fc2ブログ

雑音に惑わされずに粛々と進めていきましょう

青森県護国神社⑤
こちら平和の社である青森縣護国神社です。
冬に参拝した時の写真ですね。雪の中お祭りが執り行われていましたが、平和の社である護国神社は平穏そのものです。
この社は日本の為に戦われた英霊の皆様へ慰霊と顕彰を奉げるために建てられた社です。
戦争の為に建てられたものではなく、平和に感謝する為に建立されているのです。

さて、話を現実に戻しますが、例の斜め上の国は日本を恫喝してでもホワイト国になりたいようです。
むしろ、そんな国を信用する人はいないと思うのですが、感覚が違うのでしょうね。
韓国首相「予期せぬ事態も」日本に警告 輸出規制で
日本政府が、輸出管理の優遇措置の対象国から韓国を除外する方針を示す中、韓国のイ・ナギョン(李洛淵)首相は「状況をさらに悪化させれば、予期せぬ事態につながるおそれもある」と警告し、日本に対して協議に応じるよう改めて求めました。
日本政府は、半導体の原材料など3つの品目について韓国向けの輸出管理を厳しくしたことに加えて、輸出管理を簡略化する優遇措置の対象国から、早ければ来月中にも韓国を除外する見通しです。
韓国のイ首相は25日、政府の会議で「もし日本が状況をさらに悪化させれば、予期せぬ事態につながるおそれもある」と警告し、日本に対して協議に応じるよう改めて求めました。
日本の韓国に対する貿易管理をめぐっては、日本時間の24日、WTO=世界貿易機関の一般理事会で議論されましたが、両国の主張は大きく食い違い、改めて対立が浮き彫りになりました。
さらに韓国では25日、世界有数のシェアを誇る半導体メーカー、SKハイニックスの先月までの3か月間の決算が発表され、本業のもうけを示す営業利益が前の年の同じ時期と比べて89%減少したことが明らかになるなど、経済の先行きへの懸念が広がっています。
イ首相としては、早期の状況打開を目指して改めて日本に対応を求めたとみられます。

輸出管理の徹底、輸入した物資の履歴管理が出来ているか否かを確認できないのであれば優遇処置を外す以外手はありません。
そもそも信用できるという前提で優遇していたのですから信用がなくなる=優遇を外すのは当然のこと、日本を恫喝しても意味はないのです。

安倍総理は韓国が出すものを出してこない限り会談は行わない姿勢のようです。
日韓首脳会談当面見送りへ 徴用工訴訟で建設的な対応ない限り
 悪化する日韓関係をめぐり、政府は、いわゆる徴用工訴訟問題などで韓国側が建設的な対応を見せない限り、当面文在寅(ムン・ジェイン)大統領との日韓首脳会談には応じない方針だ。日韓請求権協定に違反する事態を一方的に作り出した韓国側の変化を待つ意向で、9月の国連総会などに文氏が出席した場合でも、現状のままなら直接対話の場を設けない。安倍晋三首相は「ボールは韓国側にある」として責任ある対応を求める姿勢を貫く。
 「国交正常化以来、最悪に近いんじゃないか」
 首相に近い官邸関係者は、出口の見えない今の日韓関係をこう語る。
 政府は、半導体材料の対韓輸出管理の厳格化に加え、8月2日にも、貿易上の優遇措置を適用する「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定する。一方、韓国側は、日本側の対応を徴用工訴訟への経済報復と批判。日本を世界貿易機関(WTO)に提訴する準備を進めている。
 しかし、韓国側は肝心の徴用工問題について、協定に基づく仲裁委員会の設置要求に応じず、事態を収拾させる動きをみせない。

まったく日本からの要請に応じない韓国、自分たちの理論だけが通じると勘違いしている韓国、韓国がこのようになったのは日本が甘やかしたからと言う人が多いですね。
実際、韓国が先進国入りで来たのは日本が隣にあるからと言われております。

そんな韓国の言い分をs優遇を要する日韓議員連盟、韓国のおかしさが世間一般に広がっている現状を鑑みると合うだけ無駄でしょうね。
日韓議員が東京で会談へ 輸出管理や「徴用」で意見交換
日韓関係が悪化する中、韓国の議員団が、来週、東京を訪れ、日韓議員連盟のメンバーと会談することになりました。日本が韓国に行った輸出管理の厳格化や、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題について意見を交わすことにしています。
日本を訪れるのは、韓日議員連盟のカン・チャンイル(姜昌一)会長ら超党派の議員団で、来週31日に東京都内で、日韓議員連盟の会長を務める自民党の額賀元財務大臣らと会談します。
韓国側は、日本政府が韓国に対して半導体の原材料などの輸出管理を厳しくした措置について、撤回するよう求めるものとみられます。
これに対し額賀氏らは、「輸出管理の厳格化はあくまで、国内の運用の見直しであり、太平洋戦争中の『徴用』をめぐる問題の対抗措置ではない」などと説明することにしています。
また「徴用」をめぐる問題については、日韓両国の企業が自主的に財源をつくり、裁判の原告への慰謝料に充てるとした韓国政府の案は受け入れられないとして、適切な対応を求める考えです。

