fc2ブログ

全く信用ならない朝鮮人

51996416_267938420802679_826834436304666624_o.jpg
日本を見下すことしかできない朝鮮人たち、いったい何がしたいのでしょうか?
嘘偽りを主張してでも自分たちの方が上だと言う事を訴えている朝鮮人の主張
誰も相手にされていない現状が見えています。

そんな中、必死に自分たちの利権を守ろうとして道化師になっている人がいます。
安倍首相、日韓議連会長に「前向いてがんばってほしい」
 安倍晋三首相は17日、日韓議員連盟会長の額賀福志郎元財務相(自民)と首相官邸で面会し、いわゆる徴用工訴訟などで冷え込む日韓関係について意見を交わした。
 首相は「議員同士も前を向いてがんばってほしい」と述べ、議員外交を通じた関係改善の取り組みを求めた。額賀氏が面会後、記者団に明らかにした。

前向きにがんばってと総理からエールをもらったそうですね。しかし韓国の議員は過去にしがみつくつくだけの亡霊です。
日韓議員連盟の人はそのことが分からないのでしょうか?わからないのでしょうね(笑)

韓国人は自分たちが望んで働いていた仕事について誇りを持つことすらないと言う事なのでしょうね。
賠償命令の履行を 三菱重の株主総会会場訪問を推進=韓国原告ら
【光州聯合ニュース】韓国大法院(最高裁)が三菱重工業に、韓国人の強制徴用被害者や朝鮮女子勤労挺身隊員らへの賠償を命じた判決を巡り、原告側が同社を訪れる訪問団を募集していることが9日、分かった。
2月15日、三菱重工業本社を訪れた強制徴用被害者の遺族ら=(聯合ニュース)
 韓国市民団体「勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)とともにする市民の集まり」によると、訪問団は26~28日に東京を訪れ、27日に東京の三菱重工業の株主総会会場の前で賠償判決を履行するよう促す方針だ。プラカードを掲げる活動などを行うという。
 ただ、具体的な活動計画は「名古屋三菱・朝鮮女子勤労挺身隊訴訟を支援する会」など日本側の団体と議論して決める。
 韓国大法院は昨年11月、三菱重工業に賠償を命じる判決を確定させた。同社が判決を履行しておらず、韓国の大田地裁は今年3月、同社の商標権2件と特許権6件を差し押さえた。
 韓国側団体の李国彦(イ・グクオン)代表は「株主総会に出席する株主に対し、韓国裁判所の決定を早期に履行するよう訴えるための訪問」と説明した。

株主でも何でもないのになんで会社に意見できると思うのでしょうね。
反原発の人も同じようなことをしていましたが全く相手にされていませんでしたよ。
逆に朝日新聞や日テレ問題では株主が会社に対して怒鳴り込んで相当会社が譲歩しました。ようはそういう事ですね。
相手にされない人がいくらマスコミを味方にして騒いでも誰も見向きもされなくなってきているのが今の韓国を表しています。
そもそも法律を守っていない、条約を理解していないのは韓国の方です。なんでそんな奴らを相手にする必要があるのでしょうね。
もし、韓国の言い分が正しいと言う人がいれば商売に於いて約束は軽んじてでも利益を得れればよいと考えている愚か者の戯言と言われても仕方ないですし、そんな人の発言は誰も聞かないでしょうね。
約束する、約束を守ると言うのは人間関係で非常に大切なものです。

そんなことも分からずに韓国政府は無責任にも日本に金をたかろうとします。
「徴用」問題 韓国政府 条件付きで2国間協議検討の用意と発表
太平洋戦争中の「徴用」をめぐる韓国の裁判で、韓国政府は、日韓両国の企業が自主的に財源を作り、原告への慰謝料の支払いに充てる案を日本側が認めるのを条件に、日韓請求権協定に基づく2国間協議に応じることを検討する用意があると発表しました。
太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題では、韓国の最高裁判所が去年10月以降、新日鉄住金、現在の日本製鉄と三菱重工業に賠償を命じる確定判決を言い渡しました。
日本政府は、1965年の国交正常化に伴う日韓請求権・経済協力協定で解決済みだという立場で、韓国政府に抗議するとともに、ことし1月に協定に基づく2国間協議を求め、先月には次の段階に当たる第三国を交えた仲裁委員会の開催を求めました。
この問題に関連して韓国外務省は19日午後、被告の日本企業を含む日韓両国の企業が自主的に財源を作り、確定判決を受けた原告への慰謝料に充てる案を日本側が認めるのを条件に、韓国政府が協定に基づく協議の開催を検討する用意があることを明らかにしました。
韓国政府は、これについて最近、日本政府に伝えたとしています。
韓国政府が条件付きで2国間協議に応じることを検討すると発表したのは初めてですが、日本政府が求めている第三国を交えた仲裁委員会の開催については依然として応じる姿勢を示していません。

