fc2ブログ

汚い言葉を流行らした山尾志桜里

o0780048313812355617.png
例え、糾弾するにしても言葉遣いを何とかしないといけないとか、このような言葉が流行語大賞になったのは悲しいとか、様々な反対があったユーキャンの流行語大賞
その懸念もむなしく国会議員として何に実績もない議員が国会で放った汚い言葉が流行語大賞になりました。

ある芸能人はこのような汚い言葉についてこのように語っていました。
つるの剛士さん「保育園落ちた日本死ね、が流行語大賞なんて…」
 タレントのつるの剛士さん(41)が自身のツイッター上で、「保育園落ちた日本死ね」の流行語大賞トップテン入りに「とても悲しい気持ちになった」と投稿し、議論になっている。
 つるのさんは2日、「『保育園落ちた日本死ね』が流行語。。しかもこんな汚い言葉に国会議員が満面の笑みで登壇、授与って。なんだか日本人としても親としても僕はとても悲しい気持ちになりました。きっともっと選ばれるべき言葉や、神ってる流行あったよね。。皆さんは如何ですか?」(原文のまま)とツイートした。
 1日に「2016ユーキャン新語・流行語大賞」が発表となり、トップテンに「日本死ね」が入っていた。都内で開かれた授賞式には、国会でこの問題を追及した民進党の山尾志桜里衆院議員(42)が満面の笑みで登場。表彰され「年の締めにもう1度スポットライトが当たり、うれしい」と喜んだ。
 「日本死ね」は匿名のブロガーが保育園の抽せんに落ちた怒りをつづったもので、一部のメディアが大きく取り上げて反響を呼んだ。
 選考理由は「このフレーズが先導するようにして大きな社会問題を現出させた」(選考委員会)というもの。
 つるのさんの投稿に対し、「私も全く同じ」などと同感する意見が多数寄せられ、一部、「この言葉のおかげで待機児童の問題に政府が本気で取り組んだ」として、「日本死ね」の騒動を肯定的に評価する声もあったが、「民主党(当時)政権より改善されてますよ」「以前から政府は取り組んでました」などと百家争鳴の議論になっている。
 つるのさんは「保育園落ちた…」のつぶやきの直後に、「皆さん朝からイヤな気分にさせてごめんなさい!今日の素晴らしい神ってる富士山です。皆さんもお勤めいってらっしゃい!」と、富士山の写真とともに投稿した。

結局、民主党政権よりも保育園などは増えており、全く意味のない言葉を反日左翼が広めたかったから受賞したにすぎませんでした。
全く意味もなく憎悪だけで作られた流行語に対して国民は怒り、悲しみました。

それから一年、維新の会の足立議員が『朝日新聞死ね』という言葉を発しました。
一年前、あまりにも汚い言葉を賞賛していた朝日新聞が自分に対して言われたのです。
これに対して朝日新聞はなにも言う権利はありませんが、下らない言い訳を行っております。
(社説)政治家の言論 その荒廃ぶりを憂える
 政治は言葉だ、といわれる。みずからの理念を人の心にどう響かせるか。それが問われる政治の営みが、すさんでいる。
 加計学園の獣医学部問題を審議した衆院文部科学委員会で、聞くに堪えぬ発言があった。
 他の政党の議員3人を名指しし、日本維新の会の足立康史氏が「犯罪者だと思っています」と述べた。相応の論拠を示さないままの中傷である。
 各党から抗議されると「陳謝し撤回したい」とすぐに応じた。その軽薄さに驚く。言論の府を何だと思っているのか。
 憲法は議員の国会内での言動に免責特権を認めている。多様な考えをもつ議員の自由な言論を保障するためだ。低劣な罵(ののし)りを許容するためではない。
 これまでも、他党に対し「アホ」「ふざけるなよ、お前ら」などと繰り返し、懲罰動議を受けてきた人物である。
 一向に改めないのは、黙認する雰囲気が国会内にあるからではないか。
 同じ委員会で、朝日新聞への批判もした。「総理のご意向」などと記された文部科学省の文書を報じた記事について「捏造(ねつぞう)だ」と決めつけた。
 自身のツイッターでは、「朝日新聞、死ね」と書いている。
 加計問題の報道は確かな取材に基づくものだ。記事や社説などへの意見や批判は、もちろん真摯(しんし)に受け止める。
 だが、「死ね」という言葉には、感情的な敵意のほかにくみ取るものはない。
 昨年、「保育園落ちた日本死ね!!!」の言葉が注目されたが、それは政策に不満を抱える市民の表現だ。国会議員の活動での言動は同列にできない。
 政治家による暴言・失言のたぐいは、以前からあった。最近は、政権中枢や政党幹部らからの、とげとげしい言葉が増えている。
 政権与党が、論を交わす主舞台である国会を軽んじる風潮も一因だろう。昨年は首相周辺が野党の国会対応を「田舎のプロレス」「ある意味、茶番だ」と切り捨てた。
 国会に限らず、政治の言葉が、異論をとなえる者を打ち負かすだけの道具にされている。
 安倍首相は7月の東京都議選で、演説にヤジを飛ばした人々に「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と叫んだ。
 「犯罪者」「死ね」「こんな人たち」。国策に重責を担う政治家が論争の相手を突き放し、対立と分断をあおる。
 そんな粗雑な言動の先にあるのは政治の荒廃であり、それに翻弄(ほんろう)される国民である。

