FC2ブログ

新しい元号 令和の始まり

r137090.jpg
三種の神器の継承が滞りなく終わり、令和の始まりです。
平成の世ありがとうございます。
令和の世の始まりです。

皇太子殿下が新天皇に即位なされました。
新天皇がご即位 令和幕開け
 皇太子さまは1日、第126代天皇に即位された。30年余り続いた「平成」が終わり、「令和」に同日改元された。平成時代の天皇陛下は4月30日で譲位し、上皇となられた。天皇の譲位は江戸時代の光格天皇以来202年ぶりで、憲政史上初めて。天皇陛下は59歳で、戦後生まれの初の天皇となられた。陛下は5月1日、皇居・宮殿で皇位継承に伴う国事行為「剣璽等承継(けんじとうしょうけい)の儀」と「即位後朝見(ちょうけん)の儀」に臨まれる。
 皇太子妃雅子さまと皇后さまは、それぞれ皇后、上皇后となられた。秋篠宮さまは皇位継承順位1位の皇嗣(こうし)として、皇太子の役割を担われる。長男の悠仁さまが継承順位2位となられた。85歳の上皇さまは、これまで担ってきたほぼすべての公務を陛下に引き継がれた。
 上皇さまは4月30日午後5時、皇居・宮殿「松の間」で「退位礼正殿の儀」(退位の礼)に臨まれた。退位の礼では、歴代天皇に伝わる三種の神器のうち、天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)の複製品と八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、公務で使われる天皇の印「御璽(ぎょじ)」、国の印章「国璽(こくじ)」を、側近が「案(あん)」と呼ばれる台の上に安置。安倍晋三首相は自然災害などで困難に直面した際、常に国民に寄り添われてきた上皇さまに「明日への勇気と希望を与えてくださいました」と述べた。上皇さまは国民に「心から感謝します」と改めて謝意を示された。
 退位の礼には上皇后さまが陪席されたほか、天皇、皇后両陛下、秋篠宮ご夫妻をはじめ、女性を含む成年皇族方がご参列。安倍首相と閣僚のほか、衆参両院の正副議長、都道府県知事の代表と配偶者ら約290人も出席した。
 剣と勾玉などは5月1日午前0時をもって陛下に引き継がれた。陛下は1日午前に宮殿で行われる「剣璽等承継の儀」に臨み、続く「即位後朝見の儀」で、三権の長らと面会して天皇として最初のお言葉を述べ、即位を告げられる。
 今回の譲位は、平成29年6月に成立した、上皇さま一代限りで認める皇室典範特例法に基づいて行われた。

新天皇陛下万歳、日本国万歳
新しい世の始まりですね。

天王陛下の御即位に関して各党から談話が発表されています。
各党が天皇陛下ご即位で談話
自民党
 「新たな時代の幕開けを国民とともに慶(よろこ)びたい。日本の歴史と文化伝統、四季折々の美しい自然は、世界に誇るべき国民すべての大切な財産だ。自民党はこれからも平和な日本を守り継ぐことを国民に誓うとともに、新しい時代がさらに輝き、希望に満ちたものとなるよう、国政運営のかじ取りをしっかりと進めていく決意だ」

公明党・山口那津男代表
 「元号に込められた願いである平和が続き、国民一人一人が明日への希望とともに、それぞれの個性を輝かせていくことができるよう、新たな時代を開いてまいる決意だ。公明党は天皇陛下のご即位を国民とともにこぞって寿(ことほ)ぎ、わが国と世界の人々の幸福と平和のためにさらなる決意で邁進(まいしん)する」

立憲民主党・枝野幸男代表
 「新たな天皇陛下とともに迎えた令和という時代が、国民一人ひとりにとって幸せを実感できる、平和で穏やかな時代となることを心から祈念する。立憲民主党は国民から負託を受けた政党としてその課せられた責任を果たし、それぞれに幸せを実感できる社会経済、『まっとうな政治』の実現を目指していく」

