fc2ブログ

除鮮が必要なサンフランシスコ

23795270_1127378547398084_3598995911704543341_n.jpg
朝日新聞の捏造し、拡散した従軍慰安婦問題、この嘘が世界中に広がり、関係ない人間まで巻き込んでおります。
そのことについて朝日新聞はどのような責任を負うのでしょうか?朝日新聞の原罪は非常に重いと考えます。

さて、サンフランシスコの市長が韓国の売春婦をモチーフにした銅像を受け入れたようですね。
この市長の歴史認識をただしてみたいものですね。
慰安婦像受け入れ文書に署名
 【サンフランシスコ共同】米サンフランシスコ市のリー市長は22日、旧日本軍の慰安婦問題を象徴する少女像の設置を受け入れる文書に署名した。複数の市関係者が明らかにした。市議会が14日、民間からの像の寄贈を受け入れる決議を採択していた。
 大阪市の吉村洋文市長はリー氏に対し、市議会決議を拒否しなければサンフランシスコ市との姉妹都市関係を解消すると文書などで申し入れ。日本政府も「極めて遺憾だ」(安倍晋三首相)と決議拒否を求めていた。リー氏は今回、像受け入れを明確に示し、両市の姉妹都市関係の解消が決定的となった。
 少女像は地元の民間団体がサンフランシスコ市に寄贈。

はっきりって無能の極致といってもよいと思います。歴史を知らない修正主義者ですね。彼のような政治屋を市長にしたサンフランシスコ市民の罪も重ければ、それを事前に感知して訂正させなかった外務省の無能さも際立ちます。
アメリカは日本の意見を聞かずに特定亜細亜の声だけを聴くことを選択したのでしょうか?

日本は女性を強制的に慰安婦にしたわけではありません。正式な仕事として募集しただけです。
しかし、議論すらサンフランシスコ市長は拒否しています。
慰安婦像問題で面会拒否
 米サンフランシスコ市が慰安婦問題を象徴する少女像の設置を受け入れたことに反発し、同市との姉妹都市提携の解消を表明した大阪市の吉村洋文市長は24日、この問題に関しサンフランシスコ市長側から「交渉、議論の余地はない」として、要請していた面会を断られたことを明らかにした。
 吉村氏は同市のリー市長に直接会って、受け入れないよう求める意向だった。23日に面会を拒否するメールが届いたという。
 吉村氏は大阪市内で記者団に「リー市長とサンフランシスコ市議会は(受け入れに)積極的だった」と重ねて非難。今後、幹部会議で提携解消を正式決定し、12月中に同市に通告する意向だ。

日本の反論は受け付けない、こちらの言うことを聞けってことでしょうか?
狂った価値観を持ち、他人の価値観を否定するしかできない不寛容な人々なことですね。
他人の感情を平気で逆なでる事ということが判っていないのでしょうか?

大阪市はサンフランシスコ市に対して抗議の意味も含め民間交流に対する補助金を廃止するようです。
慰安婦像 大阪市長「サンフランシスコ市との民間交流に税投入しない」
 在米中国系民間団体が設置した慰安婦像と碑文を公共物化した米カリフォルニア州サンフランシスコ市との姉妹都市解消を決めた大阪市の吉村洋文市長は24日、「民間人同士の交流は続けてもらったらいいが、税金は投入しない」と述べ、民間交流事業への補助金支出を今後は行わない方針を明らかにした。市役所で記者団の取材に答えた。
 吉村市長は碑文の「性奴隷」や「数十万人の女性や少女が捕虜のうちにほとんどが亡くなった」という表現が「不確かで一方的」と指摘。サンフランシスコ市の公共物化は「日本バッシングとなる」と述べた。
 姉妹都市の解消で、市長や市議会代表団による行政間の交流はなくなる。吉村市長は「民間同士の交流が続くかはそれぞれの判断になる」とする一方、高校生の交換留学などへの補助金支出は今後取りやめるとし、「税が投入されない形であれば、やってもらえばいい」と話した。

性奴隷なんていませんでした。公娼制度ってご存知でしょうか?仕事として働いていた人々です。
今現在でもオランダなどではこの制度はありますよね。なんでそちらを問題視しないで朝日新聞が捏造した問題を取り上げて日本を糾弾するのかわけわかりません。いい加減に事実を見てもらいたいものですね。
それに新聞などで公募されていた、志願者を募集されたのです。その事実を踏まえてサンフランシスコはなにを言いたいのでしょうか?

