FC2ブログ

誰にも相手にされなくなってきている韓国

52071448_1896750387131354_6328171205807308800_n.jpg
日本は世界から孤立していると言われ続けていますが、どうもマスコミ関係者のみで言われていたことだったようですね。
さんざん、韓国には甘い顔をして優遇した時代も終わり、より公平に訳隔たりなく接するようになってきた日本
在日特権という外国人優遇政策にもほころびが出てきたようですね。
マスコミが韓国を擁護すればするほど国民との意識の乖離が広がるこの時代
マスコミの異常さが最近浮き彫りになってきています。
そんな信用を失ったマスコミ達、焦っているのでしょうか?それとも成長しないのでしょうか?
何をしても裏目に出ていますね。

さて、そんなマスコミですが、こんな記事を書いているようです。
GW渡航先1番人気は「韓国」…嫌韓派の歯ぎしりが聞こえる
 世の「反韓派」や「嫌韓派」は信じたくないだろうが、これが現実だ。10連休で沸いた今年のゴールデンウイーク、海外渡航先の1番人気は韓国だった。
 昨年秋から、元徴用工問題などで日本のメディアが大騒ぎし、「日韓関係は戦後最悪」といわれ、日本の外務省までが「反日デモに注意!」と渡航自粛を呼びかけていたが、訪韓日本人数(2018年11月~19年1月末)は逆に前年同期比32.9%増の77万人とすさまじい増加なのだ。渡韓はもはやトレンドなのである。
 ソウル最大の繁華街、若者でごったがえす「韓国の原宿」ことミョンドン(明洞)に行けば、一目瞭然だ。昨秋訪れた私は、開放的な空間に目を見張った。明洞教会堂から緩やかに下る広い遊歩道を多くの日本人が、韓国人や中国人、タイ人、欧米人らに交じって自由に闊歩(かっぽ)し、ファッショナブルな店でスマホ決済の飲食やショッピングを楽しんでいた。
 韓流ドラマファンらしき中高年の一団も見かけたが、大半が10代、20代の女性たちだ。そのほとんどがK―POPファンで、真っ赤な口紅、キリッとした身のこなしなどはテレビやネットで目にしたK―POPのアイドルたちを連想させる。
 K―POPは米国でもトレンドとなっていて、ユーチューブの再生回数は女王アリアナ・グランデの独壇場であったが、韓国のブラックピンクが1億回を更新して抜き去り、「K―POPグループがアメリカのエンタメ界席巻」(ニューヨーク・ポスト紙、4月5日付)と話題になったほどだ。その1週間後、今度は原爆Tシャツ騒動で「反韓派」に叩かれた防弾少年団(BTS)が史上最速の1億回超えでブームに火をつけている。伸びのある歌唱力、パワフルでキレるダンスに、米国の若い女性たちも「カッコイイ」ととりこになっているのだ
 そもそもK―POPは国籍の縛りがない。オーディションの選抜基準は個性、スター性のみで、ブラックピンク4人のメンバーにはオーストラリア人やタイ人。今春の日本初のドームツアー5公演に21万人を動員したTWICEは9人中、日本人が3人だ。
 こうして、グローバルにつながっている日本の若者たちから見たら、「韓国出ていけ」と差別や対立をあおる「反韓・嫌韓」派は、個性抑圧のウザイもの、ショボイものでしかない。だから、いくら日本のメディアが「日韓関係は最悪」と騒ごうが、気にもしないのである。「反韓・嫌韓」派のウザイ正体は来週あらためて。

で、そんな妄想を書いているのですが、実際にはソウルは閑古鳥が鳴いていたことを記載しておきましょう。
というか、まさに景気のどん底に差し掛かるか否かともいえる状況でしたね。
ソウル駅の浮浪者は増えており、街宣と重なってなかなかカオスな状態になっていました。
町には星条旗と古い太極旗立ち並び、新北と親米が争う事態となっていましたね。
文大統領派vs民主主義派の戦いなのかもしれませんね。
そのような状態の韓国にわざわざ来る人がいるのでしょうか?私には理解できません。
ま、私は仕事ですからね。

日本のマスコミは嫌韓の考えが想像使いないのか?それとも自分たちが嫌われている存在であることを知らないのか?
こんなことを言い出しています。
「嫌韓」は危険 相手を決めつけるな
 民間外交に取り組んでいる言論NPO代表の工藤泰志代表は毎日新聞政治プレミアに寄稿し、悪化する日韓関係について「いかに難しくても民間の交流が止まるということはありえない。政府間の関係が悪くなったからといって、民間が政府に右にならえをして悪くなってはすべての関係がダメになってしまう」と訴えた。
 言論NPOは6月22日に東京で「日韓未来対話」を開催する。日韓未来対話は2013年から東京とソウルで交互に開催し、今年が7回目。
 日韓双方からこうした時期の開催を懸念する声があったが、工藤氏は「こんな時だから民間が勇気を出す」と開催を決意した理由を語る。
 工藤氏は徴用工判決などをめぐる韓国政府の対応については問題があり「腹が立つ」こともあると言う。しかし「相手と話し合わないで情報だけできめつけて、簡単に判断しない方がいい」と指摘し、「嫌韓」の風潮に警鐘を鳴らす。
 一方で、「対話をすれば問題がすぐに解決すると思っているわけではない」「日韓友好のために対話をするのではない」とも説明する。
 そのうえで「米中が対立し、朝鮮半島の非核化の流れが出ているなかで、日韓関係がこんな状況でいいのか。アジアの平和と安定を望むならば、新しい関係を模索する努力が必要だ。それを、自分の頭で冷静に考えることが必要な時期にさしかかっているのではないか」と指摘している。