因みに加計問題の証拠は一切出していません。疑惑だけで報道している所謂捏造報道です。
捏造報道ではないというのであれば証拠を出してきては如何でしょうか?それが出来ないから捏造報道と言われている事を忘れないで頂きたいものですね。
確かに『死ね』と言う言葉は良くありませんが、自分たちが賞賛していた日本国民と日本の長きにわたる歴史を否定する『日本死ね』という言葉をもじった『朝日新聞死ね』を否定することは自分たちを批判してはいけないというも同然、たかが一企業であることを忘れた傲慢な態度だと言えます。
因みに安倍総理の事も引き合いに出していますが、いつもの切り取り記事です。
「皆さん、あのように、人の主張の、訴える場所に来て、演説を邪魔するような行為を私たち自民党は絶対にしません!私たちはしっかりと政策を真面目に訴えていきたいんです!憎悪からは、何も生まれない。相手を誹謗中傷したって、皆さん、何も生まれないんです。こんな人たちに、皆さん、私たちは負けるわけにはいかない!都政を任せるわけにはいかないじゃありませんか!」
公職選挙法違反を行っている無法者たち、しかもテレビ局が用意したキャストと言う事はすでにばれています。
そのような人々に負けるわけにはいかないというのは当たり前の事です。
で、朝日新聞は何を言いたいのでしょうか?

