FC2ブログ

フェイクニュース、捏造記事を作る人たち

Second_World_War_WWII_Hollywood_staged_footage-463830.jpg
先日、安倍総理とトランプ大統領が会談したそうですね。
その際トランプ大統領が大東亜戦争に関する話を口にしたそうです。
その内容が記事によって全く異なる話になっているそうですね。
果たして真意はどちらなのでしょうか?

時事報道はこのような記事のようです。
トランプ大統領「真珠湾忘れぬ」と安倍首相に不満=7月に日朝高官が極秘接触
【ワシントン時事】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は28日、6月の日米首脳会談でトランプ大統領が「私は真珠湾を忘れない」と述べ、対日貿易赤字問題などをめぐり安倍晋三首相に強い不満を表明したと報じた。両首脳は北朝鮮問題でも対立したという。
 同紙はまた、7月に日朝情報当局高官がベトナムで極秘に接触し、事前に知らされていなかった米側が、不快感を示したとも伝えた。
 同紙によると、トランプ氏は安倍首相に対し、2国間通商協定の交渉を促したが、首相は断った。トランプ氏は牛肉と自動車の市場開放も求めた。貿易や対北朝鮮政策をめぐり日米の立場の違いが鮮明になる中、トランプ氏の不満が詳細に伝えられたのは初めて。
 6月の会談は、同12日の北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との初の米朝首脳会談に先立ち、ワシントンで7日に行われ、北朝鮮問題が焦点となった。安倍首相は、北朝鮮の非核化が具体化するまで、米韓合同軍事演習の中止や朝鮮戦争終結宣言を思いとどまるようトランプ氏に助言していたが、同紙は、首相に近い人物の話として「安倍氏の提案は完全に無視された」と指摘した。
 同紙によると、7月の日朝情報当局の極秘接触では、北村滋内閣情報官と、「キム・ソンヘ」という人物が会談したという。聯合ニュースは、キム・ソンヘ氏の肩書を統一戦線部統一戦線策略室長と伝えた。拉致問題について話し合ったとみられる。(2018/08/29-08:37)

真珠湾を忘れないと言うのはアメリカ国民なら見ない言う事ですね。
フーバー回顧録にもありましたが、狂人であるるーうベルト大統領によって見殺しにされ、政治利用にされたアメリカ将兵の無念
アメリカが支那軍を支援していた事実も浮き彫りとなっていますね。
フライングタイガー部隊など有名です。
その真珠湾を忘れないという事は日本とアメリカがお互い勇敢に戦った戦争であり、民間人を犠牲にしたアメリカの責任について不満に思っている表れなのでしょうか?
と、私は考えています。(笑)
実際には宣戦布告前に戦争を吹っかけた日本軍が悪いというプロパガンダをされていますけど、有史以来宣戦布告にて始まった戦争ってのは何個あるのでしょうね。
日本軍が攻めてくることが判っていたのに情報をもらえなかった真珠湾のアメリカ将兵、アメリカに見捨てられた兵士たちの無念を忘れてはなりません。

さて、さて、捏造報道の代名詞となっている朝日新聞はこの話を聞いてさらに妄想の輪を広げているようです。
「真珠湾を忘れない」 トランプ氏、会談で安倍首相に
 米ワシントン・ポスト紙(電子版)は28日、トランプ米大統領が6月の日米首脳会談で、安倍晋三首相に「私は真珠湾を忘れない」と述べたうえで、対日貿易赤字に強い不満を表明したと報じた。トランプ氏は米国産牛肉や自動車の対日輸出に有利になる二国間協定の交渉に応じるよう安倍氏に迫ったという。トランプ氏の最近の安倍氏への冷めた態度を伝えている。
 同紙によると、北朝鮮問題をめぐっても、米朝首脳会談前の日米首脳会談や電話協議で安倍氏はトランプ氏に、北朝鮮が非核化に具体的に取り組むまで、米韓軍事演習の中止や朝鮮戦争の終結宣言をめぐる合意に応じないように繰り返し助言したが、トランプ氏に完全に無視されたという。
 カーネギー国際平和財団のジェームズ・ショフ上級研究員は同紙の取材に対し、「トランプ氏は最初の頃は安倍氏の指導で貴重なものを得たが、今は重要ではなくなりつつあるようだ。トランプ氏にとって今の安倍氏は、よく頼み事をするものの、トランプ氏が欲しいものを与えない人物とみているのだろう」と語った。(ワシントン=園田耕司)

菅長官「そのような事実ない」
 米ワシントン・ポスト紙(電子版)が、6月の日米首脳会談でトランプ大統領が安倍晋三首相に「私は真珠湾を忘れない」と述べたうえで、対日貿易赤字に不満を表明したと報じたことについて、菅義偉官房長官は29日午前の記者会見で、「報道の一つ一つにコメントすることは控えたいと思うが、ご指摘のような事実はない」と述べた。

で、このような事実が無かったらこの記事はどうなるんでしょうね。

実際にはトランプ大統領は大東亜戦争のときは日本は国防のための軍備力を強化して、大国の圧力にも屈しなかったのに何で今は他国と戦わない、牙を失ったのかとの問いかけだったようです。
トランプ氏「真珠湾攻撃忘れていない」 対日貿易赤字への不満示す
6月にアメリカで行われた日米首脳会談で、トランプ大統領が、「真珠湾攻撃を忘れていない」と述べ、対日貿易赤字への不満を示していたことが、FNNの取材でわかった。
日本政府関係者によると、会談で、トランプ氏は安倍首相に対し、「アメリカが日本の防衛費も負担して、対日貿易赤字も解消されなければ、ダブルパンチになる」と不満を示した。
そのうえで、「真珠湾攻撃を忘れていない。日本も、昔はもっと戦っていただろう。日本もアメリカと同じように、周辺国ともっと戦うべきだと述べたという。
これに対し、安倍首相は、「日米貿易は、アメリカにとってもプラスになっている」などと説明し、理解を求めた。

日本が軍備力を強化すれば在日米軍を朝鮮に集中させることが出来ます。
日本も憲法改正を行い、軍備を強化すれば自分の国を自分で守れるようになることでしょう。
それをトランプ大統領が指摘した、でも安倍総理は憲法改正を掲げている今、あまり荒立てしたくないとの思いから曖昧に済ませて、トランプ大統領が不満に思っただけだったのでしょうね。

各種メディアは真珠湾を忘れないを使って、日本が卑怯にも奇襲攻撃を掛けたことを批判するコメントとなっているようですが、実際にトランプ大統領は真珠湾の時のように勇敢に戦わないのか?という問いかけのようです。
このようにしてフェイクニュースは作られるのでしょうね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2018/09/03 06:00
コメント:
フェイク祭は誰も踊らない
既にフェイクニュースの事実はSNSの人達が指摘し英語訳の通りです。
「真珠湾を忘れない」といったのでしょうか、否「真珠湾攻撃をして戦った日本人だったじゃないか」(戦いなさい、私も米国で戦っているのだから)。

トランプ大統領と安倍首相の今迄の経緯を考えても唐突過ぎる大統領の言葉ですし、普通の人でも言う内容ではありません、ましてや同盟国の首相に対する言葉と考えるとSNSの情報を見なくても察しがつきます。
唐突な通訳の言葉には安倍下ろしの余韻すら匂う非常識な言葉で、トランプ大統領と安倍首相の不仲を増長する仕掛けが見え隠れします。このようなフェイクニュースは今までも仰山お目にかかっている日本のマスコミと米国マスコミによる日米離反を企む悪質なフェイクです。子供騙しのような稚拙な仕掛けにははまりません。

管理者のみに表示