左翼に乗っ取られたNHK

NHKが遺憾なく左翼ぶりを発揮しています。去る3月8日の衆院予算委員会に於ける中山成彬氏の発言は、正に正論ばかりであり、草の根保守の我々の思いを代弁してくれました。GDP構成項目毎に日本経済離陸への提言など当を得ていました。安倍首相が経団連に賃金アップの要請をしたのを捉えて、チャイナリスクからシナ進出企業の国内回帰の要請をしたらどうかなどの提案は素晴らしいです。
朝の碑

いじめの問題では、日本の留学生が海外でシナ人・韓国人から難癖をつけられていることに視点を向けて、日本人留学生がまともに反論できないのは、祖国の歴史・文化・伝統を知らない自虐教育の結果と断罪、朴大統領が相も変わらず「歴史を直視して・・」と言うが、直視すれば、戦前の台湾・朝鮮統治は、欧米の搾取植民地統治とは180度違うことを資料に基づき事実で証明しました。

秀逸なのは、日本は自存自衛の戦争をしたのだというマッカーサー証言が、多分初めて国会の場に登場したことでしょう。東京都は副読本でマッカーサー証言を取り上げましたが、その副読本を全国の学校に配布したらどうかと政府に提案しました。このマッカーサー証言は、マスコミは戦後一貫して無視してきました。しかしこれほど重要な証言はない。今回もマスコミは無視ですが、国会に登場するようになったという事実は、歴史的に十分意味あることでしょう。

しかしNHKから見ると、よほど都合が悪いようです。アクセスが数十万と殺到している中で、国会中継の映像を著作権を理由に削除してしまいました。中山氏の前に行われた辻元清美の質問はそのままですから、NHKの削除の意図は明白であると言うべきです。

つい先日の3月31日には、クローズアップ現代のエネルギー問題に関する番組で、出演依頼をした専門家が、事前打ち合わせで原発再稼働を容認する発言をしたため、意見を変えるよう求めた上、最終的に出演中止としました。公共放送のNHKが不偏不党を放棄し、左翼の「反原発」に与していることが露見しました。

3月27日、警視庁立川署は、女性宅に侵入し乱暴して現金を奪ったとして、韓国籍の会社員金用将容疑者を逮捕ししました。さすがの朝日を含めたほとんどのマスコミが本名で報道しましたが、NHKのみが通名の金岡隆史で報道しました。著しく韓国に阿っているのです。
2626bfe3.png

NHKの偏向・捏造・虚偽報道としては、「『JAPANデビュー』一万人集団訴訟」が継続中です。

などなど、果たしてNHKは、我が日本国の公共放送と言えるのか、怪しげな実態があります。

なぜそうなのか、深田匠氏著『日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略』(高木書房、2004年)によれば、「NHKには内部に22の共産党支部があり、昭和63年の調査では東京都下だけでも、98名以上のキャスター、アナウンサー、ディレクター等が共産党員であることが確認されている。」とのことです。そうだとすると、「公共放送?そんなの糞食らえ」の如きNHKの確信犯的挙動の所以が分かるというものです。国民はNHKや朝日をはじめとしたマスメディアの内部に於ける下記に示すような実態を是非知って欲しいものです。なお既知の情報でしたらお許しを。

深田匠氏は作家・国際政治学者で、日本会議運営委員などを行っており、田母神俊雄・荒木和博・小田村四郎氏らとも親交があるとのことです(Wikipedia)。

同著では「日本のメディアと共産党員の数」として、次のように紹介しているとのことです。

『わたしはある情報機関筋から平成11年の統計を入手しているが、主要全国紙社内でも共産党員数として判明した人数は、第一位が朝日で212名、二位が毎日で151名、三位が日経で131名、四位が読売で11名、最下位が産経で2名であった。

この順位を見ると一目瞭然なのだが、反米プロパガンダや中朝賛美、防衛アレルギーや自虐史観を喧伝する左翼傾向の度合いと、共産党員数の多さの順位はピッタリと重なっている。

なおこの統計人数は明らかに判明した分だけであり、朝日と毎日については実数はその何倍にもなるとのことであるが、要するに朝日や毎日なんかは共産党員がつくっている新聞であり、「赤旗」と何ら変わりないというのが実状である。

従ってマルクス主義者でない普通の日本人が読む新聞としては、この共産党員数の下位の二紙、つまり読売か産経を読まない限り、偏向したイデオロギーを毎日毎日頭にインプリンティングされることになってしまうのだ。

NHKには内部に22の共産党支部があり、昭和63年の調査では東京都下だけでも、98名以上のキャスター、アナウンサー、ディレクター等が共産党員であることが確認されている。この共産党員数は、テレビ朝日やTBSと並んでテレビ業界の上位3位に入るものである。

つまりNHKが反日左翼史観プロパガンダ番組を放送し続けるのも、共産党の指示に沿ってのことなのだ。自由主義国で公共放送を共産主義勢力に支配されているのは、日本と韓国、この2カ国だけである。』

情報源:
・近野滋之・民族主義者の警鐘 (http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html)
・正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
  (http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4735.html)
以上
(うまし太郎)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2013/04/02 21:46
コメント:

管理者のみに表示