FC2ブログ

良くなる兆しの見えない韓国経済

nandemokanndemonihonnnosei.jpg
自分たちの立場を忘れ北朝鮮に寄り添う政策を取り続ける韓国政府
それに嫌気がさして逃げていく外資、共産圏に入ろうとしている韓国に対して各国は嫌気がさしてきています。
もともと日本からの援助があって初めて成り立っていた韓国経済、半導体産業も日本から輸入する資材があって初めて量産できることを忘れたのでしょうか?
生産装置も国産化しようとたくらんでもなかなかできずに日本やドイツ、アメリカからの輸入がほとんどの状態を忘れたのでしょうか?
未来志向とか言いながら過去の慰安婦や出稼ぎ工の歴史を捏造して金を集るその姿勢、世界中は呆れています。
日本から見捨てられた韓国、この先どうなるのでしょうね。

さて、そんな韓国ですが支持率は駄々下がりのようです。
発足2年の文在寅政権 支持率半減 南北・対日…期待裏切り
【ソウル=名村隆寛】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領(任期5年)が10日、就任から2年を迎える。この間、文氏が目玉政策と位置づけた南北関係は、戦術誘導兵器などを相次ぎ発射した北朝鮮の情勢悪化で見通しが立たなくなった。低迷する韓国経済や対日関係にも改善の兆しはなく、政権発足当初は80%を超えた文氏への支持率は、長らく50%を下回っている。

外交的孤立
 韓国の世論調査会社リアルメーターが9日発表した文氏の支持率(7~8日調査)は47・3%で、不支持の(48・6%)を1・3ポイント下回った。就任直後の支持率は、84・1%だった。韓国ギャラップの調査でも同様の傾向で、昨年末から支持と不支持は拮抗(きっこう)し続けている。

絶対的な権力を持つ大統領、日本の首相と違って支持率が50%を切ると危険水域になると言われております。
今の文大統領の支持率と安倍政権の支持率がほとんど変わらないというのは韓国にとって脅威的なのでしょう。
これもすべて経済政策が裏目に出ているのでしょうね。韓国の物価は世界一位になったとも言われており、ニューヨークのなどよりも高いと言われています。
日本よりも高い韓国の物価、お昼ご飯を食べようにも1000円は必要になる現実が韓国にはあります。

そんな韓国ですが、大企業の利益は3分の2が海外という驚愕のデータが出てきました。
韓国経済研「10大企業、昨年の売上高の3分の2は海外」
現代・起亜自動車は昨年739万台の車を販売した。このうち韓国国内市場で売れたのは124万9000台だ。残りの604万1000台は海外市場で売れた。両社の売上高全体の半分以上が海外で生じている。海外売上高の比率は現代車が62%、起亜車は66.9%だ。
韓国主要大企業の海外売上高比率は3分の2を超えるが、韓国国内の税収と雇用に占める比率も依然として高いことが分かった。海外で稼いで国内の経済と内需を支えていると解釈できる。
全国経済人連合会傘下の韓国経済研究院は6日、報告書「主要企業の海外売上比率」でこのように分析した。分析対象は売上高100大企業のうち国内外の分類が可能な64社。これら企業の海外での売上高は売上高全体の半分以上(55.1%)だった。上位10企業の場合、売上高全体の3分の2以上(65.9%)が海外で発生している。
業種別には電気・電子産業の海外売上高比率が82.6%で最も高かった。SKハイニックス(97.9%)とLGディスプレイ(93.5%)は90%を超え、サムスン電子(86.1%)など5社は80%台だった。
主要企業の海外売上高比率は増加傾向にある。調査対象企業のうち4年前と売上高を比較できる54社を選んだが、うち35社が海外売上高比率が上昇した。これら企業の2014年の海外売上高比率は41.4%だったが、今年は50.6%と、国内での売上高を上回った。一方、これら企業の国内実績は悪くなった。国内売上高の増減率は-1.5%、海外売上高の増減率は42.6%だった。
主要企業が納付する国内法人税収の比率は依然として高い。売上高上位10大企業の法人税費用は18.9兆ウォンと、昨年の法人税収70.9兆ウォン(暫定値)の32.3%を占めた。国内雇用予算の19.2兆ウォンとほぼ同じで、児童手当予算の8.6倍。また韓国経済研究院は調査対象企業が勤労所得税課税対象勤労者の5.6%(59万2000人)を雇用し、給与総額は9.3%(49兆1000億ウォン)を占めると分析した。これに基づき企業勤労者が納付する勤労所得税を推算すると全体の12.8%(4兆5000億ウォン、2017年基準)だった。
韓国経済研究院のチュ・グァンホ雇用戦略室長は「韓国主要企業の税収・雇用への寄与が大きいため、政府は企業活力向上のための政策を開発すべきだ」と述べた。

韓国で稼いでいる企業の内、国内で利益を出している企業は少ないという事ですね。
世界企業を抱えている言われている韓国に於いて国内の売り上げが弱いと言うのは致命的です。
何故なら国が厳しくなった場合に、企業は利益優先の考えから他国に逃げる可能性があるからです。
特に三星なんかは外資に食い荒らされているとも言われております。
国内の雇用を守れない企業、国内の経済を回していかないといけない政府、その二つが相反する方針で動くとその国は持たなくなります。

