FC2ブログ

横暴な北朝鮮に対抗する為に

20180807185840.jpg
最近、アメリカと直接交渉を行うようになってから調子に乗っている北朝鮮
韓国を併合する段取りが進んでいるように見えます。
短距離ミサイルの発射実験を繰り返し行い戦争の準備は万端とも言われており、韓国は注視しないといけないと言われていますが、何故か日本を敵視して自爆を繰り返しています。
そんな北朝鮮も冬の到来前に食料を得ようとするために様々な密猟を繰り返しては日本の巡視船に追い返されています。

そんな北朝鮮の密漁船ですが、事もあろうに日本の巡視船に体当たりしに来たそうです。
日本の巡視船に比べてはるかに軟弱な北朝鮮の密漁船、当然のことながら当たり負けを起こして投げ出されたそうです。
日本の巡視船は投げ出された漁民を救助、近くにいた別の北朝鮮船に引き渡したそうです。
本来なら感謝の言葉があっても良さそうなのですが、そこは北朝鮮、斜め上の対応に出たそうです。
漁船衝突事故 北朝鮮が日本に賠償と再発防止を要求
石川県の能登半島沖の日本の排他的経済水域内で、水産庁の漁業取締船と北朝鮮の漁船が衝突した事故について、北朝鮮が初めて公式の反応を示し、「船員の生命の安全を脅かした」と反発したうえで、日本側に賠償と再発防止を求めました。
石川県の能登半島沖の日本の排他的経済水域内で今月7日、水産庁の漁業取締船と北朝鮮の大型の漁船が衝突し、北朝鮮の漁船が沈没して乗組員が海に投げ出され、救助された約60人は全員、別の北朝鮮の船に引き取られました。
この事故について、北朝鮮外務省の報道官は12日、国営の朝鮮中央通信を通じて声明を発表し、北朝鮮が事故について初めて公式の反応を示しました。
この中で、「日本の水産庁の取締船は、正常に航行していたわれわれの漁船を沈没させる強盗のような行為を強行し、船員の生命の安全を脅かした」と反発しました。
そして、「日本の政府当局者とメディアは、漁船が取り締りに応じず、急旋回して衝突したと世論をミスリードしている。日本はみずからの故意による行為を正当化しようとしている」としたうえで、日本側に賠償と再発防止を求めました。
事故をめぐっては、菅官房長官が11日の記者会見で衝突現場の様子を撮影した映像を公表する方向で検討していることを明らかにしています。

盗人猛々しいとはこのことですね。
北朝鮮の密漁船が日本の排他的経済水域に入り込んで密猟を繰り返し行っていた事実を棚上げして日本を批判する。
どこの中共なのでしょうね。
人の命を利用して他人を批判する、何を考えているのでしょう。

日本は毅然と反論しています。
北朝鮮漁船と水産庁漁業取締船の衝突 映像公開へ 菅氏「公表時期や方法を検討」
 菅義偉官房長官は11日午前の記者会見で、北朝鮮漁船と水産庁漁業取締船の衝突をめぐり、当時の様子を撮影した映像を公開する方向で検討していると明らかにした。菅氏は「現在、公表する方向で検討をしていると報告を受けている」と述べた。
 衝突時の映像の公開をめぐっては、自民党から公開を求める声が出ていた一方、西村明宏官房副長官が9日の記者会見で「捜査への影響もあるので公表は想定していない」としていた。

画像を公表してどちらからぶつかってきたかを明らかにすると言う事でしょうね。
でも、それだけで北朝鮮が引くのでしょうか?

産経新聞はこのような主張を行います。
【主張】北朝鮮漁船の沈没 「大和堆の守り」練り直せ
 日本の排他的経済水域(EEZ)である日本海の好漁場「大和堆(たい)」周辺海域で7日、北朝鮮の大型イカ釣り漁船が、水産庁の漁業取締船に衝突して沈没した。
 漁船の乗組員約60人は海に投げ出されたが、取締船の救命いかだで全員救助された。後から現れた北朝鮮船に乗り移って立ち去った。
 取締船が全員の救助救命を果たしたことは立派である。海難救助は人道上当然だ。その一方で乗組員を現場で北朝鮮側に引き渡し、事情聴取や身柄拘束を行わなかった対応は疑問である。
 「大和堆」周辺海域は、日本が漁業に関して主権的権利を持つEEZだ。日本と漁業協定を結んでいない北朝鮮に漁をする権利はない。にもかかわらず北朝鮮は違法なイカ漁を繰り返し、水産庁や海上保安庁が取り締まっている。
 今回の衝突は、取締船がEEZからの退去に応じない漁船に放水を始めた際に起こった。
 安倍晋三首相は8日の参院本会議で「引き続き外国漁船による違法操業の防止のため、毅然(きぜん)と対応していく」と語った。外交ルートで抗議したことにも言及した。
 だが、北朝鮮のような無法な国は抗議など何の痛痒(つうよう)も感じまい。乗組員全員を易々(やすやす)と帰すようでは毅然とした対応とはいえない。
 日本は他の海域では、外国漁船がEEZで違法操業すれば漁業主権法違反の容疑で拿捕(だほ)し、船長を逮捕したこともある。なぜこの海域では摘発しないのか。
 政府は、沈没した漁船の違法操業が確認されていないから身柄拘束といった強制措置をとらなかったと説明している。
 だが、取締船は放水を始めていた。「違法操業は未確認」というのは、批判を避けるための後付けの説明のように聞こえる。
 自民党の水産関連会合では「こんな対応ではなめられる」と懸念の声があがった。中国や韓国も日本の弱腰を注視していよう。ロシアは自国のEEZで違法操業する北朝鮮漁船を摘発し、9月以降800人以上を拘束した。
 北朝鮮漁船は、取り締まりが緩い日本側に集まる恐れがある。
 沈没した船の船長や航海長、漁労長、朝鮮労働党の政治委員から違法操業や朝鮮人民軍との関係などの情報を得る絶好の機会を放棄した点も問題だ。政府は「大和堆の守り」を練り直すべきだ。

