fc2ブログ

言論弾圧を行う新聞社

19149083_1366020343474451_8134600236813830366_n.jpg
最近、メディアの言論弾圧が露骨になってきました。
朝日新聞よりも赤いといわれている東京新聞はこのような言い訳を行い始めました。
「戦時中の反省に立つ 新聞は事実こそ命」 本紙・臼田編集局長が語る
 本紙などを取り扱っている今田新聞店(東京都新宿区)が主催する市民向け講座「だれでもカルチャースクール」が十一、十二の両日、日本電子専門学校(同区)で行われた。十二日には東京新聞の臼田信行編集局長が講師を務め、ニュースの読み方について講演した=写真。
 臼田局長は、本年度の日本新聞協会の標語「新聞で見分けるフェイク知るファクト」をテーマに講演。トランプ米大統領がフェイク(偽)ニュース、オルタナティブファクト(都合のいい“事実”)などと繰り返し発言していることに触れ、国内外で「事実じゃないことを事実として伝えられる、あったことを無かったかのように言う動きが広まっている」と現状を分析。
 そうした中で新聞は「事実こそ命。事実を探し、現場を踏み、話を聞き、裏付けを取り、確かな事実を伝えようとしている」とし、太平洋戦争中のミッドウェー海戦の記事を示して「戦時中は事実と違う大本営発表がまかり通っていた。その反省に立って新聞を作っている。権力を厳しく見るのは当然のこと」と強調した。
 また、新聞を読むことの利点として「雑談力が付く。ネットにない身近な地域ニュースがある。紙という質感があるのでネットより記憶に残りやすい」などを挙げた。

朝日新聞の吉田所長の調書をまったく確認せずに関係者に取材にもいかないで捏造記事を書き連ねた事件を忘れたのでしょうか?
慰安婦問題を日本政府が強制したように見せかけた捏造慰安婦問題のことも忘れたのでしょうか?
それを知っていてこのように話すのは正直ではありませんね。

今現在、安倍総理への偏向報道及び印象操作、捏造報道はカンパできない状態まで来ております。
そしてそれを指摘した作家が朝日新聞などから言論弾圧を仕掛けられるという異常事態となっております。
朝日新聞社、文芸評論家の小川栄太郎氏に抗議 謝罪と賠償求める 森友・加計問題取り上げた著書めぐり
 文芸評論家の小川栄太郎氏は21日、10月に出版した自著「徹底検証『森友・加計事件』朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」(飛鳥新社)をめぐり、朝日新聞社から同日付で抗議を受けたことを明らかにした。同書の一部内容について、朝日新聞は小川氏と同書発行元の飛鳥新社宛ての申入書の中で「事実に反する」と指摘したうえで、謝罪や賠償を求めている。
 同書の中で小川氏は、「総理のご意向」などと書かれた文部科学省の文書があることを報じた朝日新聞社の報道について、「『総理の意向』でないことが分かってしまう部分を全て隠蔽(いんぺい)して報道し続けた」などと記載。さらに、加計学園に関する報道において、同社がNHK幹部と「密議」や「共謀」をしたうえで、「組織的な情報操作」を行った可能性が高い、などと記述している。
 朝日新聞社は、小川氏が森友学園・加計学園に関する同紙の一連の報道を「戦後最大級の報道犯罪」「捏造」と同書で記述していることなどに対し、「弊社の名誉・信頼を著しく傷つける不法行為」と主張。「厳重に抗議するとともに、すみやかに弊社に謝罪し、事実に反する部分を訂正し、弊社が被った損害を賠償するよう強く求めます」として、2週間以内の返答を求めた。
 これに対し、小川氏はツイッターで、朝日新聞社の指摘について「私側の瑕疵(かし)かもしれぬ点を除けば、大半は反論を書くのが楽しみな、あまりにも無理筋の内容」と反論。そのうえで、「明らかで露骨な事実隠蔽を数々続けておきながら、個人の著書を組織の圧力で押しつぶそうとすることは、朝日新聞の人権感覚は天晴なものだ」とつづった。
 朝日新聞社は同日、この申入書を同社の公式サイトで掲載した。

朝日新聞は他者を無責任に批判すれど自分と批判する人間を許さないという無責任極まる態度のようですね。
朝日新聞がそのようなことを言う権利がないことを知らないのでしょうか?
日本を貶めることを一生懸命行う新聞であり、犯罪者と共謀して嘘偽りをもって社会を混乱に貶めるために報道しているようにしか見えない朝日新聞、もし違うというのであれば朝日新聞が自ら違うという証拠を出してもらいましょうか?
出した証拠はこちらが納得するまで検証されてもらいますが、その間も糾弾することを批判してはいけませんよ。
安倍総理にそのように言っていたのだから自分はダメという無責任な話は通じません。

沖縄では切り貼りにて本来の発言とはとは全く違う意味で編集されている事項があります。
記者を名指しし「娘さんは慰み者になります」 百田尚樹氏に沖縄マスコミ労が抗議声明
 沖縄県マスコミ労働組合協議会(沖田有吾議長)などは21日、百田尚樹氏が名護市で講演した内容に抗議し、撤回を求める声明を発表した。本紙記者を名指しして「娘さんは慰み者になります」などと発言したことを「侮蔑的な言葉で記者と家族の人権を著しく侵害した」「報道活動への露骨な脅しであり圧力」と批判した。
 百田氏が基地建設反対運動に中国人や韓国人が参加しているとし、それが「怖い」と述べたことを「ゆがんだ民族観がにじんでおり差別的だ」と非難。参加者への日当、中国の工作員の介在への言及は「事実でない陰謀論」と指摘した。
 また、「沖縄マスコミを敵視する百田氏の発言は、いつ他社に矛先が向いてもおかしくない。人権侵害や事実無根の言説に反論することは県内マスコミ共通の使命」と表明した。声明は新聞労連沖縄地連、民放労連沖縄地連、沖縄マスコミOB9条の会、沖縄のマスコミを支える会との連名

この話ですが、チベットなどの実例をもって中共が侵攻してきたら民間人が虐殺、凌辱されるという話であり、マスコミ連中の抗議は全く無意味です。
捏造がすぐばれるのにそれを行って印象操作が通じると思っていることが頭が悪い証拠ともいえるでしょう。
沖縄のマスコミの偏重こそが違法な存在と言えるでしょう。

最近、マスコミなどは非常に焦っているように思えます。どんどん暴力的になって来ている組織は日本の治安を乱す恐れがあるでしょう。
そのような存在はしっかりと管理して力をそぎ、つぶすことを進めていきましょうね。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/11/26 06:00
コメント:

管理者のみに表示