fc2ブログ

責任感が全くない反日左翼の言動

67966308_511138816289960_5440194495545081856_o.jpg
天皇陛下の御真影を燃やすことは日本を燃やすことと同じ事、それを平気で日本の税金を使って宣伝する反日活動家たち
そして自分たちが批判されるとヘイトだなんだと言って批判されることを拒む姿勢、卑怯者というのはこのことですね。
津田大介とかいう反日活動家が監督になった経緯を明らかにしてこのようなことが二度と起こらない様にしないといけませんね。
少なくとも津田は確信犯であり、炎上目的で天皇陛下の御真影を燃やしています。
それだけに許されるものではありませんし、責任を負う立場の人間が逃げまどっては現場の人が困ると言うものです。

さて、津田が以前今回の展示祭についてこのような話をしていたそうです。
<金曜カフェ>ジャーナリスト・津田大介さん あいち芸術祭 監督として
今年で4回目となる国内最大規模の国際芸術祭、あいちトリエンナーレが8月1日(木)~10月14日(月)(祝)の日程で名古屋、豊田両市を会場に開かれる。テーマは「情の時代」で、人々が怒りっぽくなっている世界の現実に、アートの力で迫る。芸術監督でジャーナリストの津田大介さんに聞いた。

■「情の時代」 自ら作家選び
 「やりたいことをかなり自由にやらせてもらっています。ほかの芸術祭と違って、あいちは事務局50~60人が全て県職員。普通はイベント制作会社や広告会社に投げることが多いはず。県職員の毎回3分の2が入れ替わる分、芸術監督に与えられている権限は大きい」
 歴代の芸術監督は、初代が詩人で美術評論家の建畠晢(たてはたあきら)・国立国際美術館長(当時)、2代目が五十嵐太郎・東北大大学院教授(建築評論)、3代目が港千尋(みなとちひろ)・多摩美大教授(写真評論)で、4代目のバトンを引き継いだ。
 今、「アーティストとジャーナリズムの距離は近い」との思いが確信に変わりつつあるという。「例えば、今回参加するジェームズ・ブライドル(英国生まれ)は、ジャーナリストでありながら現代美術作品を作る。CIR(調査報道センター、米国)は、報道を多くの人に届けるためにアニメを作ったり、ヒップホップなどの表現を使う。(劇作家で)ジャーナリストのミロ・ラウは、演劇でドキュメンタリーを上演する。作家たちは、どんどん取材やリサーチをして作品を作る。そこは私たちジャーナリストと同じです」
 こんな顔ぶれのアーティストからは、学芸員では対応しにくい要望も寄せられる。そんなときは、かつて年間3千枚もの名刺を配って、がむしゃらに取材して培った自身の人脈が生きる。情報源となる人を紹介したり、取材先となった交通刑務所へ一緒に足を運んだことも。
 約80組の作家選びは当初、学芸員に任せるつもりだった。ところが、上がってきたリストを見て「ピンとこない。これはまずい」と方針転換。自ら決定権を握った。「僕はそういう(人の権利を奪う)タイプの人間ではありません。でも、そうしないと『情の時代』というテーマにこだわった内容にならないと思った。仕事は5倍くらい大変になったが、その方針のおかげで(参加作家の男女比を半々とする)ジェンダー平等も達成できました」
 美術制作予算は約2億円。それでもアーティストに自由に制作してもらうには足りず、自ら企業を回り協賛金を集めている。「(自動車メーカー)ボルボには200万円出してもらうなど、それなりに集まってきていますが、まだ足りない。これからも回ります」
 意外にも、苦戦したのは広報活動。地域イベントとみなされ、新聞の全国紙がなかなか取り上げてくれなかった。
 「それなら『日本初』を目玉に、とジェンダー平等に取り組んだ。また、まず影響力のあるネットメディアに個別にインタビュー取材をしてもらい、話題になったところで、全国紙が後追いをしてくれた。そこは結構、仕掛けました」。自らのツイッターのフォロワーが「150万人くらい」いることにも助けられた。
 瀬戸内国際芸術祭など各地で芸術祭を仕掛けているアートディレクター北川フラムさんが「心の師匠」だ。「日本では芸術祭が乱立していて食傷気味だ―などの声があることに、北川さんが怒っています。『これだけ芸術祭があってもカラーが違うというのは、成熟したということ。乱立したという人の説得力はだんだん無くなるよ』と。それは僕も感じています」
 芸術祭の楽しさの半分くらいはまちの魅力―が持論。「その点、札幌(国際芸術祭2020)が冬にやるというのは素晴らしい。呼ばれたら、いつでも手伝います」(編集委員 土屋孝浩)

芸術に男女は関係ありません、。男女比率を考えていると言う事は性差別を意識している差別者という事でしょうね。
自分がピンとくるものがないから監督として独断と偏見で展示物を決めたと言う話ですが、その責任はすべて自分にかかってくると言う事を忘れてはいませんか?

