FC2ブログ

流石に厳しくなってきた大韓民国

55557177_2441006155912235_5294570936429707264_n.jpg
なかなか経済的に厳しい状況となってきた大韓民国
それもそのはず、一番の支援国をないがしろにし自分たちだけでなんでも出来ると思いあがり、世界中から批判の声を聴かされているはずなのに何故か自分だけ特別と思っています。
そんな国に支援をしたいと思う人が居るのでしょうか?いい加減にしていただきたいものですね。

さて、天皇陛下を侮辱した国会議員議長が日本との関係改善を目論んでいるそうです。
自ら行ったことを棚に上げて何をしたいのでしょうね。
まずは発言の撤回と謝罪が先です。
謝罪発言の韓国議長 日本に特使派遣意向 G20前に修復狙う
 慰安婦問題について天皇陛下による謝罪で問題が解決すると発言した韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長が、日韓関係の修復を図るために日本に特使を派遣する意向を日韓議員連盟(額賀福志郎会長)側に示していることが17日、分かった。同議連の関係者が明らかにした。
 文氏の発言などもあって日韓関係が冷え込む中、6月に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議を前に事態の収拾を図る狙いがあるとみられる。ただ、発言に対する日本側の反発は強く、特使派遣が実現するかどうかも含めて不透明な情勢だ。
 関係者によると、文氏は周囲に日本への訪問の意向を示していたが、発言をめぐる日本側の反発を考慮して特使を派遣する方向で調整しているという。特使の派遣とは別に、韓国の国会議員らの訪日も検討されているという。日韓議連幹部は「(特使派遣は)まだ可能性があるという段階だ。韓国側も今のままではまずいと考えているということだろう」と述べた。
 文氏は2月、米ブルームバーグ通信のインタビューで慰安婦問題の解決には、日本の首相、または天皇陛下の謝罪が必要との趣旨の発言をした。天皇陛下について「戦争犯罪の主犯の息子ではないか」とも述べた。

日韓議員連盟はともかくとして日本として受け入れる必要はありません。
まず、自分たちが行っている事発言している事について撤回及び謝罪をしてから来てもらいましょうか
それが筋というものです。

韓国政府はいまだに夢を見ているようですね。
大統領の支持率が過去最低になっているにもかかわらず親北政策を転換しません。
それどころかアメリカからも注意されたのにいまだ現状が判っていないようですね。
南北首脳会談、本格準備へ=3者構想も浮上、成否は不透明-韓国大統領
 【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は15日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の施政演説について「朝鮮半島の非核化や平和構築の確固たる意志、3回目の米朝首脳会談に臨む意向を表明した」と評価した。その上で、「今や、南北首脳会談を本格的に準備し、推進する時だ」と述べ、会談実現に意欲を示した。首席秘書官・補佐官会議での発言を大統領府が公表した。
 文氏は「北朝鮮側の都合がつき次第、場所や形式にこだわらず」南北首脳会談を設定したいとしており、昨年4月、5月の会談同様、板門店での開催を念頭に置いているとみられる。
 文氏はまた、11日の米韓首脳会談で、トランプ大統領が「正恩氏が決断する場合、南北米3者の首脳会談も可能だ」と語ったことを明らかにした。トランプ氏は5月、6月に訪日する予定で、訪日前後に板門店での3者首脳会談開催を調整する可能性がある。
 ただ、トランプ氏は非核化実現まで北朝鮮制裁を解除しない立場を堅持。南北経済協力事業に関しても「適切な時ではない」と否定的な考えを明確にしている。正恩氏は施政演説で米韓への不満を表明しており、南北首脳会談や南北米の3者首脳会談に応じるかどうかは不透明だ。

先日もミサイル発射実験を行った北朝鮮、アメリカとの対話を模索するも、アメリカと北朝鮮から邪魔者扱いされている韓国
三者会談なんて何の意味もありませんね。むしろ双方韓国の蝙蝠外交にいい加減怒り心頭と言えるでしょうね。

