FC2ブログ

文化庁利権を失ったパヨク達

67966308_511138816289960_5440194495545081856_o.jpg
あいちの不自由展、最初から炎上する事が判っており、故意に天皇陛下の御真影を燃やす展示物を設置した津田
知事はそのような展示があることを事前に知っていたにもかかわらず、総監督である津田に押されて展示されたと言っていたにもかかわらず、そのような展示物があったことは知らなかったと公共の面前で反する発言をして逃げようと必死になっています。
そもそも申請された展示会の概要とは全く異なる展示物を、しかも問題になることが事前に分かっており、防弾チョッキを購入しないといけないね。とか言っていたのに炎上したら事後検閲とか言うばかげた話、言葉遊びに周知して周りを巻き込んでパヨク利権である文化庁補助金を失う羽目になったようです。

さて、文化庁は真っ当な理由で補助金を不給付する事にしたようです。
萩生田氏「展示、申請通りでない」 補助金不交付を表明
った内容通りの展示会が実現できていない」として、外局の文化庁が採択を決めていた補助金約7800万円全額を交付しない方針を表明した。文科省内で記者団の取材に答えた。
 「実現可能な内容であるか、継続性があるかの2点で疑念をもち、これまで慎重な審査をしてきた。残念ながら申請のあった内容通りの展示会が実現できておらず、補助金適正化法などを根拠に交付を見送った」と説明した。慰安婦を表現した少女像などの作品展示について、批判や抗議が殺到して展示継続が難しくなる可能性を把握していながら、文化庁に報告がなかったことも問題視。「愛知県側では4月の段階で、会場が混乱するのではと警察当局と相談していたらしいが、文化庁にはその内容が来ていなかった。少なくとも各方面に相談した段階で申請先の文化庁にも相談すべきだったのではないか」と述べた。
 検閲にあたるのではないかとの質問には、「中身については文化庁は全く関与しておらず、検閲にはあたらない」と答え、官邸の指示があったかについては「私が就任してからはありません」と述べた。
 トリエンナーレの総事業費は約12億円。愛知県が少なくとも6億円、名古屋市が2億円を負担し、国も文化資源活用推進事業の補助金として7800万円の交付を予定していた。(松本紗知、上田真由美)

元々の申請とは異なる内容の展示を行い、騒動が起きても報告されず、問題が炎上しても責任を取らないで問題の収束が出来ずに監督者が逃げ出しているのです。どこに交付される理由が見いだせるのでしょうか?

はっきり言って左翼の自爆です。
菅官房長官、補助金不交付「適切に対応」=立憲・安住氏は文化庁批判
 菅義偉官房長官は26日の記者会見で、文化庁が国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」への補助金不交付が表現の自由を保障する憲法に抵触しないかを問われ、「税金で賄われている補助金の取り扱いなので、文化庁が事実関係を確認した上で、適切に対応するのは当然のことだ」と述べ、問題はないとの認識を示した。
 立憲民主党の安住淳国対委員長は同日、国会内で記者団に対し、補助金の不交付について「文化庁は文化を守ったり芸術家をサポートしたりしないといけない役所だ。締め付けるようなことはよくない」と述べ、同庁の対応を批判。10月4日召集の臨時国会で同庁の判断を検証する考えも示した。

他人を貶める様な展示が文化なのでしょうか?その文化は日本の文化ではなく斜め上の国の文化ではないでしょうか?
芸術を守れと言いますが、その芸術が芸術ではなくただ単なる我儘による罵倒であるならばそんなもの必要ありません。
人を貶める様な芸術を愛でる文化は日本には存在しません。

愛知県知事も政治的プロパガンダだったと語っています。
表現の不自由展中止、津田監督を厳重注意処分 判断などで「背信とのそしり免れない」 愛知知事
 開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題を巡り、芸術祭実行委員会会長を務める大村秀章・愛知県知事は25日、出展の最高責任者である芸術監督でジャーナリストの津田大介氏を厳重注意処分した。
 この日、県の検証委員会は中間報告をまとめ、津田氏の判断や行動などについて「背信とのそしりを免れない行為」「ジャーナリストとしての個人的野心を芸術監督としての責務より優先させた可能性」などの項目別に批判。「あいちトリエンナーレの期待水準に達しない、『芸術の名を借りた政治プロパガンダ』と批判される展示を認めてしまった」などと厳しい言葉で断罪した。【山田泰生、竹田直人】