そもそも太平洋戦争ではなく大東亜戦争なんですけどわかっていませんね。
歴史の改竄は止めてもらいたいものです。で、韓国側は話し合いをするだけで輸出管理に必要なリストを出してくるのでしょうか?
手ぶらで来ても誰も相手にしませんよ。日本側の議員も此処で韓国側に付くと国民からそっぽ向かれますから何もできないのではないでしょうか?
誰にも相手にされていない韓国、いい加減に自分たちの立場が見えないのでしょうか?

日本国内の輸出管理の徹底を行っているのになぜか韓国の国会でそれの撤回を決議するという異常事態が起きています。
韓国国会 来月1日 日本政府に措置撤回を求める決議へ
韓国の与野党は来月1日に本会議を開き、韓国への輸出管理を強化した日本政府に対し措置の撤回を求める決議を採決することで合意しました。
韓国の与野党3党は29日の会合で協議した結果、来月1日に本会議を開いて、日本政府に対し韓国への輸出管理を強化した措置を撤回するよう求める決議を採決することで合意したと発表しました。
また本会議では日本政府による措置で影響を受ける韓国企業を支援するため、追加の補正予算案も決議したいとしています。
さらに先週23日に島根県の竹島付近の空域で韓国軍機が「領空を侵犯した」としてロシア軍機に警告射撃を実施したことをめぐり日本政府がこれに抗議したことを受けて、日ロ両国に対し遺憾の意を表明する決議も採決するということです。
韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は今月18日、与野党の党首と会談して超党派の協力を呼びかけ、日本政府に措置の撤回を求めるとともに韓国経済への影響を最小限に食い止めるために取り組むことで一致していました。

また訳の分からない事をしていますね。
出すもん出して審査を受けるだけの話です。優遇されるのが当たり前と思っているほうがおかしいのではないしょうか?
日本が求めている事は一貫しています。
しかし、韓国は右往左往して様々な話を持ってきてはダメだしされているのです。
正式な書類を出せない=不正を行っていたと言う事でしょうね。
だから普通の管理を受けると一切物資が手に入らないと言う事が判っていると言う事でしょう。

日本は粛々とやるべきことを一歩ずつやっているだけに過ぎません。
世耕経産相 輸出管理 韓国の優遇除外へ手続き進める
輸出管理をめぐり韓国を優遇対象国から除外する措置について、世耕経済産業大臣は必要な政令の改正に向けて手続きを進めていく考えを示しました。
政府は輸出管理を簡略化する優遇措置の対象国から韓国を除外する方針で、来月上旬にも必要な政令の改正を閣議で決める方向で調整しています。
これについて世耕経済産業大臣は29日の閣議のあとの記者会見で「輸出管理を適切に実施するうえで必要な運用の見直しであり、粛々と作業を進めたい。そんなに時間がかからないと思う」と手続きを進めていく考えを示しました。
また日本や韓国などが交渉に参加するRCEP(あーるせっぷ)=東アジア地域包括的経済連携の閣僚会合が来月3日に中国で開催され世耕大臣も参加を予定しています。
これについて世耕大臣は「全くRCEPと輸出管理の問題は関係ない」と述べ、RCEPの場では韓国側とは輸出管理をめぐって会談などは行わない予定で、参加各国が目標とする年内の妥結に向けて交渉に集中する考えを示しました。

約束を守れない国韓国
そんな国を相手にしても仕方ないと言う事ですね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



自民党 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2019/08/02 06:00
コメント:
今日はアメリカからの独立記念日&朝鮮との離婚記念日です。
 今日はとても素晴らしい一日でした。一昨日のロイターの米国仲裁案提示のフェイクニュースには一瞬ドキッとしましたが日本語版はフェイクが多いとのことですぐさまニュースが削除され安心しました。
 特別扱いから普通の国扱いになるというのに韓国の興奮ぶりというか錯乱振りは二度と韓国とはホワイト認定がないばかりか友好国になることはありえない行動をしています。
 パブコメント40666件、賛成90%、反対1%の結果はようやくネットパワーが政治の上でも威力を発揮できるようになったと思います。
 今日は家内に夕食を馳走しました。前回の参院選で和田政宗氏に投票するよう買収工作していた御礼でした。
 サイレントマジョリテイが行動するようになった時、日本の改革が進むのだと思います。匍匐前進ですね。
 

管理者のみに表示