fc2ブログ

自由のない展示会

skujynhe.jpg
天皇陛下を燃やし、踏みつけ、英霊の皆様を侮辱する展示を行った愛知県の芸術祭
それが再開されたそうですね。
交付金を得るがためだけに、実績を作るためだけに愛知県が国民の意見も聞かずに強行した芸術祭
反日左翼の言いなりになっている知事は何を考えているのでしょうか?

しかもこの芸術祭、国民が気軽に参加できるものではなくなっており、反対意見は一切聞かないという言論弾圧が行われているそうです。
「表現の不自由展」再開へ 入場は午後2時10分と4時20分の2回、30人ずつ
 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」は8日午後に再開する。不自由展は従軍慰安婦を象徴する「平和の少女像」などの展示に抗議が相次ぎ、8月1日の芸術祭開幕から3日で中止に追い込まれていたが、芸術祭実行委員会会長の大村秀章知事が7日、安全対策や入場制限を講じた上で再開すると表明した。
 芸術祭実行委員会のホームページによると、入場は1日2回に制限し、抽選で1回30人に絞り、1回目は午後2時10分から1時間。2回目は午後4時20分から40分間。大村知事の7日の発表によると、鑑賞者は事前にエデュケーション(教育)プログラムを実施し、ガイドを付けて鑑賞する。また、安全を確保するため金属探知機によるチェックも行う。
 不自由展の中止後、抗議の意思を示すため、芸術祭に参加していた他の国内外10組以上の作家が出展を中止・変更していたが、同展再開に伴い、全作家が復帰する。
 不自由展が開幕3日で中止になったことを巡っては、文化庁が「(開催により)円滑な運営が脅かされることを認識していたにもかかわらず、申告しなかった」などとして、既に採択していた県への補助金の全額不交付を決めている。

入場制限を行い、教育(洗脳)を行ってからでしか見れない芸術はもはや芸術とは言えません。
朝鮮側の一方的な意見のみを展示する芸術祭を国の公共機関が行うというかつてない暴挙
知らなかったならともかく、知っていてなお行うという行為は許されるものではありません。

しかも各メディアは産経以外芸術祭が中止になった理由はおろか河村市長が反対している理由すら報道しません。
名古屋 河村市長「再開はひどい話」きょう座り込みで抗議へ
名古屋市の河村市長は7日夜、記者団に、「芸術祭の実行委員会の会議が開かれたことは一切ないので、きちんと実行委員会を開催しないとならない。大村知事には電話で『こんな状況の中で再開してはいけない』と言ったのに、無理やり再開するのはひどい話だ」と述べました。
さらに河村市長は、8日、「あいちトリエンナーレ」の会場や愛知県庁の前でみずから座り込みを行って、再開に抗議する考えを示しました。

名古屋市は補助金を停止する意向のようです。
少なくともこんな密室で決定した芸術祭を芸術とは呼べません。いつも左翼がよく言う憲法違反の行為であり、公共の福祉に違反します。許されるものではありません。
読売新聞も反対の意見を正確に述べていませんね。
「不自由展」再開反対、憤る市長は座り込み・支払い保留意向
(前略)
 芸術祭実行委会長代行を務め、企画展再開に反対していた河村たかし名古屋市長は7日夜、記者団の取材に応じ、「再開なんてとんでもない」と憤った。8日午前に展示内容を確認した上で、抗議の意思を示すため、同日午後、会場の愛知芸術文化センターで市長自ら座り込みを行う意向を明らかにした。
 また、市が負担する運営費の一部について、河村市長は支払いを保留する考えを示した。


産経新聞は流石に理由を記載しているようです。
不自由展再開 河村市長が座り込み「不自由展でなく不愉快展」
 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が8日に再開されたことを受け、名古屋市の河村たかし市長は同日午後、同展の会場がある愛知芸術文化センター前の広場で抗議の座り込みを行った。河村氏は芸術祭の実行委員会の会長代行だが、再開についての協議はなかったといい、「(再開決定は)無効だ」と批判している。
 河村氏はこの日、約30人の支持者らと抗議活動を実施。座り込みで約10分間、「県は公金の不正使用を認めるな」「知事は名古屋市民の声を聞け」などとシュプレヒコールを上げた。
 マイクを握った河村氏は、とくに昭和天皇の肖像を燃やすような動画について問題視し、「愛知県や名古屋市が(事実上)主催しているところで展示すれば、(その内容を)県や市が認めたことになる」と指摘。「表現の自由の名を借り、世論をハイジャックする暴力だ」などと再開に強く抗議した。
 会場前の広場には、同展に反対するプラカードを掲げた人たちの姿も見られた。名古屋市の無職男性(82)は「天皇を公然と侮辱するようなものを芸術と呼べるのか。不自由展ではなく不愉快展。市民として黙っていられない」と憤る。
 一方、広場周辺では抗議活動などに批判的な声も聞かれた。岐阜市から訪れた会社員男性(44)は「トリエンナーレには何回か来ているが、こうした問題で混乱するのは残念。アートが置いてけぼりになっているような気がする」と話していた。

はっきりと理由を記載して報道している報道機関、やっぱりこうでなくっちゃいけません。

なんと毎日新聞も理由を記載しています。
河村市長座り込み「こんな不正義なこと」
 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が8日に再開したのを受け、名古屋市の河村たかし市長は同日午後2時ごろ、不自由展の会場がある愛知芸術文化センター前で抗議活動をした。
 昭和天皇の肖像をモチーフにした作品が燃える映像を会場で鑑賞した河村市長は、「陛下への侮辱を許すのか」などと書かれたプラカードを掲げて座り込み、「こんな不正義なことはいけない」と声を上げた。
 抗議活動には、河村市長の呼びかけに応じた市民や、河村市長が代表を務める地域政党「減税日本」の市議ら約30人が参加。当初は会場内で活動する可能性を示唆していたが、運営側から会場内には入らないよう強い要請があったといい、「ルールは守らないかん」と会場外での活動となった。
 河村市長は「(再開について)県から一言の相談もない。表現の自由という名の暴力だ。名古屋市民が(展示を)認めたことになる、世論をハイジャックするのはやめてくれ」と訴え、座り込んで「県は名古屋市民の声を聞け」などとシュプレヒコールを上げた。
 その後、愛知県庁前でも「県は市との協議に応じなさい」などと声を張り上げた。

関西生コンの組織犯罪を取り上げず、関電金品授受疑惑の本質を避け、
愛知のお展示会で多くの日本人が怒る本当の理由を報道しないマスメディア
自由がないとはこのことですね。結託しているのでしょう。

無責任な自由はありえません。責任ある行動を行っていかないといけません。
抗議の声を上げていきましょう。それが日本国民としての権利であり、先人への責任です。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2019/10/12 06:00
コメント:

管理者のみに表示