足立議員も汚い言葉であることは判っているようですが、朝日死ねの発言自体は撤回しないようです。
「犯罪者」発言の維新・足立康史氏釈明詳報 「不快な思いをした人におわびしたい」 朝日記者「『朝日捏造』は?」に「撤回しない。今も捏造だと思うから」
 学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、国会で自民党の石破茂元幹事長や希望の党の玉木雄一郎代表らを「犯罪者だ」と発言した日本維新の会の足立康史衆院議員が17日、国会内で記者団の取材に応じ、石破氏に謝罪したことを明かした。足立氏は「表現を撤回して、不快な思いをした人におわびをしたい」と殊勝な様子で語った。「もう少し丁寧に申し上げないといけない」とも語り、たびたび物議を醸す“足立節”のトーンを和らげる考えも示した。ツイッターに投稿した「朝日新聞、死ね」との表現も改める考えを示し、「『朝日新聞は廃業しろ』ということを言い続けていきたい」と語った。足立氏と記者団とのやり取りは以下の通り。
 「(15日の)衆院文部科学委員会での『犯罪者発言』、犯罪者の疑いがあると申し上げた。これは献金を受けている方が一定の請託を受けて、斡旋(あっせん)をすれば、ということでいろいろな法律がある。そういった疑惑が日本維新の会は、私もそうだが、企業・団体献金を受けていないので、そういう立場からすれば、献金を受けていろいろ仕事をしていけばそういう疑いが免れないと言った」
 「その『犯罪者の疑い』の疑いの部分が十分ではなくて、一部だけを切り取ると何か断定しているかのような誤解を与えたことだと思っている。私の表現がつたないために、不快な思いをさせたという人がいたということなので、表現については撤回をして不快な思いをした人におわびをしたいと思っている」
 --直接謝罪を求める声も出ているが
 「日本維新の会の片山虎之助共同代表に私の意図と問題意識は伝え、表現については申し訳なかったということで申し上げた。それを受けて、片山共同代表からは厳重注意ということでいただいた。今後謝罪うんぬんということは党に任せている」
 --足立氏はこれまでも物議を醸した発言を続けたが、スタンスは変えるのか
 「スタンスというか、表現についてはもう少し丁寧に申し上げないといけないと思っている。だが、なにぶん、いつも質問時間が大変短くて、私の場合も政府に問いたださないことが山のようにある中で、20分という短い時間に全部収める中で若干言葉足らずのところがあると思っている。できるだけ、できるだけというか…、そういうことにならないように、誤解を与えている責任は私にあるから、そういうことが二度と起らないように注意したいと思う」
 「一方で言うべきことは、国会議員の責任として言うべきことは言わなアカンと思っているので、そこのバランスですね。皆さまに不快な思いをさせないようにしながら言うべきことを言っていくことはなかなか至難の業だが、私ももうちょっと成長してというか、バージョンアップしていかなアカンと思っている。
 --犯罪者の疑いがあると強調して発言すればよかったということか
 「そうですね。いわゆる政治献金を受けて、請託を受けて、仕事をすれば線引きはものすごく難しいところがある。私はそういう趣旨の法律、斡旋利得処罰法とか、いろいろな法律にひっかかる疑いが免れないと思う。日本維新の会が企業・団体献金を禁止している最大の理由は、国民からそういう疑いを受けることを免れることはできないからだ」
 「その私の問題意識が、なかなかマスコミでは伝わっていないから、忸怩(じくじ)たる思いがあるが、そこは私の表現の問題というか、力足らずだから…。これからも企業・団体献金の問題については懲りずに指摘を続けていきたいと思う。私が質問に立つたびに続けていきたいと思う」
 --加計学園をめぐり日本獣医師連盟から献金を受けた希望の党の玉木雄一郎代表、立憲民主党の福山哲郎幹事長について外的公正性が保たれていないという考えは変わらないか
 「そうですね。特に自民党の石破茂元幹事長については、政府の閣僚としての立場であったから。これについては私は正直申し上げて言い過ぎたと思っている。石破先生には陳謝を申し上げたということだ」
「ただ野党の皆さまについては、これは大変問題が多いというか、彼ら自身が『疑惑の総合商社』という形で政府与党を追及してきた当人だから、疑惑をずっと引っ張って追及してきた方々が疑惑といわれて文句を言われる筋合いはない。私は野党の皆さまがいわゆる斡旋利得にかかるさまざまな疑惑があることは、私はこれはそうだと思っている。疑惑については、撤回はしませんし、これからも言っていきたいと思う」
 --石破氏にはいつ陳謝したのか
 「細かいことはともかく、石破氏については私は言い過ぎたと思っている。これはあくまでも石破先生がやってこられたことと、野党がやってきたことはおのずと違うから。野党は私はブーメランだと思っているから厳しく追及していく。ただ、石破先生は人のことを批判している人ではないので、一方的過ぎたなということで、この点については陳謝を申し上げたところだ」
 --(朝日新聞記者)朝日新聞に対する加計学園をめぐる捏造(ねつぞう)発言の撤回は
 「撤回の考えはありません」
 --(朝日新聞記者)理由を教えてください
 「はい?」
 --(朝日新聞記者)理由を教えてください
 「あの、今も捏造だと思っているからです」
 --ツイッターでは「朝日新聞、死ね」としたが
 「ツイッターについては表現は行き過ぎたと思っている。いろいろな支持者の皆さんから『死ね』はやはり言い過ぎだと。『廃業しろ、程度にしておけ』というご指導もいただいているから、『朝日新聞は廃業しろ』ということを言い続けていきたいと思っている」
 --足立氏の母は朝日新聞に謝罪の手紙を書く考えがあったようだが
 「家族もそうですし、支持者の皆さまには大変迷惑をかけているので、負担をかけないようにしていきたいと思っています。手紙は、あの、あの…止(と)めたいと思います(笑)」

判っていると思いますが朝日新聞は捏造新聞です。
かの有名な捏造慰安婦問題を言い出したのは吉田清治ですが、それを広めたのが朝日新聞です。南京事件もその類ですね。
戦前は戦争を煽り、日本を戦争に駆り立てた朝日新聞、終わったらGHQに寄り添い、朝鮮によりそり、中共に寄り添っている反日新聞社になります。
反原発で吉田所長の調書を捏造したのも朝日新聞です。それだけでも朝日新聞=捏造新聞と言われても文句は言えないはずです。

因みに献金をもらっていたのは5名、玉木雄一郎(希望)、福山哲郎(立憲)、芝博一(民進)、石破茂(自民)、逢坂誠二(立憲)になります。
石破茂は4条件という開設できないような規制を作り、獣医師会の既得権益を守っていた人であり、玉木は父親と兄が獣医師会の人間だそうです。献金をもらってその団体の権益を守る発言をしていれば疑われるのは当たり前であり、特に玉木は獣医が足りないと過去に言っていたのに今回は権益を守るために様々な動きを行っていた人物です。

何にしても汚い言葉を一般紙に持ち込んだガスリーヌ:山尾志桜里は許せるものではありません。
いまだ何の説明責任を果たさずぐちぐちいうだけの女性議員、彼女のような存在が国民に受け入れられることはないでしょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/11/22 06:00
コメント:

管理者のみに表示