FC2ブログ

韓国に対する当たり前の行動

20e01_368_e69c67c35bee8c2650583f5103767331.jpg
日本海軍旗である旭日旗
登る太陽を象徴として記した旗であり、その存在は日本海軍ここにありと言わしめるくらい有名な話です。
大漁旗としても有名であり、日本古来から使用されている旗でもあります。
それに対していちゃもんをつけだした韓国
そもそもサッカー韓国代表 奇誠庸が猿真似をした言い訳にしてからこの問題が発生しました。
それまで一切問題視されなかった旭日旗が批判されるようになったのです。
阿呆かいな、馬鹿か否と思わなくもないですが、生活が苦しく、他に不満をぶつけることが出来ない韓国としては良い矛先だったのでしょう。
日本は侮辱しても大丈夫とかいうばかげた話が大いに合ったのかもしれませんね。

ようやく日本政府もこの問題に対して反論をしました。
まあ、非常に馬鹿な事をやる民族ですねとおもって遊ばせていたのでしょうが、日本人差別につながってしまってはやるしかありませんね。
外務、防衛両省がHPで「旭日旗」説明 韓国のレッテル貼りに対抗?
 外務、防衛両省は24日、それぞれのホームページ(HP)に海上自衛隊の自衛艦旗「旭日旗」を紹介するページを新設した。
 韓国では旭日旗に対し「侵略や軍国主義の象徴」との批判が根強いことから、国際社会に正しい情報を発信する必要があると判断した。
 外務省のHPでは、旭日の意匠が海自や陸上自衛隊の公式の旗として採用されていることを説明。「半世紀以上にわたり自衛艦または部隊の所在を示すものとして不可欠な役割を果たし、国際社会でも広く受け入れられている」とした。
 防衛省のHPでは、旭日旗が日本国籍を示すと同時に、組織の団結や士気向上に貢献していることなどをQ&A形式でまとめた。
 旭日旗をめぐっては、昨年10月に韓国で開かれた国際観艦式の際、韓国側が海自に掲揚自粛を要請した。海自は拒否し、艦艇の派遣を見送った。山田宏防衛政務官は24日、フェイスブックに「自衛艦旗に対し、韓国だけが『戦犯旗』などと的外れで無礼な批判を繰り返している」と書き込み、外務、防衛両省のHPを紹介した。

当たり前の行為と言えば当たり前の行為です。
自衛隊を差別する者たちに対してしっかりと反論していかなくてはなりません。
古来より使用している日本の旗、それを禁止にする資格は韓国にはありません。
誰も問題視しない事を勝手に逆恨みするのが韓国のやり口ですね。
そんな人たちに騙されてはいけません。

ましてやこの問題や火器制御用レーダー照射事件に対して韓国側が責任を負わない場合はこちらは一切の譲歩を行わない事を宣言しています。
日韓防衛相会談見送りへ
 日本政府は、シンガポールで今月下旬から開かれるアジア安全保障会議に合わせた日韓防衛相会談を見送る方向で検討に入った。立ち話形式などでの短時間の非公式接触を調整する方針。複数の日本政府関係者が28日、明らかにした。一方、中国の魏鳳和国務委員兼国防相との2国間会談を行う見通し。防衛当局間の幹部間のホットライン開設や部隊間交流について議論する予定だ。
 岩屋毅防衛相と韓国の鄭景斗国防相による会談が実現すれば、昨年12月の韓国海軍艦艇による自衛隊機への火器管制レーダー照射問題に焦点が当たるのは不可避。「環境が整っていない」(日本政府筋)との考えに傾いた。

様々な問題に対して韓国側が関係改善を持ちかけてこない現状で何を期待いているのでしょうか?
今回の件は日本には一切の非はありません。それなのに日本が譲歩することを期待している韓国関係者たち
はっきり言って馬鹿ではないでしょうか?
口先だけではなく行動で示してもらいたいものですね。