で、天皇陛下の御真影を焼き、日本を侮辱して、朝日新聞が捏造した慰安婦問題の像(アメリカの装甲車に引かれて亡くなった少女がモデルであり、二重の意味で貶められている可哀そうな女性です。)を展示して日本国民から大批判を喰らい3日で展示を断念、3日に脅迫があったと言っていましたが被害届を出したのは6日、7日には逮捕、因みに河村市長も脅迫されていますが、こちらは犯人が捕まっていません。
ま、そんなことは後にして自分たちが行った行動が日本社会に受け入れられなかったことに対して恨み言を述べているようですね。批判した人間は殺すリストに入れているとまで言っていた津田、朝日新聞だけが擁護しています。
(社説)あいち企画展 中止招いた社会の病理
 人々が意見をぶつけ合い、社会をより良いものにしていく。その営みを根底で支える「表現の自由」が大きく傷つけられた。深刻な事態である。

 国際芸術祭あいちトリエンナーレ2019の企画展「表現の不自由展・その後」が、開幕直後に中止に追い込まれた。
 過去に公的施設などで展示が許されなかった作品を集め、表現行為について考えを深めようという展示だった。芸術祭として個々の作品への賛意を示すものではなかったが、慰安婦に着想を得た少女像や、昭和天皇を含む肖像群が燃える映像に抗議が殺到した。放火の予告まであったという。もはや犯罪だ。警察は問題の重大さを認識し、捜査を尽くさねばならない。

因みに警察官にガソリンを掛けたとか言う人間は革マル派かなんかのヘルメットが似合っているとの事、自作自演のようですね。放火予告とか言っていますが、犯人が捕まったのに展示を再開しない理由はどこにあるのでしょうね。
結局、国民からの猛反発に耐え切れないと悟ったから中止にしたのでしょうね。

この芸術祭に批判的な国民や政党が多い中、革マル派の小間使いである枝野はこんなことを言い放っています。
慰安婦像の展示中止に立民・枝野代表「暴力的な脅迫でやめさせるのはあってはならない」
 立憲民主党の枝野幸男代表は5日の常任幹事会で、愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、慰安婦を表現した少女像などの展示が中止になったことについて「表現内容の評価はいろいろあるにしても、それを暴力的な脅迫でやめさせるというあってはならない事態が起きている」と述べた。
 枝野氏は「主催者は苦渋の選択だったと思うが、表現行為に対する暴力的な対応には、われわれとしても毅然(きぜん)とした対応を貫き、それがしっかり確保できる社会をつくっていくため頑張っていきたい」と語った。
 少女像は国内の美術館やイベントで近年、撤去や公開中止となった作品を集めた企画「表現の不自由展・その後」の一つとして出品。抗議の電話が殺到したことなど受け、芸術祭の実行委員会会長の大村秀章愛知県知事が3日に展示の中止を発表した。

因みに展示を中止したのは河村市長ではなく大村知事です。なんか反日活動家は河村市長が検閲したとか言っていますが、大村知事が勝手に中止にしたと言う事です。
過去に津田なんかは様々な圧力を保守派と呼ばれる人々にかけてきており、共産党に至っては先日百貨店に押し寄せて展示会を中止に追い込んでいます。
そのことの方が今回のことよりも大きな事件だと思いませんか?
ある一定の主張だけがマスコミというものが取り上げ大々的に宣伝されて、日本が大好きな人々の主張は取り上げられない。
そんな大問題があります。