そんな状況下でも日本を利用しようとするようですね。
【社説】対決一辺倒の韓日…G20首脳会議を通じて突破口探るべき
韓日外交が最悪の状態に陥っている。文在寅(ムン・ジェイン)政府と安倍晋三政府の葛藤が激化しながらだ。互いに「強対強」の対決一辺倒だ。誰が先というわけでもない。安倍首相が主導する日本の右傾化が加速し、文在寅政府の反日追求が正面衝突しているためだ。対立が長期化するほど日本での嫌韓感情も深まっている。
消耗戦は直ちにやめるべきだ。向かい合って走る列車のようにチキンゲームをやれば、どちらにも得るものはない。ところが両国政府はことごとく対立しながら互いを刺激し合っている。だが、現実を直視しよう。両国首脳は会いたくなくても会わなければならない宿命的関係だ。目前には6月の大阪20カ国・地域(G20)首脳会議が近づいている。このような外交行事は、葛藤を和らげて互いに実利を得る機会ではないか。
だが、安倍首相が韓日首脳会談を推進しない方向で検討しているという話が日本メディアを通じて漏れ聞こえている。韓国大法院(最高裁に相当)の強制徴用賠償判決と世界貿易機関(WTO)の福島水産物の日本敗訴などで冷え込んだ韓日関係を改善する意志が文大統領からは感じられず、安倍首相側では成果を期待できないとして首脳会談見送りという方向に旋回したという説明だ。
日本政府の公式立場ではないため真偽については分からない。だが、このような気流は深刻でないはずがない。万一、今回のG20期間中、両国の首脳会談が行われない場合、両国間の相互不信は極に達することになる。一歩間違えれば日本の経済報復にまで進みかねない。あるいは日本政府がこのようなカードに手をかけようするなら直ちにやめなければならない。客を呼んでおいて、懸案があるにもかかわらず首脳会談を避けるなら、ややもすると「韓国パッシング」議論に発展して日本も国際社会で自ら位置づけを狭めることになる。
韓国も安易な判断は禁物だ。文大統領は先月28日、日本企業家に「経済的交流は政治と異なる視点で見なければならない。経済交流が活発になることを願う」と話した。だが、このためには文政府になって強硬になっている反日気流から引っ込めなければならない。感情的な反日気流が続けば、麻生太郎財務相のような日本政府の強硬論者が論じている経済報復が現実化しないという保障もない。
このような最悪のシナリオを排除できなくなると、両国専門家が昨日、ソウル汝矣島(ヨイド)全国経済人連合会で「韓日関係緊急座談会専門家会議」を開いた。申ガク秀(シン・ガクス)元駐日大使や小此木政夫・慶応大学名誉教授ら韓日専門家が問題の深刻性に共感して代案を模索するためだ。彼らの主張は今月初めに東京で会って「韓日関係は早期に回復されるべき」とする方向で意見を一致させた米国大使4人(駐韓・日・中・印)の主張と違うところはなかった。「北朝鮮問題への対応をはじめ韓日米安保協力のためには韓日関係が早期に回復されなければならない」という注文だ。
両国政府はこれらの声に耳を傾けなければならない。今すぐ心のわだかまりから取り除き、新たな出発をするという覚悟で関係をリセットしなければならない。G20は絶好の機会ではないか。しかも日本は来月1日から年号を令和に変え。天皇が新たに即位する。このような契機を通じて両国は対話と協力を行い、外交関係を早期正常化しなければならない。これ以上遅れる前に手を取り合うよう願う。

韓国はまず日本とアメリカに謝罪して外交の正常化を図らなければいけません。
そのためにも陛下を侮辱した人間をそのままにして良いと思っているのでしょうか?人間性・国民性が最悪と言われても反論できません。
捏造の歴史を踏まえた発言、代表としての品位の無さ、様々な理由がありますがまずはやったことについて謝らない限り前に進みません。
どこかの馬鹿は日本の植民地支配について謝罪しろとか言うかもしれませんが、それこそおかしな話です。
朝鮮から併合を申し込み、反対派であった伊藤博文を暗殺して併合が加速しました。
日本からあれだけ援助を行い、近代化を果たした朝鮮、いまでも鉄道や水力発電は現役と聞きます。
戦後も日韓基本条約にて多大なる援助を行い、IMFの際にも支援を行いました。技術援助も多数行っており、そのおかげで日本国内の産業が壊滅したこともあります。何について謝る必要があるのでしょうか?
それとも援助せずに最貧国のままでいた方が良かった、そっちの方が北朝鮮との統一がなったとでもほざくのでしょうか?

もう戻れないところまで来ているかもしれません。
朝鮮の未来は韓国人が謝る事が出来るか否かに掛かっているかもしれませんね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2019/04/21 06:00
コメント:

管理者のみに表示