総監督である津田が勝手に政治的プロパガンダをぶち込んだのがいけないと言っているように聞こえますね。
一緒に展示会を企画したのですよね。確かに津田が勝手に活動家を入れて政治批判に芸術祭を使用したと言うのは否定できません。
一体何がしたいのでしょうね。反政府の資金源であった文化庁の予算が出せなくなってしまいました。

批判された津田は大村知事を批判しています。内ゲバです。
津田氏「企画に自粛効果生まれる」 新しい検閲と批判も
 「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が再開に向けて動き出した直後の26日、文化庁が補助金の全額不交付を決定した。実行委員会会長の大村秀章・愛知県知事は国と法廷闘争に入ることを表明。作品を出展する作家らも、一斉に批判の声をあげた。
 芸術祭の津田大介芸術監督は朝日新聞の取材に、文化庁の補助金交付決定は通常1年以上前で、決定時点で作品内容などは決まっていないことが多いと反論。「事後的に交付決定を覆されたら、企画内容に強烈な自粛効果が生まれる。事後検閲的な効果が強いという点でも、手続き論的にも問題の多い決定」とコメントした。
 参加作家で、企画展中止に抗議して展示を変更した田中功起さん(43)は「検閲は通常事前に行われる。日本では自主規制という体裁でソフトに行われてきた。これは新しい検閲のあり方だ」と批判した。企画展に出展していた白川昌生さん(71)は「ある種の文化統制だ」。表現の自由の問題が分岐点にあると感じ、「乗り切れるのか、それとも自由を放棄するのかの瀬戸際だ。政治的なにおいに危機感を覚える」。全作品の展示再開を目指す「ReFreedom_Aichi」プロジェクトに参加するユニット「キュンチョメ」のホンマエリさん(31)も「全ての表現活動を脅かす、最低の判断」と憤る。同プロジェクトは26日夜、インターネットの署名サイト「Change.org」で文化庁の決定撤回を求める署名を始めた。
 日本ペンクラブは、文化庁の決定が「(企画展を)脅迫等によって中断に追い込んだ卑劣な行為を追認することになりかねず、行政が不断に担うべき公共性の確保・育成の役割とは明らかに逆行するもの」との吉岡忍会長談話を出した。(江向彩也夏、興野優平)

自由には責任が伴います。自由を描くキャンパスは自分で用意するのが普通です。
嫌っている相手が用意したキャンパスに描く絵を批判するなという方がおかしいと思いませんか?
彼らは無責任すぎるのです。しかも検閲ってわかっていますか?事後検閲って何を言っているのか分かっているのでしょうか?
ひとえに無責任な左翼の我儘な表現なだけです。
誰もこんなバカ話を聞く耳を持ちません。うるさいだけの無責任な人々です。
事前に展示物が決まっていなかった?そうですね、でも展示する方向性を申請してなかった芸術祭側の落ち度です。
展示する予定だったものを用意できなかった、内容が変わったなら再度変更申請を出せばいいだけの話です。
何故それが出来ないのでしょうね?
自分たちの行動を締め付けるもの=悪、と言っているこのような無責任な人々の言い分を誰が聞くのでしょうね。

大村知事は何故か政府を訴えるそうです。
裁判をするとか言っていますが門前払いを喰らうだけではないでしょうか?
不交付なら係争委に申し出 あいちトリエンナーレ補助金で愛知知事
 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」への補助金を交付しない方針を文化庁が固めたことを受け、大村秀章知事は26日、正式決定されれば「国地方係争処理委員会」に審査を申し出る意向を示した。県庁で記者団の取材に応じた。
 係争委は自治体の行政運営に影響を及ぼす国の決定などを審査する国の第三者機関。大村知事は「まだ文化庁から何の連絡もない」とした上で「4月に文化庁長官名で事業採択の通知をいただいた。仮に不交付だとすれば、合理的な理由があるのか係争委でお聞きすることになる」と述べた。
 県によると、芸術祭の総事業費は約12億円で、県が約6億円、名古屋市が約2億円を負担。そのほかは文化庁が予定していた約7800万円を含む国などからの補助金や企業協賛金、入場料収入で賄うとしている。

合理的な説明をしているのにそれを聞かずに裁判に訴える、で裁判所の判事に圧力を行って判決を有利にさせる。
いつものパヨクのやり口です。
こんないい加減な人間たちの話を聞いても仕方がありません。
説明しているのに聞かないパヨク達、沖縄のパヨクも同じなのでしょう。

こんな無責任でいい加減な人々が特権を持っているがごとくふるまう日本社会
これは是正していかなくてはなりませんね。
自由には責任が、権利には義務が存在する。当たり前の話が分からない人々に主張する権利はありません。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2019/10/01 06:00
コメント:

管理者のみに表示