fc2ブログ

人が大切にしているものを罵倒して自由という人間の屑

o1080080914520659155.jpg
芸術と言って他人を罵倒しても許されると思っている倫理観のかけらもない人々がいます。
そしてその人たちは自分で稼いだお金ではなく罵倒する人々のお金を使ってそれを行うのです。
芸術作品を、絵を描く場合、そのキャンパスは自分で用意するのが義務です。他人に用意してもらうと言う事は芸術とは呼びません。
只のプロパガンダです。用意した人の思想にその芸術が振り回されるのです。
芸術家は最低限の倫理観を持たなければ批判されて当然です。
過去に様々な権力者への批判を書いた芸術家がたくさんいました。
しかし、権力者ではなく国民、弱いものが大切にしているものを罵倒した芸術家はそんなにいません。
なのにそれを行う人間の屑がこの日本や朝鮮にはいるのです。
我が国が大切にしてきたものを罵倒して芸術という屑、商店街のシャッターに芸術と言って落書きする餓鬼とやること変わりませんね。
批判をするなら自分で用意しろ、用意できないのであれば表現する資格なし!
自分たちが批判をするなら批判される覚悟を持て、一方的に攻撃できると思うな!
この最低限のことすらわかっていない芸術家という人間の屑
だから左翼は嫌われるのです。

さて、今回愛知県の後援で行われた日本バッシングの芸術祭
自分たちが行っている展示物に対して嘘を吐いてまで否定した実行委員達
このように正々堂々と言えないところもねじ曲がっている証拠でしょうね。
昭和天皇の写真燃やしたと疑われる 「あいち-」芸術祭側が反論 慰安婦像展示も否定
 1日に名古屋市などで開幕した国内最大規模の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、昭和天皇の写真を燃やしたかのような映像や、慰安婦像が展示されているとの指摘がネット上などに流れ、国会議員や地方首長らが事実確認を行うと反応している。
 同芸術祭の広報担当者は取材に、2点の展示物とも、指摘されているようなテーマの作品ではないと説明した。
 「昭和天皇の写真」と疑われている作品については「ご覧になった方がそのように感じられたのかもしれません」としたうえで、昭和天皇をモチーフやテーマにした作品ではなく、制作過程においても昭和天皇の写真を燃やすなどした事実はないと説明した。
 また「慰安婦像」ではないかと指摘されている作品についても、テーマが違うとし、名称も「平和の少女」であるとした。

で、実際の映像では昭和天皇が燃やされていました。
平和の像とか言っているのは慰安婦像でした。
何故嘘を吐くのでしょうか?正々堂々と反日展示会と最初から言えばいい話です。嘘を吐いて展示してしれっと情報戦に乗せようとしているから批判されるのです。堂々たるところのない朝鮮人気質が影響しているのでしょうか?
あまりにも人間としておかしな人々です。
そもそも表現したいものが別なものと解釈されること自体芸術作品として失格と言わざるえません。
そんなもの芸術ではなく只のゴミです。
いくら美味しいご飯を作った気になっていても他の人が美味しくないと感じればそれは失敗作であり、店を開いているのであればその店は倒産するしかありません。いくら美味しいと自画自賛しても意味がなく、ただの自己満足なのです。
天皇陛下への侮辱行為

そんなことに対しても謝罪をしない監督、此奴は反日パヨクとして有名であり様々な活動に対して暴力的な圧力などを掛けて中止に追い込んできた人間たちの一部です。
彼はあんな侮辱的な展示物を展示して観客が怒っているのに、国民が怒っているのに身内にしか謝罪しないダメ人間です。
抗議殺到…津田大介監督、涙の説明 従軍慰安婦像に似た平和の少女像展示「あいちトリエンナーレ」
 「表現の不自由展」そのものが表現の不自由さにぶち当たっている。愛知芸術文化センター(名古屋市)などで1日~10月14日、開かれている国際美術展「あいちトリエンナーレ」をめぐり、主催者に抗議の電話が殺到し、2日、名古屋市内で会見した津田大介芸術監督は対象となる作品の展示継続の是非を検討していると明らかにした。表現の自由を問う趣旨が、慰安婦問題と誤認されSNSで拡散されていることが背景にある。
 一番の抗議の対象は韓国の彫刻家による慰安婦像を表現した「平和の少女像」。1日、実行委員会事務局にかかった電話は200件、メールは500件。テロ予告や脅迫めいた抗議もあるという。
 2015年、東京で開かれた「表現の不自由展」の「その後」がテーマ。津田監督は「作品が撤去された事実を提示し、問いたい。相応な理由がある作品を集めるむちゃな企画。15年以降も展示できないことが相次いでおり、何十時間も議論して実現にこぎつけた」。菅官房長官が補助金交付の是非に言及し、河村たかし名古屋市長が展示中止を求めている。「話題になるのはこのような形でなければよかった」。
 津田監督らが議論を重ねたことは、丁寧な説明板に表れている。「過去に何かしらの理由で展示ができなくなってしまった作品です」。表現の自由は「無制限に認められるわけではなく、他者の人権を損なう場合は調整が行われます」。津田監督は「どこに(調整の)ラインが引けるのか個人の判断が分かれる。実物を見た人の反応は驚くほどいい」と訴える。「|少女像」の説明には「正式名称『平和の碑』。『慰安婦像』ではない」とある。
 トリエンナーレのテーマは「情の時代」。津田監督は今の状況を「情報で感情があおられている」。作品を見ずに感情がひとり歩きする現況を嘆く。「僕への抗議はいいが、仲間への抗議を(なくなるよう)なんとか好転さたい」。目に涙をためて訴えた。

