FC2ブログ

天皇陛下 御成婚60周年

4508222237001_5762031205001_5762038402001-vs.jpg
平成最後の年となりましたね。
そろそろ桜の季節も終わり迎えようとしています。
染井吉野、枝垂桜、河津桜、様々な種類がありますね。
お花見は今週末まで出来るところはどこにあるのでしょうね。

さてこの春、天皇陛下の御成婚60周年の記念が執り行われたそうです。
【主張】ご結婚60年 両陛下の絆と歩みを心に
 天皇、皇后両陛下がご結婚60年を迎えられた。御代替わりを控え、お二人の歩みを改めて振り返り、心からお慶(よろこ)びと感謝を申し上げたい。
 両陛下は常に国民の生活や安全に心を砕かれてきた。全身全霊でつとめを果たされる天皇陛下に皇后さまが寄り添い、支えられてきた。
 ご結婚は昭和34年、日本が先の大戦による荒廃から立ち直り高度経済成長に向かうころだった。
 皇后さま、当時の皇太子妃美智子さまは、日清製粉社長などをつとめた正田英三郎氏夫妻の長女としてお生まれになった。それまでの皇室の慣例を破る「民間」のご出身だ。
 軽井沢でのテニスを通じた恋のエピソードも加わり、お名前から名付けられた「ミッチーブーム」に日本中がわいた。皇室と国民の間の距離を一気に近づけたことは間違いない。
 天皇、皇后両陛下は即位後、主にお二人で全国を2巡するなど公務に臨んでこられた。平成の日本は阪神大震災、東日本大震災など、数多くの自然災害に見舞われた。ともに被災地を訪ね、被災者を励まされた。
 天皇陛下の真摯(しんし)なお人柄とともに、皇后さまのやさしい笑顔を絶やされない励ましに、人々はどれほど癒やされ、勇気づけられてきたことか。
 外国ご訪問でも、海外の人々の日本への理解を深めるなど、果たされた役割は計り知れない。
 天皇陛下は昨年、85歳の誕生日の際の会見で「皇室と国民の双方への献身を、真心を持って果たしてきたことを、心から労(ねぎら)いたく思います」と、皇后さまへの感謝の気持ちを述べられた。
 皇后さまは84歳の誕生日の際、「ただ陛下の御自身のお立場に対するゆるぎない御覚悟に深く心を打たれ、おそばに上がりました」と、ご結婚のころを振り返られた。強い絆で結ばれたお二人の歩みは、多くの国民の胸に刻まれている。
 平成も残り少なく、令和に引き継がれる。
 10日には民間有志による天皇陛下ご即位30年を祝い感謝する集いが催され、天皇陛下の御製(ぎょせい)と皇后さまの御歌(みうた)に曲をつけた奉祝曲を松任谷由実さんが歌った。両陛下は常に国民を気遣われ、国民から広く慕われてきた。この国柄をつないでいきたい。

日本の国家元首であり、日本の国体・象徴であらせられる天皇陛下、日本の安全を祈念して頂いております。
ありがたい事です。かけがえのない事であり、続けている事に意義があります。
その陛下の御成婚60周年 おめでとうございます。

さて、先日の御成婚60周年の前に行われました御在位30周年記念で一つ紹介したい挨拶があります。
山中教授の祝辞全文「手術後に…外国人研究者も感激」 陛下即位30年式典
 天皇陛下の御即位30年を祝う祭典「感謝の集い」が10日、東京・隼町の国立劇場で開催され、各界の代表として京都大iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授が祝辞を述べた。祝辞は以下の通り。
 天皇陛下御即位30周年、そして天皇、皇后両陛下ご成婚60年、誠におめでとうございます。この記念すべき節目にお祝いと感謝を申し述べる機会をいただきましたこと、誠に光栄に存じます。
 天皇陛下は研究者でいらっしゃいます。皇太子殿下の時代からハゼについて、つい先日発表されたものも含め33本もの論文を報告してこられました。形態学的特徴より種類を見分ける手法は、ハゼの分類学の発展に大きく貢献されています。学術名にローマ字のアキヒトが使われているハゼも複数あります。皇太子殿下の時代に発表された英語論文の著者名はプリンス・アキヒト。そして、御即位後はアキヒトです。私の知る限り著者名がファーストネームだけなのは陛下の論文のみであり、日本人研究者として大きな誇りです。
 また秋篠宮殿下との共著論文も発表されています。陛下が形態学的な解析を、秋篠宮殿下がDNA解析を分担された共同研究の成果です。研究者にとって家族と共著論文を発表することは喜びのひとつです。私もいつの日か実現できたらと夢見ております。
 平成24年6月、横浜で開催されました国際幹細胞生物学会に両陛下のご臨席を賜りました。この国際学会が日本で開かれるのは初めてのことでした。居並ぶ海外からの研究者にとっても両陛下のご臨席は大きなインパクトでありました。ただ陛下はわずか4カ月前に心臓の手術を受けられたばかりでした。正直申し上げて、私は陛下のご臨席は難しいのではないかと思っておりました。それを押して、横浜までお越しいただきました。
 そればかりか、陛下の方から研究者一人一人に手を差し伸べ、握手をしていただきました。それは陛下がいつも災害や病気に苦しむ人々に寄り添われているときの優しさと同じものでありました。いつも陽気で気さくな外国人研究者も、このときばかりは感激と緊張で手が震えていたのが強く印象に残っております。
 同年の12月に私はノーベル医学生理学賞を受賞し、スウェーデンを訪れました。選考を行ったカロリンスカ研究所の教授の一人は、横浜で陛下に握手をしていただいた研究者でした。授賞式の後、ウプサラ大学を訪問いたしました。北欧で最も歴史のあるこの大学を陛下も数年前にご訪問され、名誉学員の称号を受けられていたことを知りました。陛下が研究者であられることに改めて強い感銘を受けました。
 平成が幕を開けた30年前、私は医師の道から研究者へと人生のかじを切りました。そして18年後にiPS細胞と巡り合い、その後さまざまな病気の治療に使うための研究が進んでおります。私にとっての平成はiPS細胞が芽生え、成長し、つぼみを付けた30年です。間もなく訪れる令和の時代、その元号に込められた意味をしっかり受けとめて、iPS細胞を大きく花開かせ、患者さんのもとに届けられるよう努力していきたいと思います。
 陛下、30年間、本当にありがとうございました。長きにわたりご重責を担われ続けてこられたことに、心からの感謝と敬意を申しますとともに、両陛下の末永きご健康をお祈り申し上げます。

昭和天皇も今上陛下も研究者なんですよね。
どこかの国に魚の養殖を進めて、飢餓から救ったと言う逸話もあります。
そんな陛下への祝辞を研究者である山中教授が行う、これも素晴らしい事ですね。

平和な平成という御世が今月で終わろうとしています。次の令和はどんな御世となるのでしょうね。
私達もその歴史を織りなす作業に参加していきましょう。
天皇陛下 万歳
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2019/04/17 06:00
コメント:

管理者のみに表示