fc2ブログ

昭和20年 天皇陛下の終戦の聖断

21743085_1468434096542938_1711681125753899177_n.jpg
終戦の聖断
ポツダム宣言受諾決議案について御前会議にて長時間議論したが結論が出なかったため、天皇の判断(御聖断)を仰ぐことになった。 昭和天皇はポツダム宣言受諾の意思を表明し、8月15日に玉音放送を行う。
2度目の御前会議にて昭和天皇は以下のように語ったと言われている。「国民が玉砕して君国に殉ぜんとする心持ちもよくわかるが、しかし、私自身はいかになろうとも、私は国民の生命を助けたいと思う」
この時、天皇陛下は44歳という若さでした。
日本でだけ言われている終戦の日である8月15日
玉音放送により戦闘行為が終結した日が終戦の日となっており、そのことに対して疑問を持つ人はいません。
それだけ天皇陛下のお言葉は重いものであり、今なお誰も異論を述べることはありません。
国際的には終戦の日は条約などで決められるので9月6日となっておりますが、日本では8月15日になります。
o0480031714134566451.jpg

この日は特別な日ですね。2600年の長きにわたる日本の歴史において外国の軍に降伏したのはこれが初めてであり、どうしたらよいか分かりませんでした。
弱肉強食という厳しさに直面した初めての局面です。
なんだかんだと言って日本国内ですと戦闘行為があり、負けても神仏の力によってそこまで残虐な行為は行われていませんでした。
戦国時代でも田畑や町が焼かれることは少なかったと言われております。
同じ民族同士、そこまで残虐な行為は行われなかったと言う事でしょうね。
しかし、外国勢は違います。民族の違いにより人間扱いしないと言うのが当たり前であり、奴隷は殺しても何しても罪が問われないのが普通となっていたそうです。
そんな外国に降伏したのですから戸惑いが多かったのでしょう。
image広島

さて、天皇陛下は終戦後47都道府県をくまなく御行幸なされましたが、唯一沖縄だけ敵わなかったそうです。
様々な理由があったそうですが、天皇陛下はいつも沖縄の事を気に掛けられていたそうです。
こちらの映像をご覧ください。

天皇陛下は日本の国体です。
日本を体現されており、象徴であらせられます。
天皇陛下を侮辱する事は日本を侮辱する事と同じ事、そのことが分からない日本人がいると言うのは悲しい事です。

日本では権威と権力が分離してから1300年近くになります。(正確には知りません)
世界ではこのことが理解できないそうですね。私たちも感覚としてはわかりますが、説明しろと言われても厳しいですね。
2600年以上続いている日本、これからも何が良いか考えながら続いていくことでしょう。

我が国のことは自分たちで守り育てていく、それが出来る様にしていくことが求められています。
しっかりと考えれるように育んでいきましょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



歴史 | コメント:(3) | トラックバック:(0) | 2019/08/15 06:00
コメント:
そろそろ日本人も真実の歴史と対峙しましょう!
 戦後74年間、我々は「耐えがたきを耐え忍びがたきを忍び」と一文だけを聞かされ「日本が悪いことをしたのだ仕方がない」と自虐史観の教育を受けてきました。
日本も終戦の年の春には原子爆弾の開発が進み陛下に「この新型兵器でアメリカ本土を叩きたい、起死回生の戦いとしたい」との上奏に対して陛下は「新型爆弾の応酬では人類は滅亡してしまう。開発することもダメだ」と厳しく叱責されたとのことです。
 終戦の御詔勅では「敵が残虐なる爆弾を使用して無辜を殺傷し惨害を起こしており我が国のみならず人類の文明も破却してしまう。これ以上戦いは続けられない」として終戦を決断されました。
 連勝・連勝で戦いを継続したい陸軍代表の阿南陸軍大臣が8/15早朝切腹され戦争継続を主張する陸軍の戦意を喪失させ日本軍はすべての武器を放棄しました。
最悪の作戦と言われるインパール作戦の結果インドは独立しました。多くの東南アジア諸国も日本兵の尽力で独立を果たし日本に感謝しています。インドネシアでは暦に皇紀を使用していました。世界200ケ国の中で日本が嫌いな国は隣国3ケ国だけと言って良いと思います。(西洋列強はお宝の植民地を剥奪されたので腹の底では日本を好きとは思えないが)
A級戦犯というすでに日本では恩赦された東京極東裁判での冤罪に黙って従われた7人の指導者をいつまで冒涜すればすむのでしょうか?(東条英機首相は関東軍参謀長時代ソ連オトポール駅からユダヤ人2万人を救った世界有数の人道主義者です)裁判で無罪判決を言われたインドのパール判事がお墓の中で泣いていらっしゃることでしょう。
外国勢力に乗っとられた感のあるオールドメディアのフェイクと戦い真実を日本人に広く拡散しなければなりませんね。よろしくお願いします。
戦犯は日本には居ない
戦犯はいません!
朝日新聞が英霊を引きずり出して戦犯を蘇らしました。
それも信仰も宗教も否定し神社の何たるかも知らないチャイナ共産党に注進したことが全てでした。
お墓を暴く野蛮人と同様の所業を朝日新聞と日本のオールドマスコミがしたのです。
8月15日、午後豪雨の中多くの人達が慰霊顕彰に靖國神社に訪れていました。警備の方にお聞きしたところ若い人が非常に多くなってきている事、更に外國人の方が半分を占めることもあるとのことでした。

地球上で、20世紀最大の出来事は人種差別が無くなったこと。地球は白人の世界でした。1919年日本帝國は人種差別撤廃提案を仏蘭西ベルサイユ宮殿の戦勝國会議で行います。
1905年、日本海海戦でロシアバルチック艦隊を壊滅させるニュースは世界の有色人國に勇気を与えることになります

1941年12月8日、英米に宣戦布告します。スネークアタックなるプロパガンダで敗戦國日本を非難しますが、戦争はスポーツでもなく歴史的に見ても戦線の不臆する戦いはごくまれであることを知るべきです。現在は真珠湾の戦績表示からその文言は消えているそうです。
1964年7月2日、共和党ジョンソン政権で公民権法が成立。
今年10月、日本國第126代新天皇陛下の大嘗祭が行われる。外國からの國賓(?)は200ヶ國とも言われる。
先人達の凄さは計り知れない。
虎の門ニュースでミャンマー國(旧ビルマ國)に触れていたので、日本軍の大東亜戦争でのビルマの解放に尽力した南機関長鈴木啓司陸軍大佐を知っておくのも必要である。
明日、8月17日は防衛相でインドネシアスデルマン将軍像の献花式が行われる。独立軍の大将としてオランダ軍と戦った英雄でした。
東南アジアの植民地に独立の灯がともり炎になるのにそれほどの年月はかかりません。それは中東・アフリカへと飛び火しました。しかし今植民地を國内に持っていて尚植民地の拡大を謀る膨大な人口を持つ國が存在しています。
訂正します
>戦争はスポーツでもなく歴史的に見ても戦線の不臆する戦いはごくまれであることを知るべきです。<
訂正↓
戦争はスポーツでもなく歴史的に見ても“宣戦の布告”する戦いはごくまれであることを知るべきです。

プロパガンダをよく使う米國という小狡い國という事も知っておきましょう。
ナチスホロコースト?・・・ニュールンベルグ裁判ではそれらの戦争犯罪人は一人もいないしナチスドイツ國から米國に免責(戦争犯罪)されて渡っていった科学者などが約1000人程居るということである。(国士館大学 東京裁判研究会:有馬哲夫先生講演より)

管理者のみに表示