の女性は「子供のこと(待機児童問題)で有名になった人だからね、こういう騒動はちょっと」と眉をひそめた。
 選挙戦で、共産党や立憲民主党は、対立候補を立てず、野党は無所属で出馬した山尾氏に事実上、一本化した。それでも自民党候補にわずか834票の辛勝で、1万票以上もの無効票が出た。
 山尾氏を支持する60代の女性は「自民を勝たせないためには山尾さんを応援するしかないんですよ!」と夕刊フジに怒りをぶちまけた。こうした「消極的支援者」も少なくなかったはずだが、一度当選してしまえば批判など関係ないのだろうか。
 選挙期間中も選挙後も疑惑に関する詳しい説明もなく、「公私に一線を引かせていただく」と自分で勝手に幕引き宣言した山尾氏。当選後は有権者の批判をなかったことにするような人に、持論の子育て支援や憲法改正を託せるはずもない。(宇都木渉)

どうやら自民党に勝たせなくなかった人々が投票したということなのでしょう。
無効票が一万も出たというのも変な話ですが、もしかしたらやってらんね~ということでガソリーヌやらパコリーヌやら記載して投票した人も出たのかもしれません。

さて、浮気と疑惑で家庭崩壊しそうな勢いの山尾志桜里の家庭ですが、家族をほって週4回も不倫をしていた事実を聞いて旦那さんはどのような考えになったのでしょうか?
【山尾議員・不倫疑惑弁護士起用】夫がブチ切れ、昼ドラ顔負けの“ドロドロ離婚劇”に発展中! 壮絶な内幕を関係者暴露
 先の衆院選で辛くも当選した山尾志桜里衆院議員が頭を抱えている。同氏は今年9月に「週刊文春」(文藝春秋)で既婚の倉持麟太郎弁護士との“ダブル不倫疑惑”が報じられ、民進党を離党。先の衆院選では愛知7区から無所属で出馬し、薄氷の勝利を飾った。一連の疑惑については選挙期間中から「やましいことはしていない」の一点張りで、明確な証拠は提示しないまま。ところが今、ついに倉持氏を山尾事務所の政策顧問に起用する意向を固めたというから驚きだ。
 この決断に各所から批判の声が上がっているが、当の山尾氏は7日付の神奈川新聞のインタビューで「『男女の関係はない』と否定したことすら、本来答える必要はなかった」「むき出しの好奇心には屈しない」などと対決姿勢を鮮明にしている。衆院選で山尾氏に密着した政治部記者は次のように回想する。
「選挙期間中はまだ殊勝な態度でしたが、当選した瞬間から“山尾節”が復活しましたね。某局のインタビューで、しきりに不倫疑惑を聞かれた際には、中継終了後『説明責任、説明責任言い過ぎ!』と口を尖らせていました
 ただし、こうした強気な言動のツケは私生活にも及んでいる。山尾氏は昨秋ごろから結婚指輪を外しているが、これは夫婦関係がうまくいっていないから。夫の方は、とある経済事件で名前が取り沙汰されており、山尾氏は自らに火の粉が飛んで来るのを避けるため離婚を切り出したといわれる。
「一時は夫も『離婚やむなし』と考えていたようだが、ここにきて態度を硬化させている。文春のダブル不倫疑惑は寝耳に水だったうえ、今度は彼女が倉持氏を自らの政策顧問にすると言い出した。このところ夫は酒量が増え、知人に『絶対に別れない。あいつらのいいようにされてたまるか』と話しているとも。彼なりに意地になっている部分もあると思う」(事情を知る関係者の話)
 夫が何より許せないのは、待機児童問題を追及しておきながら、自らは政策協議と称し、子どもそっちのけで倉持氏と密会を重ねていたこと。「こんなコトが許されていいのか!」と夫は電話越しに憤っていたという。
 倉持氏は自称憲法学者であるが、弁護士としての専門は男女問題。山尾氏は離婚についても倉持氏に相談しているという話もある。昼ドラ顔負けのドロドロ離婚劇の行方は――。

ちなみに憲法学者ってのはなにも出来ない詐欺師と同じ意味を持つことをご存知でしょうか?
日本の憲法会社は左翼の思想に染まっており、国民を守ることよりも憲法を守ることに力を入れており意味のない言動を繰り返す困ったちゃんであることがここ最近の調査で判明しています。
で、山尾志桜里は自分の家庭をむちゃくちゃにして不倫相手とねんごろになったということでしょうか?
子供がかわいそうです。一番身近で大切なこともを犠牲にして何をしているのでしょうか?
このような態度の人間が子供の問題で子供側に立つという違和感を普通の人は持っているのでしょう。

一刻も早く、このような嘘つきで責任を負わない人間は国会議員を辞任していただきたいものです。
日本の未来を明るくするために子供に責任持てる親を国会議員にしていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/11/20 06:00
コメント:

管理者のみに表示