FC2ブログ

天皇陛下の最初の国賓はアメリカ大統領

00395980HDK.jpg
昨日の夕方、天皇陛下の最初の国賓としてアメリカ大統領が来日しました。
アメリカ大統領であるトランプ大統領、アメリカの利益を追求するその様相はアメリカで絶大な人気を誇ります。
現在行われている米中貿易戦争に日本が巻き込まれて経済が失墜しない様にかじ取りを行わないといけない安倍総理にとっても大変な仕事なのでしょうね。
来月行われるG20の前打ち合わせとしても非常に重要であり、韓国への経済制裁の打ち合わせもありそうですね。

トランプ大統領が到着時にこのように話したそうです。
トランプ氏、夕方到着へ 天皇会見「楽しみに」
トランプ米大統領は25日夕、令和初の国賓としてメラニア夫人と共に来日する。大統領専用機で羽田空港に到着する。28日まで4日間滞在し、天皇、皇后両陛下と会見する最初の外国賓客となるほか、安倍晋三首相との首脳会談、大相撲観戦などを予定している。大統領として2回目の日本訪問となる。
 米東部時間24日、ワシントン近郊から日本に向け出発した大統領専用機内から「米国を代表して天皇陛下にお会いできることを楽しみにしている。友人である安倍首相と貿易や軍事を協議する」とツイッターに書き込んだ。
 公式実務訪問賓客として来日した2017年11月は米軍横田基地(東京)から入り、米兵を前に演説した。今回は格式の高い国賓であり、日本の「表玄関」である羽田空港を使う。
 米国では27日が戦没将兵記念日(メモリアルデー)に当たることから、28日に米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)で日米同盟の重要性を強調する演説を予定する。(共同)

防衛や貿易の事について協議を行うとのこと、中共との貿易戦争や経済戦争に対する協議という事ですね。
いろいろな話になりそうです。

トランプ大統領は今回の来日についてこのように述べているそうです。
トランプ氏「200年以上の中で最大のイベント」 皇位継承後の訪日意義を強調
【ワシントン=住井亨介】トランプ米大統領は23日、予定している訪日について、「200年以上の中で最大のイベントに、世界中の国の中で唯一主賓として招かれた」と述べ、譲位に伴う皇位継承が行われた時期の訪日の意義を強調し、天皇陛下との会見に期待を示した。ホワイトハウスで記者団に語った。
 トランプ氏は25~28日、国賓として訪日。天皇、皇后両陛下が即位後初めて会見される外国要人となる。トランプ氏は「天皇に関わるとても大切なことで、200年以上なかったことだ」と述べた。天皇の譲位が江戸時代の光格天皇以来202年ぶりとなることが念頭にあるとみられる。
 また、トランプ氏は「日本、安倍晋三首相と非常にうまくいっている」と語った。

アメリカは建国して日が浅いです。日本の2700年という歴史に比べて積み上げがほとんどないと言っても過言ではありません。
そんな歴史の中で天皇陛下の最初の国賓となると言うのは初めてなのでしょう。
ましてや譲位なされたのは202年前、初めてと言っても過言ではないでしょう。
その最初の国賓としてアメリカが選ばれたと言うのは名誉あることであると言う事です。
大東亜戦争ではともに死力を尽くし戦った日米、コミンテルンの陰謀により牙を折られた日本ではありますが、再び狼になれるように力を蓄えています。
そんな日本とアメリカが同盟国となり、特定亜細亜と相対する。そのための出発点なのかもしれませんね。

日本に興味津々なトランプ大統領は千秋楽を観戦するそうです。
トランプ氏の千秋楽観戦 相撲協会は異例の厳戒態勢
 トランプ米大統領が26日に両国国技館で行われる大相撲夏場所千秋楽を観戦するのを前に、日本相撲協会は異例の厳戒態勢に向けて準備に奔走。令和最初の本場所は、かつてない土俵外の慌ただしさで、運命の千秋楽が近づいている。
 トランプ氏は升席にいすを設置して座り、取組が終わった後には土俵上での表彰式に登場して幕内優勝力士に「米国大統領杯」を授与する予定。協会関係者は「(政府などから)どんな要求があるかも分からない」と疲労を隠してかけずり回っている。
 協会は4月6日に前売り券の販売を始めたが、警備スペースの理由から、トランプ氏の着席が想定される周辺の席を協会側で相当数、押さえた。セキュリティー上警戒が必要な席の購入者には、名前や住所、連絡先などを提出するよう前代未聞の要請。理由は「要人観覧のため」だけとした。政府などから情報管理の徹底を求められ、協会には緊張感が渦巻いた。

まあ、下手な取り組みを売ると座布団が舞うのは千秋楽ですからね。
何が飛んでくる分からないのが升席です。升席では酒も飲めますからね(笑)
トランプさんも日本の流儀に従って和服で正装してもらいたいものです。
せめて白足袋は欠かさずにね。

そんなトランプさんですが、靖国神社に参拝するとの話があるそうです。
「トランプ大統領の参拝はあるか」 夕刊フジの質問に靖国神社の回答は…
 ドナルド・トランプ米大統領に対し、国賓としての来日(25~28日)に合わせた「靖国神社(東京・九段北)への参拝」を熱望する声がある。戦後七十余年の歳月を経て、日米の「真の和解」「同盟の絆」を発信できるからだ。夕刊フジが「参拝の打診」の有無などを問い合わせたところ、靖国神社は文書で意味深長な回答をしてきた。
 トランプ氏は今回の来日で、天皇皇后両陛下との会見や、宮中晩さん会、安倍晋三首相との首脳会談、ゴルフ外交、大相撲夏場所千秋楽観戦など、分刻みの多忙なスケジュールが組まれている。
 靖国参拝を求める声も多いため、夕刊フジは先週、靖国神社に質問状を送付した。23日までに靖国神社社務所名で届いた回答は以下の通り。
 まず、質問1で「過去に米国の大統領や副大統領、駐日大使が、靖国神社を参拝したことがあるか」と聞いた。靖国神社は、「正式参拝の記録はありません」と回答した。
 そこで、質問2で「トランプ米政権側、あるいは日本政府から、今回のトランプ大統領訪日に合わせて、参拝したいとの打診はあったか?」と、質問3では「各国大統領クラスの参拝方法や手順、ルート」について、それぞれ尋ねた。
 靖国神社は、質問2と質問3を合わせて、「警備上の都合などにより、回答を控えさせていただきます」と回答した。
 これは明確な否定とは思えない。官邸周辺の「靖国参拝は難しい」との声も聞こえるなか、電撃参拝があり得るのか。

現実問題難しいのかもしれませんが、27日の横須賀基地に行った足で安倍総理と合流し靖国神社正式参拝は出来る可能性もありますし、明日の陛下との会談で寄る可能性もあります。
可能性だけなのであまり期待は出来ませんが、安倍総理がアーリントン墓地に行っているのでお礼に靖国神社に参拝するのも良い事ですね。
なに反対するのは反日組織の人間しかいません。中韓の代弁者だけでしょう。

いろいろと騒がしくなるトランプ大統領の来日、平和裏に終わってほしいものです。
でも英霊の皆様への参拝は戦ったものとしても礼儀としてほしいですね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



歴史 | コメント:(2) | トラックバック:(0) | 2019/05/26 06:00
コメント:
通訳
通訳の人が目立って気になりました。合衆国大使館の人ですか❓日本の外務省の方ですか❓日系人のようにも見えますけど^_^
外務省の方のようです。
外務省の方のようです。

皆様のNHKが特集してました笑
https://www.nhk.or.jp/politics/salameshi/5143.html

管理者のみに表示