国民民主党・玉木雄一郎代表
 「ご即位は国民に対してわが国へのゆるぎない誇りと未来への希望をもたらすものだ。令和の時代が平和と繁栄の時代となることを願いつつ、国民民主党としても、さまざまな課題について国民の声を聴きながら『新しい答え』をつくっていく決意を新たにしている。国民民主党は、天皇と皇室を国民国家の象徴と仰ぎつつ、日本の良き歴史と伝統を尊重する政党として、国民と皇室を結ぶ敬愛と信頼の絆が一層深まることに努力を惜しまないことを約束する」

日本維新の会・松井一郎代表
 「新しい御代になり、今秋執り行われる即位礼正殿の儀、大嘗祭(だいじょうさい)、来年の立皇嗣の礼まで皇位継承の儀式がつつがなく行われ、国民こぞって寿ぐことができることを望む。新しい時代を切り拓(ひら)くためにビジョンを描き、実現する。国政と地方の両輪で改革を進めるために大きな役割を果たしていくことを令和改元に合わせて改めて決意している」

社民党・又市征治党首
 「安倍晋三政権は『新時代』をアピールするとともに、お祭り気分をあおることで、日本が直面している政治的な難問や経済的な難問を棚上げし、政権浮揚に結びつけようとしている。皇位継承や改元の政治利用は認められない。西暦か元号かどの紀年法を用いるかは国民の選択に委ねるべきであり、新元号の使用が強制になるようなことがあってはならない

希望の党・松沢成文代表
 「令和の御代が、元号の願い通り人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つようになり、さらに国運の一層の進展と世界の平和、人類福祉の増進を切に希望する」

社会党は最悪ですね。なんで祝辞を汚すような真似をするのでしょうか?意味が判りません。
陛下があって日本があり、国民がいます。そのことが判っていないのでしょうね。日本が嫌いなら出ていけばいいのにと本当に思います。
元号は日本の正式な暦です。西洋歴でありキリスト教感で作られている宗教と関わる暦は政教分離の観点からも日本政府が使用する年号としてふさわしくありません。
馬鹿話する前に日本をどのようにして良くしているかの議論をやってもらいたいものですね。
共産党でも祝辞を述べていたのに社会党は日本の政党である責任を果たさない人たちの集まりであることがはっきりと判った事例です。

さて、国民はどのように思っているかというとこんな記事があります。
「国民の一人として応援したい」 令和「初日」で皇居前にぎわい 記念撮影も
 新元号の初日となった1日、皇居前広場(千代田区)には午前中から大勢の人々が詰めかけ、記念撮影するなどして新時代の門出を祝った。
 大阪府阿倍野区から来た会社員、中山可偉(かい)さん(34)はこの日のために買った「令和」の文字がプリントされたTシャツを着て皇居を訪れた。「天皇陛下の最初のお言葉を聞いて、上皇さまのお姿を踏襲しながら新しい時代を模索されていくと感じた。大変なことがあると思いますが、皇后さまとお力を合わせて一つ一つ乗り越えていってほしい。国民の一人として応援してきたい」と熱っぽく語った。
 皇居前広場は、観光客や家族連れなどで大混雑。日の丸の旗を振りながら、新天皇の姿を見ようと待ち構えていた。
 福島県から来たという自営業の男性(72)は「一目見たくてここに来ました。人が多すぎてお姿は拝見できませんでしたが、雰囲気だけでも感じられて大変ありがたい。これからの令和の時代は若い人たちに幸せになってほしい」と感慨深げに話した。

老若男女問わず喜びに満ち溢れていますね。
皇居には全国から多くの人が集まったそうです。
素晴らしい年の幕開けとしてふさわしい日となったのではないでしょうか?

私達も天皇陛下と共にふさわしい歴史を紡いでいきましょう。
それは誰にでもできる事なのです。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



歴史 | コメント:(2) | トラックバック:(0) | 2019/05/05 06:00
コメント:
敬称、変じゃない?
天皇陛下はともかく皇后さま、とか様付けはおかしいと思わないんですか?
Re: 敬称、変じゃない?
皇后陛下は皇后陛下で問題ないと思いますけど?

管理者のみに表示