FC2ブログ

太上天皇陛下 ありがとうございました。

4508222237001_5762031205001_5762038402001-vs.jpg
皇太子殿下に譲位なされて太上天皇陛下となられた上皇陛下、長い間お疲れ様でした。
これからはゆっくりと過ごしていただければと思います。

さて、ご皇室の未来を考えるにあたり親王殿下がお一人という問題があります。
そのため、旧皇室の方々にお戻りいただき支えていただければと思うのですが、どうもマスコミは変な方向に舵を取りたいように思えます。
そんな中、日本破壊を目論む立件民主党が革マル派の小間使いがこんなことを言い出しました。
立民の枝野代表 「女系天皇など国民の理解広めたい」
皇位継承などをめぐり、立憲民主党の枝野代表は「女性や女系天皇に対する国民の理解や支持は非常に大きい」と述べたうえで、さらに理解を広めたいという考えを示しました。
今回の皇位継承にあたり、皇位の継承資格がある皇族は、新たに皇嗣となられた秋篠宮さまなど3人となるほか、女性皇族が結婚で皇室を離れることも予想され、安定的な皇位継承や皇族数の減少への対応が課題となっています。
こうした中、立憲民主党の枝野代表は札幌市で記者団に対し、「皇室制度を安定的に継続していくために、多くの国民が心配している状況だからこそ政治が考え方を示し、国民の共通認識を作っていく責任がある」と指摘しました。
そのうえで、枝野氏は「女性や女系天皇に対する国民の理解や支持は非常に大きい。女性・女系天皇や女性宮家の問題については、参議院選挙に向けてしっかり訴えて、国民の理解をさらに広めていきたい」と述べました。
これに先立って、枝野氏は街頭演説で夫婦が希望すれば結婚前の姓を名乗れる「選択的夫婦別姓」制度について、「参議院選挙を通じて賛成する勢力を国会の中の多数にしていく大きな一歩を踏み出したい」と述べ、制度導入に意欲を示しました。

わざと女性天皇と女系天皇を一色単にして混同させるのは如何なものかと思います。
女性天皇は問題ありません。しかし女系天皇はあってはならないのです。
全く違う事を同一に扱いこの馬鹿さ、政治家として向いていないのでしょうね。
その違いが判っていないのか、それともわざと混同させているのか判りませんが、日本の政治家として不適切な人だという事ですね。

民主党の支持者というのは馬鹿が多いのでしょうか?それともあえてそのような人を募集しているのでしょうか?
民主党の集会ではこんな話すら出てきています。
「『令和』って言うな」国民・玉木代表に聴衆が発言
 国民民主党の玉木雄一郎代表は3日、東京都内で開かれた護憲派集会で他の野党党首とともに「連帯の挨拶」を行ったが、聴衆のヤジにあった。
 「令和初めての憲法記念日…」
 登壇した玉木氏がこう切り出すと、聴取から「令和って言うな!」「そうだ!」「令和はいらねえぞ!」などと怒声が飛んだ。
 また、玉木氏が「皆さん、安倍晋三政権の最大の問題はなんだと思いますか」と話を振ると、ある聴衆は間髪入れずに「令和だ」と叫んだ。
 玉木氏は、安倍首相が意欲を示す憲法9条への自衛隊明記などを批判したが、立憲民主党の枝野幸男代表や共産党の志位和夫委員長の挨拶に比べて拍手は少なめだった。

此奴ら憲法反対のくせに憲法に明記されている天皇に関しては反対という破綻した考えを持つ人たちです。
令和を使うなとか言われる筋合いはなく、そんな権限もありません。
憲法は時代と共に変えていかなくてはなりません。安全保障や安全規格が時代と主に変わる事と何ら変わりません。
グダグダ言う前にやることやってからにしてもらいたいものですね。

そんな国内の情けない政治屋たちとは違い世界は新天皇、新元号に関して祝辞を述べています。
そしてマスコミ関係者の中にもまともな人は感謝の念を持っている事を忘れてはいけません。
陛下、ありがとうございました 産経新聞社会長・熊坂隆光
 平成の御代はきょう限りとなる。国民こぞって皇太子殿下のご即位を寿(ことほ)ぐ明日を前に、譲位される今上(きんじょう)陛下に言上(ごんじょう)したい。

 「天皇陛下、どうもありがとうございました」
 日本に生まれ、暮らす民の一人として、大きな声でそう申し上げたい思いでいっぱいである。
 陛下は、昭和天皇の後を継ぎ55歳で皇位に即(つ)かれた。85歳になられた今まで、全身全霊でお務めを果たしてこられた。
 「天皇として即位して以来今日まで、日々国の安寧と人々の幸せを祈り、象徴としていかにあるべきかを考えつつ過ごしてきました」