河野外相「提案受け入れられない」
河野外務大臣は、記者団に対し「韓国側の提案は、日本と韓国の関係の法的基盤となっている取り決めに違反しているという状況を是正するものにはならない。国際法違反の状況が続くことになるので、日本としては受け入れることはできないと申し上げた」と述べ、韓国政府に、提案は受け入れられないと伝えたことを明らかにしました。
そのうえで「韓国側が、この問題の解決のためにいろいろ努力してくれていることは非常にありがたいと思うが、日韓両国の法的基盤が損なわれないような対応を韓国側にしっかりしてほしい」と述べました。

原告側弁護士「韓国政府から事前連絡なし」
韓国政府の発表について、三菱重工業を訴えている原告側の弁護士は、NHKの取材に対し「今回の発表について韓国政府側から事前の連絡はなかった」と明らかにしました。
韓国のムン・ジェイン(文在寅)政権は、先のパク・クネ(朴槿恵)政権による、慰安婦問題をめぐる2015年の日本との合意について、「被害者中心のアプローチが欠けていた」と批判し、政府間の合意で設立された「和解・癒やし財団」を解散すると発表しています。
このため今回、原告側との協議をせずに、韓国政府が対応策を日本に提案したことから、整合性がないとして韓国国内でも反発が出る可能性もあります。

原告側 遺憾の一方「肯定的に検討できる」
原告側弁護士や支援団体は「歴史的事実の認定や謝罪に関する内容がない」として遺憾の意を示しました。
原告側は、日韓両国の企業がつくる財源から確定判決を受けた原告に慰謝料を支払う、とする韓国政府の発表内容について、事前に原告側と協議し公式に意見を聞き取る必要があったとしています。
慰謝料の支払いの対象が確定判決を受けた原告に限られている点についても「被害者の声を全く反映していない」として、批判しています。
その一方で原告側は、確定判決を受けていない人たちの対応についても検討するのであれば、韓国政府の発表内容を「肯定的に検討できる」としています。
さらに「両国政府が問題解決のために積極的に協議することを希望する」として、今後の日韓協議につながることに期待を示しました。

韓国政府の発表は門前払いとなりました。と言うよりも誰とも事前打ち合わせもせずに私の理想はこうだ!と言っても誰も聞く耳を持ちません。
日本は韓国政府が決められた規律によって話し合いを行うようにと求めているのです。
ようは民主主義で必要不可欠な規則を守れと言っているにすぎません。

そんな日本に対して無責任な韓国政府は解決するにあたり日本が動けと馬鹿げたことを抜かします。
強制徴用問題 「慎重に知恵を集めるよう希望」=韓国外交部
【ソウル聯合ニュース】韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じた強制徴用訴訟問題を巡り、被害者への慰謝料支払いに関する韓国政府の提案を日本が拒否したことについて、外交部が日本側に「慎重に知恵を集めるよう希望する」との立場を示した。
 同部の金仁チョル(キム・インチョル)報道官は20日の定例会見で、「政府は大法院の判決を尊重するという基本的な立場の下、被害者の苦痛と(心の)傷の実質的な治癒、そして未来志向的な韓日関係構築の必要性などを考慮し、この事案を慎重に扱っている」とした上で、「日本側が被害者の苦痛と傷の治癒、韓日関係の発展に向けて慎重に知恵を集めていくことを期待し、希望する」と述べた。
 韓国政府は前日、韓日の企業による自発的な拠出金で財源を確保し、大法院の確定判決を受けた被害者に慰謝料を支払う案を日本に提案したと発表したが、日本側は提案を拒否した。
 金氏は政府の提案内容について「民事訴訟に対し政府が直接関与することは不可能だ。日本企業が裁判の結果に伴う協議に応じていない状況の中で、当事者間の和解の道を提示する内容が盛り込まれている。細かい内容は当事者の協議の過程で具体化することができるようにしている」と説明した。
 「日本側が正式に立場を表明してきたか」との質問には、「日本側が公に立場を発表したと承知している」と答え、この発表を日本側の公式の立場として受け止めていることを示唆した。
 日本メディアによると、菅義偉官房長官は20日の記者会見で韓国政府の提案について、全く受け入れられないと述べた。

馬鹿なんでしょうね。条約を守っていないのは韓国政府の方であり、韓国が作り出した内政問題でもあります。
日韓基本条約などで終わった話を蒸し返そうとしても誰もそんなのに聞く耳を持つわけありません。
国際常識を知らないのでしょうか?相手にしてほしい一心なのでしょうか?

無責任な韓国政府、国と国との条約で終わったことを終わっていないと蒸し返しただけの愚か者
誰も聞く耳持たないのは当たり前の話です。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2019/06/23 06:00
コメント:

管理者のみに表示