ひとえに軍事力の後ろ盾がないからこのような弱腰の対応になってしまっていると思います。
いまはアメリカの顔を立ててやらなかったという話もありますが、普通の国であればそのような事は行わずに拿捕して取り調べを行います。
しかし、日本は戦闘行為を行う事が出来ないとされており、何もできなくなっているのです。
そのような状態は何としても打開しないければなりません。
その為にも憲法改正が不可欠なのです。

因みに北朝鮮は違法操業しないといけないくらい切羽詰まっているという話もあります。
<北朝鮮内部>金正恩氏から住民への「国家祝日の贈り物」が連続ゼロ 財政難深刻
◆9.9建国記念日に続き10.10党創建記念日も何もなし
北朝鮮の4大祝日は、2月16日の金正日生誕日、 4月15日の金日成生誕日、 9月9日の建国記念日(9.9節)、そして10月10日の労働党創建記念日(10.10節)だ。他に旧正月、秋夕(旧盆)、8月15日の光復節がある。
祝日には、指導者と党からの配慮として、全住民に「祝日特別配給」があるのが通例だった。酒や食用油、肉、菓子袋、学用品、学生服などが贈られたが、それも1990年代前半まで。大量の餓死者を発生させた「苦難の行軍」と呼ばれる社会混乱が収まった2000年代になると、「祝日特別配給」は質量ともにみじめのものになり、菓子袋、食用油1本、歯磨きセット程度が出たり出なかったり。原因は財政難である。
今年の9.9節、10.10節はどうだったのだろうか? 咸鏡北道茂山(ムサン)郡に住む取材協力者は、電話で次のように伝えてきた。
「8月15日に食用油1本が出たのが最後。9.9節も10.10節も住民対象の『祝日特別配給』はゼロ。何もなかった」
一方で、党機関、人民委員会(地方政府)、司法検察機関、貿易会社などは、独自に物資を調達して「祝日特別配給」を出したという。取材協力者は腹立たしそうに次のように説明した。

◆権力機関だけ与えて人民にはナシに憤り
「権力機関では、副業して自力で特別配給を出し、党機関は貿易会社の支援を受けて、食用油、砂糖、豚肉、化学調味料などが出た。強盛会社(貿易会社)の茂山支社では、従業員に100中国元(約1500円)と白米20キロ、食用油5リットルを供給した。茂山郡の住民たちは、『国家機関は、住民には「祝日特別配給」を一切出さないくせに、自分たちや貿易会社の連中は受けとっている。とんでもなく間違いっている』と憤りの声が出ている」。
軍兵士はどうだったのだろうか? 協力者が調べたところ、茂山郡駐屯する軍部隊には、10.10節に兵士一人当たり豚肉100グラムが供給されたという。また、茂山郡人民委員会では、地元の食品工場を利用して、子供向けの国産菓子の供給を計画したが、工場側の求める代金の予算が確保できず生産できなかったという。
「国に金がないということだ。9.9節と10.10節は国家的な祝日だから、何がしかは住民に供給し、これまで中断されたことはなかった。今年は歯ブラシ1本、歯磨き粉ひとつ供給できなかった」
協力者は報告をこう結んだ。
なお、2018年度も、10.10節「祝日特別配給」は皆無だったという報告が各地から届いていた。(カン・ジウォン)

国民は飢えに苦しんでいるのに権力者は私腹を肥やしていると言う事ですね。
国が破たんする直前ではそのような事は頻繁にあります。北朝鮮は今後どこまで持つのでしょうか?
しっかりと見定めないといけません。

日本は戦力を持っていないとされています。国民を守ることが出来ないのです。
それを打開するための憲法改正議論が国会では行われています、しっかりと未来を考えていきましょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



国防 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2019/10/15 06:00
コメント:

管理者のみに表示