朝日新聞が捏造した従軍慰安婦問題、強制ではなく募集した証拠や民間企業が経営した事実を言ってもレッテルを張り付け議論を封鎖しようとするその左翼の姿勢にはほとほと呆れますね。
その捏造を行った朝日新聞が姉妹都市を解消することに異論を述べたらしいですね。
それに対して大阪市長は反論しています。
吉村洋文大阪市長 慰安婦像めぐる朝日新聞の社説に反論「こっちのセリフ」
19日、大阪市長の吉村洋文氏が自身のTwitter上で、いわゆる「慰安婦像」をめぐる朝日新聞の社説に反論した。
ことの発端は、アメリカ・サンフランシスコ市議会が慰安婦像の受贈を可決したことにある。今月14日、市議会は、地元市民団体が設置した慰安婦像を公共物として受け入れる、と全会一致で可決した。
像の碑文には「旧日本軍によって数十万人の女性が性奴隷にされた」「ほとんどが捕らわれの身のまま亡くなった」といった表現があるという。吉村市長は議決に強い不快感を示し、サンフランシスコ市長に拒否権行使を求めたそうだ。決定が覆らないかぎり、大阪市とサンフランシスコ市の間にある姉妹都市提携を解消する意向だという。
19日付「朝日新聞」の社説は、「姉妹都市 市民交流を続けてこそ」と題して、これまでの経緯を説明。その上で姉妹都市提携の解消については「ちょっと待ってほしい。姉妹都市の関係のもとで育まれてきた交流は、双方の市民の歴史的財産である。市長の一存で断ち切ってよいものではない」と疑問視し、「慰安婦の総数や詳しい被害の実態は、これまでの研究でも定まっていない」と指摘しつつ、「国が違えば人々の考え方は違う。市民同士が息の長い交流を重ねることで、その違いを理解し、乗り越えていこうというのが、姉妹都市の精神のはずだ」と主張した。
その上で社説では、韓国・釜山市の日本総領事館前に慰安婦像が設置された一件で、安倍政権が駐韓大使の一時帰国措置を取った一件をあげ、「現実は何の成果も出ないまま、日韓交流の停滞だけが残った。強硬措置がもたらす副作用も肝に銘じておくべきだ」と苦言を呈している。
吉村市長はこの社説を掲載したネット記事を引用し、「『ちょっと待て』はこっちのセリフだよ、朝日新聞」と噛み付く。「吉田虚偽証言を何度も報道し、クマラスワミ報告に発展し、国際社会では朝日の虚偽報道が真実になってる。2014年になってやっと国内向けに訂正記事と謝罪」とこれまでの状況を振り返り、「僕を批判する前にやることあるでしょ」と訴えている。

交渉を拒んだのはサンフランシスコ側です。朝日新聞にくだくだ言われるし筋合いはありませんし、文句は自分の責任を取ってから言ってくださいね。
中共系に支配されたサンフランシスコに旅行に行くことはないでしょう。治安が心配であり、最悪殺害される危険性も出てきました。

このような偽歴史を本物にしようとする人間を歴史修正主義者というらしいですね。
議論は出来ないがレッテルを張り付け糾弾しかしない彼らの未来は暗いものになりそうです。未来のために戦っていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



教育 | コメント:(2) | トラックバック:(0) | 2017/11/29 06:00
コメント:
No title
突然の返信失礼します。こんばんは。

リツイートさせていただいたのですが、この内容に対して圧力がかかってる様です。注意してください。

現在私のTwitterがアカウント凍結食らいました。
Re: No title
情報ありがとうございます。

管理者のみに表示