韓国政府は其の事態を鑑みて、大企業を優遇していくようです。
「漢江の奇跡」を教科書から抹殺! 天敵『サムスン』と手を組む文大統領の仁義なき戦い
 『朝鮮日報』(4月25日付)に《韓国小学校教科書から消えた「漢江の奇跡」》という記事が掲載された。改定前の教科書には、《この期間に経済が急速に成長した韓国は、世界の多くの国から「漢江の奇跡」を成し遂げた国と称賛された》と書かれていたが、それがザックリ削除されたのだ。
 「韓国人が世界に誇る『漢江の奇跡』は、朝鮮戦争後の1960年代~80年代にかけて韓国が高度成長を成し遂げた歴史的偉業です。ただその原資は、1965年の『日韓基本条約・日韓請求権協定』により日本からの無償3億ドル+有償2億ドルの巨額経済援助でした。これには元軍人や元徴用工、元慰安婦などへの個人補償も含まれていましたが、当時の朴正煕政権はインフラ投資に使い切ってしまい、これら人々への補償に回しませんでした。『漢江の奇跡』は、李承晩~朴正熙政権までの保守政権の時代に進んだ経済発展を指すので、これを歴史から消し去ることは、保守政権そのものを韓国から抹殺すると同時に『5億ドル』をチャラにすることができるのです」(韓国ウオッチャー)
 今後日本は個人補償の要求をバンバン起こされることを覚悟しなければならない。また、左翼革命を目指す文政権にはもう1つ消し去らなければならないものがある。それは、大統領選で公約に掲げられた財閥の解体だ。4月、文氏の天敵ともいえる「財界大統領」であるサムスン総帥の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長と、2年越しの“手打ち”をした。
 「李副会長は、朴槿恵大統領が弾劾を受けて失脚した原因を作った『崔順実ルート』に絡んで、17年2月に逮捕され、文政権に移行した同年8月に懲役5年の一審判決を受けました。翌18年2月の控訴審判決は、懲役2年6カ月、執行猶予4年に減刑され、1年ぶりに釈放されたのですが、大法院宣告(最高裁判決)が5月に予定されているのです。そのため李副会長としては、何としても文氏の“後ろ盾”と“赦し(ゆるし)”が欲しかったのでしょう」(元大手紙ソウル特派員)
 サムスンは2四半期連続の大減益を記録し、現在アップアップだ。ここはファーウェイを中国政府が陰に陽にバックアップしているように、サムスンも韓国政府にバックアップしてもらわないと、国際競争に勝てないと判断したのだろう。
 韓国経済も同様だ。4月25日に韓国銀行(中央銀行)が発表した今年第1四半期(1月~3月)のGDPの伸びはマイナス0.3%とリーマン・ショック(08年)以来、11年ぶりの無残な統計が出てしまった。そこで文氏は、李副会長を「赦す」ことで、失地回復を図ろうというのである。
 昨日の敵は今日の友、仁義も何もあったものじゃない。

日本から受けた経済支援を歴史から消し去って新たに支援をもらえると思うのでしょうか?
私には韓国の考えている事が全く分かりません。判る人を教えてほしいくらいです。

しかしながら韓国の外貨準備金は減り続けているようです。
韓国の外貨準備高、1カ月で12億ドル減
 韓国銀行は7日、4月末の韓国の外貨準備高が4040億3000万ドルとなり、前月末に比べ12億2000万ドル(0.3%)減少したと発表した。
 外貨準備高の減少は、米ドル高で国債、公債、社債、資産担保証券(MBS)など有価証券でユーロ建て、円建てなどドル以外の外貨の部分のドル換算額が減少したためだ。外貨準備高に占める有価証券の割合は92.6%で、うちドル建て以外の資産は約32%を占める。
 韓国の外貨準備高は世界9位で、前月よりも1ランク後退した。これまで9位だったインドの外貨準備高が105億ドル増の4129億ドルとなり、順位が入れ替わった。上位は中国(3兆388億ドル)、日本(1兆2918億ドル)、スイス(8088億ドル)、サウジアラビア(4995億ドル)、ロシア(4878億ドル)、台湾(4641億ドル)、香港(4380億ドル)の順だった。

台湾や香港よりも少なくなったと言うのは驚きですね。
外貨準備金、貿易などで必要となる外貨の後ろ盾になるお金なのでしょうけど、外需に偏っている韓国にとっては大きな痛手となりかねません。
日本は内需循環で何とでもなります。輸出入依存の非常に少ない国なので大丈夫ですが、韓国は輸出入に頼った経済構造です。
どうしていくのか見ていかないと経済破綻になりかねません。

日本の隣であれば経済発展できるとアセアンでは言われています。
その恩恵を受けた韓国が再び経済破綻を引き起こすのか?注視していく必要がありますね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2019/05/15 06:00
コメント:

管理者のみに表示