 ≪果てしない道歩まれた≫
 今年2月の御在位三十年記念式典におけるお言葉である。陛下は、象徴としての天皇像を模索されてきた道について、「果てしなく遠く」とおっしゃった。
 求道者にも似た陛下を天皇に戴(いただ)いた幸せを、語り継いでいきたいと思う。
 立憲君主として、憲法に定められた国事行為や、外国とのご交際に熱心に取り組まれてきた。
 陛下はご信念、お考えに基づき能動的に動かれてきた。国民に寄り添っていかれるためであったと拝察する。
 阪神大震災、東日本大震災はじめ平成の御代には大きな自然災害が襲ってきた。東日本大震災で日本が大混乱していたさなか、陛下はビデオメッセージで被災者や救援に当たる人々をはじめ国民を励ましてくださった。この「平成の玉音(ぎょくおん)放送」で、どれだけ多くの人々が生きる力を頂いたか。
 陛下は皇后陛下とご一緒に、多くの被災地を訪ねられた。避難所で、膝をつかれて人々と話される両陛下を思い出す。このお姿に政治家たちも感化され、見習うようになった。
 陛下が寄り添われたのは、現代に生きる国民だけではない。
 終戦時に学習院初等科6年だった陛下は、昭和天皇のお心を受け継ぎ、戦没者の追悼にあたられた。全国戦没者追悼式へのご臨席はもとより、内外の激戦地に赴かれた。慰霊の旅である。
 昨年12月のお誕生日に先立つ記者会見で陛下は、「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵(あんど)しています」と述べられた。
 平和を常に願われた陛下に、次の御製(ぎょせい)がある。

 《精魂を込め戦ひし人未だ地下に眠りて島は悲しき》
 平成6年2月に玉砕の島、硫黄島を訪問されたことを詠まれたものだ。正論執筆陣の江崎道朗さんの近著『天皇家百五十年の戦い』で知った。
 戦没者を、気の毒な犠牲者という文脈でのみとらえる人が多いのが戦後日本である。
 しかし、それでは本当に寄り添うことにはならない。硫黄島はじめ各地で散った英霊は、祖国のため勇敢に戦って命を捧(ささ)げた民である。御製から分かるように、それを陛下は見事に受け止めてくださった。
 陛下の「慰霊の旅」で行幸がなかったのは靖国神社であり、シベリアや旧満州などである。いずれも政治的な理由がある。靖国神社は日本の国と英霊の約束の場所であるのに、首相すら参拝を控えてしまっている。
 靖国へ勅使を遣わされてきたが、ご親拝(しんぱい)はかなわなかった。陛下を支える側の力不足を、陛下と英霊におわびするほかない。

 ≪ご長寿こそ国民の願い≫
 長い歴史のいつの時代でも日本の首座にいて秩序の中心であることと、祈り主である点が、天皇の本質的な役割といえる。
 「国平らかに民やすかれ」と祈ってくださる大切な存在であるからこそ、天皇は憲法第1条で日本国と国民統合の象徴と位置付けられている。
 天皇の祈りの中心は宮中の祭祀(さいし)である。周囲に簡略化しようとする動きがあったが、陛下は昭和天皇をはじめとする歴代の天皇にならって、宮中のお祭りを重視してこられた。
 陛下は皇太子時代も含め、日本の国と国民のため何事にも真摯(しんし)に取り組まれてきた。
 東洋の伝統に則(のっと)って申し上げれば、いくら賛仰してもしきれないほどの徳を積まれてきた君主であられた。
 陛下はあす上皇になられる。どうか上皇后さまとご一緒に、末永くゆっくりとした日々を過ごされますよう。そして時には元気なお姿を拝したい。それが国民の願いである。

ありがとうございました。
この言葉が国民の総意であると確信しております。

様々な雑音が聞こえてきます。
歴史の重みを知らぬものがたくさんいます。日本は日本として伝統・文化を受け継いでいく事が必要です。
それが日本人として最低限必要なことだと私は思います。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



歴史 | コメント:(2) | トラックバック:(0) | 2019/05/11 06:00
コメント:
小室圭氏の子孫を天皇に仰ぎたくはなうです!
 神社総代の総会があり皇室ジャーナリストの近重幸哉さんによる「令和~新しい御世を迎えてとして」の講演がありました。女性セブンの記者さんですからあまり内容には期待できませんでしたが皇室が如何に国民とともに歩んで来られたかとのお話でした。
 質問が許されましたので「今皇室の大きな課題は後継問題だと思う。数日前の共同の世論調査で女性天皇、女性宮家の創設に賛成意見が80%近くだったと思う。女性宮家が創設されると今眞子さんと交際している小室圭氏が皇族になりその子が天皇になる可能性がある。その時点で神武天皇以来のY遺伝子が途切れてしまう。我々としては許容できないものだ。また彼の親は焼身自殺したと聞いている。」
 先生は色々なケースを紹介しましたが当然小室圭氏の息子が天皇になる可能性は否定されませんでした。
天照大神をまつる多くの神社の総代の方々が女性天皇、女性宮家や女系天皇の違いを明確に知って欲しいと思い質問しました。なんとなく現代では男女平等も仕方なかろうとの理解レベルでは困ると思いました。
 虎の門ニュースでは竹田恒泰さんや有本香さん百田尚樹さんなどが何度も紹介をしており、いわゆるインターネット番組の視聴者は理解が進んでいるとは思いますが一般的には令和の御世を祝福している若者も理解はすすんでいないように思います。憲法9条改正より至難なわざかも知れません。
 今後とも話題としてご紹介よろしくお願いします。
Re: 小室圭氏の子孫を天皇に仰ぎたくはなうです!
女系天皇と女性天皇の違いをわざと混同させている報道が問題だと思います。
全く違う事を一色単にしているのがおかしいと言わざるえません。
ありがとうございます。

管理者のみに表示