fc2ブログ

中共による台湾虐め

41394287_2173308529346528_4525630288453173248_o.jpg
最近、台湾が国際的なスポーツ大会で目覚ましい活躍を行っています。
友人としてうれしいですね。しかし、悪人である中共がその気分を害しています。
有史以来、一度も支配下にしたことがない中共が台湾の領有を主張している事がおかしいのですが、何故か戦勝国連合のような金権主義者たちはその事実を認めようとしません。
過去、中華民国として戦勝国連合の常任理事国として君臨していた事実すら闇に葬ろうとしているのでしょうか?
過去を変えることは出来ません。しかし、共産主義者は情報を制する者は過去すら制するという赤い思想を持っており、世界中の人々に迷惑を掛けています。
日本はこのまま黙ってみていてよいのでしょうか?しっかりと考えなければなりません。

さて、その面の皮の厚い中共ですが、台湾に対して圧力を掛けています。
「台湾はスパイ行為をやめよ」 台湾にスパイ活動停止要求 中国
 新華社電によると、中国国務院(政府)台湾事務弁公室の安峰山報道官は16日、台湾当局のスパイが中国で、公然と情報を盗み破壊活動を進めているとして、こうした活動を即時停止するよう求めた。
 安氏は中国当局が取り締まり活動を実施していると表明。中央テレビは15日、中国当局が台湾スパイに関する事案を100件以上摘発したと報じた。(共同)

本当に台湾人のスパイだったのでしょうか?よくある中共の民族虐殺に反対する人々じゃないのでしょうか?
わざわざ台湾人が支那に行かなければならない様な経済制裁を行ってきた中共がいざ不利になると罪をでっちあげて逮捕するなんて言うのは当たり前のようにあります。
その一環で捕まった人を勝手にスパイにでっちあげているとしか思えませんね。

中共がよくやる情報操作に捏造記事を発信して内部工作を行うことがあります。
先日、台風にて関空に人が取り残された件で、デマを作り上げた中共の情報機関、これに騙された人がたくさんいたようです。
関空孤立めぐり中国で偽ニュース 「領事館が中国人を救出」 SNS引用し世論工作か
 【北京=西見由章】台風21号の影響で旅行客ら最大約8千人が関西国際空港に取り残された問題をめぐり、「中国の総領事館が用意したバスが関空に入り、優先的に中国人を救出した」との情報が中国のインターネット上で拡散した。SNSでは「強大な祖国」を称賛したり、台湾人旅行客への優越感を誇示したりする声が相次いだが、この情報の核心部分は事実誤認だった。日本で起きた災害をきっかけに、中国国内や台湾への世論工作が展開された形だ。
 関西空港では4日、台風の影響でタンカーが連絡橋に衝突し、空港内の利用客らが孤立。5日から高速船やバスで旅客らを避難させる措置をとった。中国人旅行客も当時、約千人が取り残されていたとみられる。
 「駐大阪中国総領事館が準備した15台の大型バスが、中国国民を優先的に関西空港から避難させた」。中国の公的シンクタンクも関与するニュースサイト「観察者網」は、SNSへの投稿を引用する形で情報を発信した。「自分を中国人と認識する」ことを条件に台湾人も乗車が認められたなどと主張し、中国の公式メディアのサイトもこうした情報を転載した。
 台湾では、中国側の“周到な対応”と比較して与党批判が噴出。台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表(駐日大使に相当)はSNSで、中国側のバスが関空に乗り込んだとの主張を否定するなど釈明に追われた。台湾メディアは中国側の情報を「フェイク(偽)ニュース」と切り捨てた。
 真相はどうだったのか。関西エアポートの広報担当者は、中国総領事館が手配したバスが関空の敷地内に入った事実はないと明言した。「他の国の領事館からも同様のリクエストはあったが、混乱を招くのですべてお断りしました
 中国側の発表によると、中国人客の「集中搬送」が始まったのは午前11時半で、計6回にわたる避難が完了したのは6日未明。一般客の搬送と大差はない。
 関空と中国側の説明を総合すると、一般客は対岸の南海電鉄泉佐野駅まで運ばれたが、中国人客は混乱を避けるため泉佐野市内のショッピングモールの駐車場で降ろされ、中国側が用意したバスに乗り換えて大阪市内に向かった。こうした中国側の対応が、誇張されて拡散した格好だ。「海外で災害などに遭遇した台湾人の不安心理を揺さぶる中国側の巧妙な宣伝工作」(北京在住の台湾籍の男性)との見方もある。

中共が嘘を発信することは多々あります。しかしそれを真に受けてしまう人が多数いると言うのも残念な話です。
日本人もこの捏造情報に騙された人が数多くいましたね。
非常時には強権的に自国民を守ると言うのは考える方向的には良いのですが、捏造情報を使ってまで他人に迷惑を掛けることは止めた方が良いでしょうね。

中共の流した捏造情報によって一人の台湾人が自殺なされました。
台湾・大阪処長が自殺
 【台北=田中靖人】台湾の外交部(外務省に相当)は14日、台北駐大阪経済文化弁事処(領事館)の蘇啓誠(そ・けいせい)処長(61)が同日朝、自殺したと発表した。外交部は自殺の動機は明らかにしていない。
 蘇氏は台湾南部・嘉義県生まれ。1991年に外交部に入り、台湾の対日窓口機関、亜東関係協会(当時)の副秘書長などを経て今年7月、那覇弁事処処長から大阪弁事処処長に転任した。
 台風21号の影響で関西国際空港に多数の旅行客が取り残された問題をめぐり、台湾人旅行客への支援が不十分だったとして、日本にある台湾の出先機関の対応が批判されていた。この問題では、中国の駐大阪領事館が大型バスを手配して中国人を優先的に避難させたとの虚偽情報もネット上に出回っていた。

結局、中共が行った対応は台湾とあまり変わりはなく、関西連絡橋を越えて強権的に国民を守ったわけではありませんでした。
なのにデマに惑わされて他人を糾弾した人に悩まされたのでしょうね。
ご冥福をお祈り申し上げます。
人は弱いものです。窮地に立った時にその人の本性が出てしまうのかもしれません。
その意味でも中共の捏造は許されるものではありません。

欧州は世界に対して中共の横暴を喰いとめるために働きかけています。
欧州議会、中国による台湾への挑発阻止を呼び掛け 蔡総統が謝意
(台北 13日 中央社)欧州議会が12日に採択した「欧中関係報告書」で、中国による台湾への軍事的挑発行為を阻止するよう、欧州連合(EU)とEU加盟国に呼び掛けた。これを受け、蔡英文総統は同日、ツイッターに「重要な問題に光を当ててくれた」と投稿し、謝意を示した。
報告書では、「中華人民共和国が台湾海峡の平和と安定を脅かしている」と指摘した上で、両岸(台湾・中国)問題が、国際法に基づいて平和的に解決されるべきだと強調した。
また、世界保健機関(WHO)など国際機関から台湾が排除され続けていることについては、「EUの利益にならない」として台湾を支持する姿勢を明らかにした。


日本も台湾の為に出来る事を行っていくべきだと思います。
それが出来るのが友人としての最低限の事です。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2018/09/22 06:00
コメント:

管理者のみに表示