関係改善に日本に韓国の国会議員が来たらしいのですが、なんの土産もなかったそうです。
ブブ漬け喰らわされたんじゃないのかな?
日本の「韓国バッシング」が深刻 訪日の野党議員
【東京聯合ニュース】韓国国会外交統一委員会の尹相現(ユン・サンヒョン)委員長(最大野党・自由韓国党所属)は29日、東京で韓国人特派員と懇談し、自民党の渡辺美樹参院議員(参院外交防衛委員長)と会談した内容などを伝えた。
懇談会に出席した野党議員5人。中央が尹相現氏=29日、東京(聯合ニュース)
 尹氏は韓日関係の改善を模索するため、野党議員4人とともに前日から東京を訪れていた。韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じた強制徴用訴訟問題で韓日関係が過去最悪の状況にあると指摘しながら、日本の「韓国バッシング」が深刻だと述べた。
 尹氏は、日本の国会は徴用訴訟を巡り日本が要請した仲裁委員会の開催を韓国は受け入れるべきだというムードだったとし、韓国がこの要請を拒めば来月28~29日に大阪で開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせた韓日首脳会談の開催はないという話を聞いたと伝えた。
 強制徴用訴訟と関連し、日本政府は徴用被害者への賠償問題は1965年の韓日請求権協定で解決済みとの立場で、韓国大法院の判決の履行を拒んだまま、今月20日に第三国の委員を交えた仲裁委の設置を韓国政府に要請した。
 請求権協定によると、仲裁手続きの要請があれば韓日両国が1人ずつ委員を選任し、その後に双方の合意により第三国の委員1人を指名することになっている。ただ、韓国政府は日本の仲裁委設置要請に慎重な姿勢を崩していない。
 尹氏は、日本の著名なジャーナリストらに話を聞くと、徴用訴訟に関して国際司法裁判所(ICJ)の判断を受けるのが望ましいという一致した意見があったと伝えた。日本に来てみると、韓国国内で感じているよりも両国関係が悪化していることを実感したとし、「韓国政府も日本政府も、先に手を差し出して問題を解決しようという意思がない」と述べた。
 また、渡辺氏との会談について、日本側から3~4人が同席すると聞いていたが「1人で現れた」と述べ、外交の現場で日本側の「韓国バッシング」を痛感したと語った。懇談に同席した自由韓国党の兪奇濬(ユ・ギジュン)議員は、日本でこれほどの冷遇は初めてだと伝えた。

因みにこの件ですが宇都さんはこのように経緯を説明しています。
韓国の議員団が、在日韓国大使館経由で、参議院外交防衛委員会のメンバーとも懇談をしたいと連絡が数日前にあった。しかし、聞くところ外交防衛委員会の渡邊美樹委員長の事務所に直接連絡があったようで、与党筆頭理事の私からは、「正式に大使館から参議院国際部に対し要請があれば受けても良いのではないか。ただし、表面上の友好は期待しないで欲しい。出るからには厳しく辛辣な意見を言わせてもらう」と回答しておいたら、先方から渡邊美樹委員長だけに会うと回答があった、というのが事実
ようは嘘吐きがまた嘘を吐いたと言うだけの話ですね。
渡辺さん一人で対応することになっていたのでひとりでしたと言うだけの話です。
いい加減、嘘を何べんついても嘘は嘘でしかないと言う事が解らないのでしょうか?

このような嘘吐きたちに対して日本は期限を切って対応を迫ることになったようです。
「文政権はG20までに対応せよ」“反日暴走”韓国に自民外交部会が警告! 識者「日韓首脳会談はやってはならない」
 自民党は29日朝、外交部会などの合同会議を開き、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権による「反日」暴走について協議した。河野太郎外相は23日、パリでの日韓外相会談で、文政権がいわゆる「元徴用工」への異常判決を放置していることに猛抗議した。合同会議では、6月末のG20(20カ国・地域)首脳会合を期限に、文政権の対応を強く求めた。
 「韓国側は対処すべきことをせずに、逃げている。文大統領はG20に合わせた日韓首脳会談を求めているが、現時点で、こんな無責任な国と首脳会談をすることは、全くあり得ない!」
 合同会議に出席した広報副本部長の和田政宗参院議員は、こう語った。
 会議では、外務省の金杉憲治アジア大洋州局長らが、先の日韓外相会談で、河野氏が「仲裁委員会」の設置を求めたが、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相が同意せず、会談が物別れに終わったことを報告する。
 そもそも、日韓の請求権問題は、1965年の日韓請求権・経済協力協定で「完全かつ最終的に解決」している。徴用も「戦時中の国民徴用令に基づくもので。給与も支払われていた。韓国がいう『強制連行』とは違う」(自民党議員)。
 ところが、文政権は「日本の植民地支配に原因がある」などと、歴史的事実を無視した主張をしている。28日に帰国したドナルド・トランプ米大統領も韓国に懸念を示していたが、当然といえる。これでは、大阪でのG20に合わせた日韓首脳会談など無理だ。
 韓国情勢に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は「日韓首脳会談はやってはならない。万が一、応じれば、文氏は『ツートラック外交の成果』『日韓新時代だ』などと、自身の手柄のように宣伝するだろう。協定で定められた仲裁委員会も反故(ほご)にしかねない。韓国を信じてはならない」と語った。

当たり前のことです。
韓国側が改善しない以上、こちらから譲歩するのはあり得ません。
日本の経済が落ちるからと言って日本を売る行為を許せると思っているのでしょうか?
それこそ馬鹿のすることです。

自らドツボに嵌まっていく韓国、自分自身の行動で信頼を取り戻さない限り改善することはないでしょう。
いい加減、韓国も目を覚ましてほしいものです。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2019/06/05 06:00
コメント:

管理者のみに表示