fc2ブログ

歓迎されるトランプ大統領

60966622_1839152999517784_7670157613165707264_o.jpg
5月末にアメリカの大統領が令和初めての国賓として日本に招かれました。
それは多くの人でにぎわいましたね。
一部の特定亜細亜に組するマスコミや野党などの反日組織は反対の声を上げていましたが、国民の声には敵わずにいました。
むなしい声が響き渡りましたね。
千秋楽でも歓迎されており、準空母加賀(護衛艦かが)での歓迎式も盛大に執り行われました。
大相撲の後では庶民的な炉端焼きをごちそうになり、宮中での晩餐会でも歓迎されており、天皇陛下自ら通訳を介さずにお話しなされたそうです。
トランプ大統領は非常に感激したようですね。

さて、炉端焼きでこのような話をしたそうです。
日米首脳 炉端料理店での冒頭発言全文
 安倍晋三首相と来日中のトランプ米大統領は26日夜、東京・六本木の炉端料理店で夕食を共にした。夕食会冒頭の両首脳の発言は以下の通り。
 トランプ氏「今日はとても素晴らしい時間を過ごすことができて感謝している。明日は日本の歴史にとって本当にとても重要な行事がある。(譲位による、天皇陛下の即位は)前回から200年ぶりのことで、米国を代表して(陛下に最初にお目にかかれることを)大変、光栄に思う。今日、安倍首相と私は貿易や軍事、さまざまな事柄について話した。とても生産的な1日だったと思うし、明日も今日と同じように充実した1日になると思う。そして、今日は相撲を見ながらとても素晴らしい時間を過ごすことができた。美しいトロフィー(大統領杯)を贈呈したが、これからも優勝杯として何百年もあり続いて欲しい。私たちは(両国国技館での)相撲観戦を本当に楽しむことができた。日本の伝統あるスポーツの力士を見ることができたのは素晴らしかった。私はずっと相撲をみたいと思っていたのでとても良かった。今晩はありがとうございました」
 首相「令和時代の初めての国賓として、トランプ氏とメラニア夫人に来日をしていただき、大変うれしく思う。今日は朝からゴルフを楽しんだが、トランプ氏はディール(取引)と同じように大変タフなゴルファーでもあり、楽しむことができた
 そして米国の大統領としては初めて、大相撲を観戦してもらい、大統領杯を初優勝した朝乃山関に授与していただいた。朝乃山関にとっては忘れ得ぬ瞬間になったのではないか。この後は炉端焼きでゆっくりとリラックスしながら、さまざまなことについて議論し、意見交換を行いたい」

大変感激したトランプ大統領、炉端焼きでは何をいただき、何を飲まれたのでしょうか?
酒も煙草もやらないトランプ大統領、歓迎する方もなかなか大変だったようですね。
安倍総理とトランプ大統領の会話ですが、このような感じだったそうです。
トランプ氏、安倍首相に韓国への困惑伝える 「北と全く話進まなくなった」
 来日中のトランプ米大統領が26日、安倍晋三首相に対し、北朝鮮の非核化をめぐる韓国の対応に困惑していることを伝えたことがわかった。政府高官によると、トランプ氏は首相と貿易交渉や北朝鮮政策について意見を交わす中で「韓国と北朝鮮の間では全く話が進まなくなった」と指摘し、両首脳は韓国への懸念を共有したという。
 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との南北首脳会談で「朝鮮半島の完全な非核化」で合意したにもかかわらず、北朝鮮の非核化は一向に進んでいない。トランプ氏は米朝協議が停滞している現状を踏まえて発言したとみられる。
 また、トランプ氏は文氏から「来てくれ、来てくれ」と再三にわたり訪韓要請を受けたことも明らかにした。米ホワイトハウスは、トランプ氏が6月に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)への出席に合わせた韓国訪問を発表している。
 北朝鮮が今月、短距離弾道ミサイルを発射したことに関しては、トランプ氏が「今、(北朝鮮は)挑発行動をとっているが、中身は一定の範囲にとどまっている」と説明。首相と「対北制裁を維持する必要がある」との認識を共有した。
 一方、トランプ氏は26日、日米の貿易交渉に関し「(夏の)参院選までは交渉の多くのことで取引を待つ」とツイッターに投稿し、夏の参院選が終わるまで合意締結を待つ考えを表明した。トランプ氏が首相との友好関係を踏まえ、貿易交渉が選挙に及ぼす影響を考慮したとみられる。
 首相とトランプ氏は27日午前、11回目の首脳会談を行う。首相は金氏と条件をつけずに会談する意向を示しており、トランプ氏に日朝首脳会談の実現に向け、協力を求める見通しだ。
 会談では、日米の貿易交渉も議題になる。トランプ氏は25日、日本企業経営者らとの夕食会で、日米の貿易不均衡の是正を求めた。本格交渉に向けたトランプ氏の出方が焦点になる。米国と軍事的緊張が高まるイラン情勢も意見交換するとみられる。G20サミットに向けた協力も確認する。

様々な懸案、特に特定亜細亜への懸案について話を述べたそうですね。
韓国に対しては愚痴られたとも言えなくもないですが、そのような軽口が出るのであればまあ大丈夫なのでしょう。

因みに安倍総理とトランプ大統領が炉端焼きで食事を楽しんでいましたが、一緒に来ていたアメリカ政府関係者も日本を満喫していたそうです。
YpPGoGP.jpg
アメリカ関係者って普通にエリートですよね。そのエリートが普通の居酒屋で一般人と混じって飲んでいる、日本は平和ですね。
職務があるので瓶ビールで軽くしか飲めないのでしょうが、日本を楽しんでいただいて大変うれしいですね。

そんなこんながあって日本はアメリカと一緒になって中共包囲網に協力するようです。
ハイテク技術流出を防止 20業種で外資規制強化を正式発表 米と共同歩調
 政府は27日、安全保障上の理由から外国投資家による国内企業への投資を規制する対象として、IT、通信関連の20業種を追加・拡充すると正式発表した。外為法に関する告示を改正し、8月1日から適用する。中国を念頭に技術流出などを防ぐため、日本の安全が脅かされる恐れがある場合、外国投資家による投資計画を中止できるようにする。ハイテク分野などで中国と“覇権戦争”を繰り広げるトランプ米政権に歩調を合わせる狙いもある。
 告示の改正により、外資規制の対象に集積回路(IC)やパソコンの製造業など15業種を新たに加える。地域電気通信業、長距離電気通信業など5業種については、対象企業を広げる。

投資規制だけだそうですが、そのうち輸出規制も出てくるでしょうね。
中共の資金で小中の企業を買収すると言う計画がありますのでこれは即時に効力が出てくるでしょうね。
最終的には支那製の輸入規制、輸出規制も視野に入れておきましょう。
なんか韓国は中共についたみたいですけどね。

日本がやるべきことは自ら守れるように憲法を改正し、自衛隊を誇れる軍隊にすることではないでしょうか?
そのためにやるべきことをやっていきましょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2019/06/02 06:00
コメント:

管理者のみに表示