FC2ブログ

政府の金がないと表現できない芸術

o1080080914520659155.jpg
陛下の御真影を燃やし、日本の為に戦われた英霊の皆様を侮辱する展示物を展示することを決めた愛知の芸術祭
芸術監督が炎上すると覚悟していたように炎上し、中止に追いやられました。
しかし、事の重大性が判っていない芸術監督は周りに当たり散らしているそうですね。
その芸術祭を許可した知事は芸術監督にすべての責任を押し付け、無責任な言い訳ばかりしております。
責任のない自由なんてありえません。
文部科学省は申請のあった内容の展示物ではない、問題があったのにすぐに連絡・相談をしてこなかったとして補助金を出さないとの決定を行いました。

しかしながら芸術祭側は文科省の話を聞かずに展示物の事後検閲とか訳の分からない事を言っているそうです。
文科相、改めて手続きを問題視 あいちトリエンナーレ補助金不交付
 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題で、萩生田光一文部科学相は27日の閣議後会見で、文化庁による補助金を全額不交付とした理由について、「本来、(主催者の県が)予見して準備すべきことをしていなかった」と説明。判断する上で展示内容は無関係だったことを改めて強調した。
 不自由展では、元慰安婦を象徴する少女像や昭和天皇の肖像を燃やすような映像の展示に批判や抗議が殺到。テロ予告の犯罪行為などもあり、安全が確保できないとして開幕3日で中止に追い込まれた。
 一部から「交付金の廃止が脅迫行為の肯定につながる」との声が上がっていることについて、萩生田氏は「県の申請書類の内容と実態に乖離(かいり)があったので交付を見送った」と説明。その上で「今回のことが前例になり、大騒ぎをすれば補助金が交付されなくなるような仕組みにしようとは全く考えていない」と語った。
 問題となった作品の展示自体の是非を問われると、「芸術作品への評価は人それぞれだと思う。どの作品が良い、良くないとコメントすること自体が僭越(せんえつ)な話」とした。
 一方、補助金の不交付決定を不服とした愛知県の大村秀章知事が文化庁を相手取り、訴えを起こす方針を示したことについては「詳細を把握していないので発言は差し控えたい」と述べるにとどめた。

パヨク達はどうしても芸術に対する弾圧にしたいようですね。
私は少なくとも日本を侮辱する、日本人を貶めるものに日本の税金を出すと言うのは納得いきません。
しかし、文科省はあくまでも申請内容と異なる展示だと言う事で補助金を取りやめたみたいですね。

しかし、芸術祭側は何故か検閲が入り展示できなくなったと言う事にしたいようでして様々な抗議を行っているそうです。
トリエンナーレ補助金の審査委員が辞意「審査意味ない」
文化庁が「あいちトリエンナーレ2019」への補助金全額不交付を決めた問題で、補助金採択についての審査委員会の委員を務めていた、野田邦弘・鳥取大特命教授が2日、文化庁に辞意を伝えたことがわかった。野田さんは「一度審査委員を入れて採択を決めたものを、後から不交付とするのでは審査の意味がない」と話している。
そもそも審査内容が申請した内容と異なることを無視した暴論ですね。
いくら騒いでも対象外のものをやっていれば対象にならないのは当たり前のことです。
我儘だけを言うパヨク達、いい加減にしていただきたいものです。

この天皇陛下を侮辱し、日本の為に戦った人々を侮辱する展示物をこりもせずに再展示させるようです。
「不自由展」10月6日にも再開=事前予約制など導入-愛知
 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、従軍慰安婦を象徴する少女像が展示された企画展「表現の不自由展・その後」が抗議を受け中止となった問題で、愛知県は30日、早ければ10月6日にも展示を再開する方針を固めた。事前予約制を導入し、整理券を配布するなどの対策を講じるという。
 大村秀章知事は30日、県庁内で記者団に対し、「(10月14日の会期末まで)あと2週間なので、誠意をもって関係者と具体的な協議を進める」と強調。再開時の混乱を防ぐため「作品の趣旨をしっかり説明し、見せ方も工夫したい」と述べた。
 企画展は8月1日に始まったが、少女像など展示内容に抗議や批判が殺到。安全確保のため同3日に中止された。
 展示中止を受け、企画展の運営メンバーが9月、芸術祭の実行委員会に展示再開を求める仮処分を名古屋地裁に申し立てていたが、30日に和解が成立した。県側は和解に向け、中止前と同じ内容で展示することや万全の警備対策を講じることなどを説明。10月6~8日をめどに再開する方向で協議を進めることになった。

自由に見れない不自由展、事前検閲を行って展示する、大した人たちですね。
慰安婦像なんてどうでもいいのですよ。何故天皇陛下の御真影を燃やす展示物を許可したのか?
英霊の皆様の侮辱する展示物を置いたのか?その原因と対策を行わない限り誰もこの展示を認める事は無いでしょう。
そのことが判っていない人は教養が足らないと思います。

この展示を反省せずに再度行う事について抗議の声が殺到しています。
不自由展、抗議電話1日200件
 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の中止問題を巡り、愛知県の大村秀章知事は2日の定例記者会見で、不自由展再開を提言した中間報告を9月25日に発表後、抗議電話が県やトリエンナーレ実行委員会に1日200件近く寄せられていると明らかにした。県によると8月中旬以降は、1日20~30件だったという。
 大村知事は悪質な抗議電話を防止するため、10分たつと電話が自動的に切れたり、声の録音を伝えたりする仕組みを導入したとも説明した。
 10月6~8日の再開で協議を進めているとしたが「再開がいつになるかは決まっていない」と述べた。

国民の抗議の声は聞かないと言う事なのでしょうね。
再開するもどのように改善させるのか?また日本人を差別するのか?侮辱するのか?それが問題です。
その問題が判っていない限りどうやっても先に進みません。

勘違いしている野党は何故か文科省に注文を付けました。
立憲・枝野氏「文化庁は廃止した方がいいんじゃないか」
■立憲民主党・枝野幸男代表(発言録)
 危機感を持っているのは、あいちトリエンナーレに対する文化庁の補助金の撤回。どう考えても「中身が気にくわないからカネは出さないよ」と。そんなことを認めたら、萎縮効果が働く。
 自治体は補助金をもらえないと文化行事なんてできない。カネが出ないかもしれないリスクがあることはやりませんと、結果的にお上の都合が悪い行事はしないということに間違いなくつながる。
 文化庁が自らやったのなら、文化庁の自殺行為じゃないですか。文化庁というのは、政治的な意見に左右されずに表現行為を守るのが仕事。その文化庁が表現を萎縮させるようなことを自分たちの判断で下したのだとしたら、文化庁は廃止した方がいいんじゃないですか。もう存在意義がなくなる。(29日、さいたま市内の講演で)

全然人の話を聞いていません。
申請内容と異なるのですから交付されないのは当たり前のことです。
違う内容を展示するのであればその内容を申請するか訂正を連絡すればいいだけの話ではないのでしょうか?
なのになんで政治介入するのでしょうね。
今回の問題は日本を貶め、陛下を貶めるものに騙して交付金をかすめ取ろうとした詐欺師たちが困るから騒いでいるだけにしか見えませんね。

今回の件でパヨク達への交付金利権が削られることになるでしょう。
反日したければ自分のお金で動いてもらいましょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



教育 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2019/10/09 06:00
コメント:

管理者のみに表示