FC2ブログ

いつもながら約束を守らない韓国政府

67420536_466563764137567_7167632360630910976_n.jpg
様々な嘘を話しては日本を貶める韓国政府
そして合意した約束を平気で破棄するその姿はもはや国家としての信用を失っています。
そんな韓国政府、何を言おうが誰にも相手にされていませんね。
そうなったのは韓国政府、韓国人の自業自得なのでしょう。

さて、あまり芳しくない韓国の経済ですが、いろいろと問題が噴出してきました。
ポスコ光陽製鉄所、停電で高炉4基停止…最少400億ウォンの損害
ポスコ光陽(クァンヤン)製鉄所で停電の余波により高炉5基がすべて止まる事故が発生した。稼動中断が長期化すれば最小400億ウォン(約37億円)、最悪の場合には数千億ウォンの損害が発生する恐れがあるとの観測が出ている。
1日午前9時11分に光陽製鉄所内の変電所で遮断機修理作業中に停電が発生しコークス工場が止まった。工場の煙突からは一時黒煙と火花が吹き上がった。ポスコ関係者は「非常時残留ガス燃焼過程で出た煙。火災や爆発、人命被害はなかった」と話した。
コークス工場は高炉に投じる原料を加工する。粉末や塊の石炭を蒸すように加工するもので、この過程で有害ガスが出る。コークス工場への電力供給が中断すれば有害ガス排出施設も一緒に止まる。黒煙は停電にともなう非常措置次元から安全バルブを全部開いて有害ガスを燃焼したために出たものというのがポスコの説明だ。ポスコは緊急復旧作業を通じ事故発生33分後の同日午前9時44分に電力を復旧した。
停電の余波で高炉の送風機が止まりさらに大きな問題が生じた。製鉄所の高炉は送風機が送った熱風で銑鉄を溶かすが、送風機が止まったために稼動も中断された。1日午後現在第4高炉は整備を終え正常稼働中だが残り4基は止まっている。ポスコは「2日夕方までにすべての高炉を正常稼働するだろう」と明らかにした。

停電となると鉄工所は稼働できなくなります。太陽光などの不安定電源では賄いきれません。
それが判っているのでしょうか?原子力発電所の早期再開が期待されます。
いい加減に基準をクリアした原発は活動再開させましょう。
何時までも燃料を海外に頼っていて、老朽化している火力発電所に頼るのはやめましょう。
電気は全然足りていないのです。

そのほかにも飼い犬に手をかまれたようですね。
労働者の味方と言われていた文大統領、労働組合からも嫌われたようです。
韓国有力労組 文政権との全面闘争宣言=「労働弾圧粉砕」掲げストへ
【ソウル聯合ニュース】韓国労働組合の全国組織、全国民主労働組合総連盟(民主労総)は24日、青瓦台(大統領府)前で記者会見を開き、金明煥(キム・ミョンファン)委員長の逮捕を批判した上で、全面的な闘争に入ると宣言した。来月18日に「文在寅(ムン・ジェイン)政権の労働弾圧粉砕」を掲げる全面ストライキを実施する。
青瓦台前で会見する民主労総関係者ら=24日、ソウル(聯合ニュース)
 金氏は国会前での集会で警察を暴行するなどの違法行為を計画、主導した容疑で、21日に逮捕された。
 民主労総は記者会見で、金氏の逮捕を「文在寅政権の宣戦布告」と見なし、「文政権はスローガンでしか存在していなかった『労働尊重』を放棄し、『財閥尊重』と『労働弾圧』を宣言した」と批判。「全面的かつ大々的な闘争を並々ならぬ決意で組織する」と表明した。
 ストに先立ち、今月26日に蔚山で全国労働者大会、27日に最低賃金1万ウォン(約927円)への引き上げと労働弾圧粉砕を訴える決起大会、28日に全国の単位事業場代表者による決起大会を開く計画だ。
 一方、民主労総は最低賃金委員会を含め、政府の53の委員会(2018年11月時点)に参加している。これらの委員会を欠席するかどうかは、今後議論して決める。

最低賃金一万ウォンへ引き上げを行おうとしても他が上がっていないようでは付いて行きません。
その結果、失業率が上がってしまっている現状を考えないのでしょうか?
社会基盤と一緒に上げていくことが求められているのに急にあげられては対応できません。
若者の失業率が10%になっている事を忘れてはなりませんね。