津田と東の二人は今回のヘイトクライムに関してこんな話を残しています。

炎上するのは当たり前のレベルってことですね。

流石に大批判に逃げに走ったのか東はこのようなツイッターを書いたようです。
東浩紀氏が謝罪 あいちトリエンナーレ「企画アドバイザー」、今年度の委嘱料辞退を申し出
東氏のツイート全文
7月末からの休暇が終わり、帰国しました。休暇中に、ぼくが「企画アドバイザー」を務めるあいちトリエンナーレ(以下あいトリ)で、大きな問題が起きました。
このアカウントは、7月の参院選直後に、あいトリの問題とはべつの理由で鍵をかけていたものであり、これからもしばらくは鍵は外しません。しかし、このスレッドについては、転記し紹介していただいて結構です。そのときは、一部を切り取らず全体をご紹介ください。
まずは今回のできごとについて、スタッフのひとりとして、愛知県民の皆さま、出展者の皆さま、関係者の皆さまにご迷惑をかけたことを、心よりお詫びいたします。
ぼくの肩書きは「企画アドバイザー」となっていますが、実行委員会から委嘱された業務は、芸術監督のいわば相談役です。業務は監督個人との面談やメールのやりとりがおもで、キュレイター会議には数回しか出席しておらず、作家の選定にも関わっていません。
けれども、問題となった「表現の不自由展・その後」については、慰安婦像のモデルとなった作品が展示されること、天皇制を主題とした作品が展示されることについて、ともに事前に知らされており、問題の発生を予想できる立場にいました。相談役として役割を果たすことができず、責任を痛感しています。
僕は7月末より国外に出ており、騒動の起点になった展示を見ていません。今後も見る機会はなくなってしまいましたが、そのうえで、展示について所感を述べておきます。以下はあくまでも僕個人の、報道や間接情報に基づく意見であり、事務局や監督の考えを代弁するものではないことにご留意ください。
まずは慰安婦像について。いま日韓はたいへんな外交的困難を抱えています。けれども、そのようないまだからこそ、焦点のひとつである慰安婦像に、政治的意味とはべつに芸術的価値もあると提示することには、成功すれば、国際美術展として大きな意義があったと思います。
政治はひとを友と敵に分けるものだといわれます。たしかにそのような側面があります。けれども、人間は政治だけで生きているわけではありません。それを気付かせるのも芸術の役割のひとつです。あいトリがそのような場になる可能性はありました。
ただ、その役割が機能するためには、展示が政治的な扇動にたやすく利用されないように、情報公開や会場設計を含め、もっとていねいな準備と説明が必要だったように思います。その点について、十分な予測ができなかったことを、深く反省しています。
つぎに天皇の肖像を用いた作品について。ぼくは天皇制に反対する立場ではありません。皇室に敬愛の念を抱く多くの人々の感情は、尊重されるべきだと考えます。天皇制と日本文化の分かち難い関係を思えば、ぼく自身がその文化を継承し仕事をしている以上、それを軽々に否定することはできません。
けれども、同時に、「天皇制を批判し否定する人々」の存在を否定し、彼らから表現の場を奪うことも、してはならないと考えます。人々の考えは多様です。できるだけ幅広い多様性を許容できることが、国家の成熟の証です。市民に多様な声の存在に気づいてもらうことは、公共事業の重要な役割です。
しかし、これについても、報道を見るかぎり、その役割を果たすためには、今回の設営はあまりに説明不足であり、皇室を敬愛する多くの人々の感情に対して配慮を欠いていたと感じています。この点についても、役割を果たせなかったことを悔いています。
政治が友と敵を分けるものだとすれば、芸術は友と敵を繋ぐものです。すぐれた作品は、友と敵の対立などどうでもよいものに変えてしまいます。これはどちらがすぐれているということではなく、それが政治と芸術のそれぞれの役割だと考えます。
にもかかわらず、今回の事件においては、芸術こそが友と敵を作り出してしまいました。そしてその対立は、いま、どんどん細かく、深くなっています。それはたいへん心痛む光景であり、また、私たちの社会をますます弱く貧しくするものです。それは、あいトリがもっともしてはならなかったことです。
僕は今回、アドバイザーとして十分な仕事ができませんでした。辞任を検討しましたが、いまは混乱を深めるだけだと考えなおしました。かわりに個人的なけじめとして、今年度の委嘱料辞退の申し出をさせていただきました。今後も微力ながらあいトリの成功に向けて協力させていただければと考えています。
あらためて、このたびは申し訳ありませんでした。力不足を反省しています。そして最後になりましたが、現在拡散されている4月の芸術監督との対談動画において、多くの方々の感情を害する発言を行ってしまったことを、深くお詫びいたします。

特攻隊蔑視の展示については何も言わないのでしょうか?
そして説明不足って言っていますが、何をどう説明したら日本人を侮辱したことに対して説明が出来ると考えるのでしょうか?
おかしな人たちですね。そんなことで許されるとでも思っているのでしょうか?
そのような展示をしたければ自分達だけで私費で行ってください。
あなた方は芸術を侮辱し、人を侮辱し、社会を侮辱しているのです。そのことが判らなかったのでしょうか?
反日活動家はいつも自分勝手ですね。さぞかし偉いのでしょうね。
そんな人たちの言い分を聞く必要はありません。すべて国に返してもらいましょう。
少なくとも二度とこのような地位に就くことは許されない事を津田や東、大村知事はやったのです。

反省しない反日活動家たち、一からやり直してもらいます。
このような人々をのさばらせる社会ではないとしていきましょう。
少なくとも他人を無責任に罵倒する事だけは自分の責任範疇でやりましょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2019/08/14 06:00
コメント:

管理者のみに表示