で、結局二千件以上の講義の声に来館者からの怒りの声に反抗できずに韓国のテレビ局に映像を渡せたと言う事でわずか3日で撤去されることになりました。
わざとなのでしょうね。このような展示物を二度と出来ない様な仕組みを作る必要がありますし、このような団体が行政に参加できない様にしていかなくてはなりません。
同じ表現の自由であれば姫路市で行われる予定であった自衛隊の展示などに反対する人々との対比で報道していただきたいものですね。
方や共産党メンバー10名で展示が取りやめとなった自衛隊と二千件以上の講義の声に現地での来館者による抗議騒動、どちらが重いか考えていただきたいものです。

河村市長の様な善意を持つ人間はこのような反日プロパガンダを行った人々に対して謝罪を求めています。
名古屋市長、関係者に謝罪要求 天皇陛下の御尊顔を焼く展示物や少女像展示で
国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」での「平和の少女像」などの展示中止を受け、中止を求めていた実行委員会会長代行の名古屋市の河村たかし市長は3日、「やめれば済む問題ではない」と述べ、展示を決めた関係者に謝罪を求めた。市内で記者団の取材に応じた。
 河村氏は芸術祭が、名古屋市も経費を負担し文化庁も関与する公的な催しだと指摘。慰安婦を象徴する少女像の展示は「『数十万人も強制的に収容した』という韓国側の主張を認めたことになる。日本の主張とは明らかに違う」と話した。
 河村市長は2日、展示中止を求める抗議文を大村秀章愛知県知事に出した。

なんか勘違いしている人がいるようですが、天皇陛下を侮辱することは日本を侮辱する事と何ら変わりがありません。
憲法一条にはなんて書いてありますか?天皇陛下の事が書かれてあります。それを侮辱すると言う行為は何なのか想像すらできないのでしょうか?
あきれた芸術家ですね。このような反日活動家が公共物に関われない様な仕組みが必要なのではないでしょうか?
いい加減、このような反日勢力を追いやらないといけません。
これがきっかけになればと思います。日本国国民の怒りの声を伝えていきましょう。

大村知事や津田の展示物撤去に対して反日左翼界隈は抗議の声を出しました。
まさに表現の不自由…「暴力で封殺するな」現地で抗議も
 愛知県で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」(津田大介芸術監督)の実行委員会が企画展「表現の不自由展・その後」を中止したことを受け、企画展会場となっていた愛知芸術文化センター(名古屋市東区)前などでは4日、中止に反対する抗議活動が相次いだ。
 企画展は1日に始まり、慰安婦を表現した少女像や、昭和天皇を含む肖像群が燃える映像作品など各地の美術展で撤去されるなどした二十数点を展示していた。芸術祭の実行委会長を務める大村秀章愛知県知事は3日、テロ予告や脅迫も含め、抗議の電話やファクスが相次いだため、中止すると発表した。
 企画展の展示室は可動壁で閉ざされた。4日午前10時の開館直後から壁を撮影する来場者がおり、「まさに表現の不自由だな」とつぶやく人もいた。午前11時すぎには、愛知県江南市の会社員の男性(38)が展示室近くで「#表現の不自由展の再開を求めます」などと書かれた紙を掲げた。
 午後2時からは会場の玄関付近で抗議集会が始まった。ネットでの呼びかけもあり、全国各地から集まった約30人が「見たかったのに!! 暴力で『表現の自由』を封殺するな!!」との横断幕を掲げ、「表現の自由を守ろう」と声をあげた。
 午後5時には、名古屋・栄に約200人が集まり、少女像などの展示中止を求めた河村たかし名古屋市長への抗議集会を開催。民主政治の実現を訴え、街頭活動を続けてきた市民団体「Antifa758(アンティファナゴヤ)」がツイッターで呼びかけた。
 中心メンバーの林晃佑さん(34)=名古屋市=はマイクを握り、「最も批判されるべきは企画展に脅迫めいた抗議を続けた人々だ。河村市長ら政治家の行動が、抗議をあおる要因になった」と訴えた。河村市長はこの間、芸術祭の実行委事務局への抗議電話などについて「表現の自由であり、国民の皆さんは思ったことを堂々と言えばいい」などと持論を語ってきた。

表現の自由はいい事です。でも責任や費用は自分で持て!と言うだけの話です。
行政を使って反日活動を行う事はおかしいと感じないのでしょうか?おかしいでしょうに
人からものを借りてそのものを使って貸してくれた人を罵倒する、こんなことが許されていいとでも思っているのでしょうか?
はっきり言って人間の屑でしかありません。

権利権利とうるさい人間たち、自由を謳歌する事は良いのですが、義務と責任を忘れてはいけません。
それを忘れた人間は人間の屑と呼ばれてふさわしいと思います。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2019/08/10 06:00
コメント:

管理者のみに表示