日本からは日韓で合意した問題である慰安婦の問題、韓国政府が慰安婦を支援するために設立した財団を一方的に解散させたことに対する糾弾が来ています。
西村副長官「合意は責任持って実施されるべき」 韓国財団解散 会見要旨
 西村康稔官房副長官は5日の記者会見で、慰安婦問題をめぐる日韓合意に基づき設立された「和解・癒やし財団」が解散したことに関し、「到底、受け入れられない」と韓国側の対応を批判した。会見の要旨は以下の通り。
 --財団の解散について受け止めを
 「これまでも繰り返し述べてきたが、韓国政府による財団解散の方針は、日韓合意に照らして、極めて問題だ。文在寅大統領も安倍晋三首相との会談で、解散しないと明言してきた。日本として到底、受け入れられない」
 「今回、改めて韓国側にはわが国の問題意識について、強く申し入れをしたところだ。なお、韓国側からは、財団の解散手続きが完了したわけではないとの説明を受けている。わが国として引き続き、韓国側に日韓合意の着実な実施を強く求めていく考えに変わりはない」
 「日韓合意は外相間で協議を行い、直後に首脳間でも確認をして、韓国政府としての確約を取りつけたものだ。たとえ政権が変わったとしても、責任を持って実施されなければならないと考えている」
 「この合意は国際社会からも高く評価されたものだ。合意の着実な実施は、わが国はもとより、国際社会に対する責務でもある。引き続き、韓国側には合意の着実な実施を強く求めていきたい」
 --申し入れはいつ行ったのか
 「5日の朝、外務省の金杉憲治アジア大洋州局長から在京の韓国大使館の公使に、それからソウルの日本大使館の公使から韓国外務省の審議官に申し入れを行った」
 --抗議ではなく、申し入れなのか
 「着実な実施を強く求め、申し入れをしているところだ」
 --その際の韓国側の「財団解散が完了したわけではない」という回答はどういう意味か
 「今般、登記を行ったようだが、その登記によって財団の解散手続きが完了したわけではないという説明を受けている」

日本との合意を簡単に覆してくる韓国、この合意を結んだときこの時が来ることは判っていましたが、あまりにも早すぎると思いませんか?
と言うよりも何のリスク管理も行わずにこのような暴挙に出る韓国政府はおかしい人たちとしか言えませんね。
約束というのは時には命より重たいものです。

出稼ぎ労働者訴訟についても期限切れとなっています。
「徴用」仲裁委員会 きょう最終期限 韓国は応じない見通し
太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題で、18日が日本が求める仲裁委員会の開催に必要な手続きの最終期限です。しかし、韓国は開催には応じない見通しで、日本は問題解決の対応策を示すよう重ねて求める一方、対抗措置の実施や国際司法裁判所への提訴も検討する構えです。
太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題で、日本政府は韓国政府が日韓請求権協定に基づく協議に応じなかったため、ことし5月にまず、両国がそれぞれ任命する委員による仲裁委員会を開催するよう要請しました。
しかし、韓国側が委員を任命しなかったため、日本側は先月19日に第三国が指名する委員による仲裁委員会の開催を求めました。
そして、18日がこの第三国を両国がそれぞれ選定する手続きの最終期限になっていますが、韓国大統領府の高官は応じない考えを示しています。
一方、西村官房副長官は17日「国際法違反の状態の是正を含む適正な処置を早急にとるとともに、協定上の義務である仲裁に応じるよう強く求めていく立場に変わりはない」と述べました。
日本政府は韓国側が応じないまま期限を過ぎた場合には、問題解決に向けた対応策を示すよう重ねて求める一方、対抗措置の実施や国際司法裁判所への提訴も検討する構えです。
日韓関係は今月から韓国に対する半導体の原材料などの輸出規制を日本が厳しくしたことをめぐっても悪化していて、両国の対立は長期化することも予想されます。

韓国ムン大統領 与野党代表と会談へ
太平洋戦争中の「徴用」をめぐる韓国の裁判では、原告側が差し押さえていた日本企業の資産を売却して現金化する裁判所への手続きを始め、完了すれば日本企業に実質的な損害が生じることになります。
このため、日本政府は韓国政府に対し、日韓請求権協定に基づく第三国を交えた仲裁委員会の開催を求めています。
ただ、韓国外務省関係者は協定を結んだ当時の資料や専門家の意見なども踏まえて、仲裁委員会の開催に応じる義務はないとの考えを示し、手続きには応じない見通しです。
また、韓国政府は日本政府が輸出規制を厳しくしたことについて、韓国の制度を不当にべっ視していると抗議するなど、日韓関係はさらに冷え込むとみられます。
こうした中、ムン・ジェイン(文在寅)大統領は18日夕方、大統領府で与野党の代表5人と会談し、日本の措置などについて意見を交わすものとみられます。
この会談について、韓国メディアは「超党派で対応策を議論し、何らかの合意文を発表することになる」との関係者の見方を伝えています。

さて、約束したことを反故にしても問題ないとする弁護士がいるのが信じられませんね。
そんないい加減なことで良いのでしょうか?
そんなことばかりやっていると信用を無くすことを忘れてはなりません。
お金がなんでもできると思うのは勝手ですが、そんな低俗な考えが通じるとでも思っているのでしょうか?
いい加減にしてもらいましょう。

唯一、味方になっていた日本との約束を反故して何がやりたいのかはわかりませんが、このまま滅亡してしまうのでしょうか?
日本は二度と助けることはありませんね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



教育 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2019/07/21 06:00
コメント:

管理者のみに表示