話し合うってこちらの意見を全く聞かずに自分たちの意見のみを押し付けることが話し合いになるのでしょうか?
それであれば友好関係は結べませんね。なんでそんな人たちに譲歩しなければならないのでしょうか?
約束を守らない朝鮮人に対して約束を守るまで譲歩する必要がどこにありますか?
ありません。約束を守ると言う人間関係の原点を忘れて出来ない事を抜かすのはやめてもらえますか?
新しい関係よりも正しい結びつき、嘘を吐かないでもよい人間関係を築かないといけません。
それをしようとしない朝鮮人に譲歩することは絶対にありませんね。

因みに本当の裕福さを知らないで即物的な豊かさだけを追い求める人は日本をこのように感じるようです。
「訪日韓国人は日本の生活水準低いと感じる」佐藤優氏の解説
 ミサイル実験を再開するなど、北朝鮮が先鋭化の兆しを見せている。東アジアの安全保障を考える上で韓国との協力体制は必要だが、日韓の対立には、終わりが見えない。作家・佐藤優氏が語る。
「韓国の影響力が強まった背景には、経済成長があります。1980年の時点で、名目GDPが約1兆1000億ドルの日本に対し、韓国は約650億ドル。17倍近くも離れていました。それがいまや、日本が約5兆7000億ドルで、韓国が約1兆6500億ドルと3倍ちょっとの差しかない。
 しかも韓国は日本の半分以下の人口5100万人。1人あたりのGDPで、日本は約4万ドル、韓国が3万ドル。これに購買力平価をくわえて考えると生活水準はさして変わらない。
 インバウンドで来日した裕福な韓国人は、皮膚感覚として日本の生活水準を低いと感じている。その結果、韓国が経済的に弱かった時期に結ばれた日韓基本条約や日韓請求権協定が不当な条約に見えてきている。だから反日感情が高まっているんです
 2018年末、韓国海軍の駆逐艦が自衛隊の哨戒機にレーダー照射する事件が起こり、2019年2月には韓国国会議長による天皇(現上皇)への謝罪要求発言があった。そのたびに日本では、「韓国はとんでもない国だ」といった議論が起こった。しかし、従来の力関係をベースに隣国と接しているばかりでは、何も解決できないと佐藤氏は説く。
「最終的には外交は、国力と国力の均衡点が落としどころになる。韓国に対して、優位でいたいなら国力を上げていくしかない」

この人元外務間だったそうですが、おかしいこと言いますね。
豊かだから条約が不公平に感じるって不公平なところが何かわかっているのでしょうか?
韓国はとんでもない国です。国と国との約束を平気で破る国です。それを対等に扱えと言うのは頭がおかしいとしか言えないでしょう。そして力があれば約束を破っても良いと考える思考回路、まさに左翼と変わりません。
そんな人の話を聞く耳持つのでしょうか?持ちませんね。何が言いたいのでしょうね。
まともな国ではない事を自ら示した韓国政府、それに対して優位に立つために国力を上げろと言うばかげた理論
今の国力が韓国以下になっているのであればわからないでもないですが遥か下にいる韓国に対して何を言っているのでしょうね。

実際、韓国は世界中の国々から嫌われる存在に成り下がりました。
舛添要一氏 日米首脳会談で判明「韓国はどこからも相手にされなくなっている」
 舛添要一前東京都知事(70)が29日までにツイッターを更新し、日米首脳会談に言及した。
 安倍晋三首相(64)とトランプ米大統領は4日間にわたり、強固な同盟関係をアピールした。
 その間、さまざまな交渉事が行われたとみられるが、舛添氏が注目したのは、韓国の話題だった。
「日米首脳会談で北朝鮮の話題は出ても、韓国は話題にもならない。韓国は、米国、日本、中国、ロシアのどこからも相手にされなくなっている」と指摘。
 悪化の一途をたどる日韓関係に、改善の兆しは見えていない。
 韓国は国際的にも孤立しつつある。
「北朝鮮でさえ、南北協力の話をやめて、ソウルを無視している。すべては文在寅外交の失敗が原因だ。日韓は、民間交流も重要だが、政治レベルの進展が不可欠だ」と舛添氏は断言した。

世界中から嫌われている韓国、元東京都知事からも駄目だしされていますね。
約束を守らずに嘘ばっかり言う人は信用されません。韓国がその状態であることを、自らの行動がそれを招いたと言う事を忘れない様にしましょう。

未来志向とか言いながら過去だけに縋りつく韓国、計画性というものがなくその場しのぎの対応しかできない国民性
一体この国はどうなるのでしょうね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2019/06/03 06:00
コメント:

管理者のみに表示