FC2ブログ

紳士のスポーツラグビー

img_15d656438791e59714ba8e7bb7ef5fb7263031.jpg
新市のスポーツであるラグビー
今回のワールドカップにて日本は沢山の偉業を成し遂げています。
ベスト8に進出し、様々な名場面が出てきました。
各国の参加者も台風にて中止になればボランティアとして復旧作業を手伝うなど様々な温かい心が発現しています。
これは開催地が日本だからでしょうか?いえスポーツマンとして当たり前のことを当たり前に行っている結果ではないでしょうか?
素晴らしい事だと思います。

日本はベスト8となりました。その時の様子が記事になっていますので紹介します。
【ラグビーW杯】日本、史上初8強! スコットランドとの歴史的死闘制して4連勝、超満員の横浜が熱狂
運命のプール最終戦、日本がスコットランド破る
 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は13日、横浜国際総合競技場でのA組最終戦で日本とスコットランドが決勝トーナメント進出をかけて激突。超大型の台風19号の影響で中止が懸念された一戦は、日本が28-21で勝利し、史上初の8強入り。4連勝で堂々の首位通過を決め、20日の準々決勝では南アフリカと対戦する。
 運命のプール最終戦は台風の影響で開催が危ぶまれた。関係者の尽力による、急ピッチの整備で中止は免れたが、猛威を振るった台風で甚大な被害を受けた地域もあり、試合前には両国選手らによる黙祷が捧げられた。
 日本は引き分け以上で悲願の8強入りが決定。一方でスコットランドにとっては勝たなければ先がない。どちらかが残り、どちらかが敗退を喫するゲームで先手を取ったのは後がないスコットランドだった。
 スコットランドは前回のロシア戦から中3日の日程だが、15人中12人を入れ替えたチームは立ち上がりから出足が鋭い。SOラッセルのキックパスによる大きな展開でチャンスを作り、最後はラッセル自身が右中間にトライ。コンバージョンも決まり7点を先行する。超満員の日本のファンで埋まった観衆が静まり返った。
 15分にはSO田村優がPGを狙うがこれは決められない。それでもその直後だ。WTB福岡堅樹からのオフロードパスを受けたWTB松島幸太朗が中央に今大会5つ目となるトライ。田村がしっかりとコンバージョンを決めて、7-7と追いついた。
 21分にはPR具智元が右脇腹付近を痛め、ヴァルアサエリ愛に交代するアクシデントも。それでも25分に松島が相手のタックルをものともしない突破から、細かくオフロードパスをつなぎ最後はFBウィリアム・トゥポウからのパスを受けたPR稲垣啓太が代表初トライ。田村もゴールを決めて14-7と逆にリードを奪う。
 38分には田村がPGを外したが、その直後に福岡が左サイドを駆け上がり、3試合連続のトライ。先発に抜擢されて結果を残した。
 前半を21-7で折り返した日本。後半も2分に福岡がビッグプレー。自陣から一気にターンオーバー。相手ディフェンスの間を割り、ぐんぐん加速するとそのまま中央にトライ。この日4つ目のトライでボーナスポイントの獲得に成功。28-7とリードを広げる。
 しかし、これで黙っていないのがスコットランドだ。後半9分にPRネルのトライで反撃の狼煙を上げると、12分には一気に5選手を交代。15分にはPRファーガソンがトライ。7点差まで一気に追い上げる。
 さらにスコットランドは猛攻を仕掛けてくるが、気迫のディフェンスで凌ぎ切った日本は4連勝。南アフリカから大金星を挙げ3勝(1敗)した前回大会でもなしえなかった史上初の決勝トーナメント進出を決めた。20日の準々決勝(東京スタジアム)では、南アフリカと相まみえる。

なかなかの好試合だったようですね。横浜スタジアムの周辺は台風などの大雨の際、川の水を逃がすための遊水地になっており、駐車場はすべて水野加奈に沈む設計になっています。
そのため、12日に直撃した台風の影響で相当荒れていたのでしょうね。
しかし、関係者の尽力により開催できたと言う事のようです。

しかし、今回の日本チームの結束は強いですね。
国歌も全員で歌い切ったその背景には努力が垣間見えています。
迫力の「君が代」斉唱、W杯外国出身選手はどう練習?
 ラグビー・ワールドカップ(W杯)で日本代表と、強豪・アイルランドとの一戦が28日に行われる。国の威信を懸けた代表戦の試合前に必ず行われる国歌斉唱。日本代表選手の半数を占める外国出身者も、“第二の故郷”の国歌「君が代」を完璧に歌いきる。なぜ彼らは母国ではない日本の国歌を覚え、全力で歌うのか。その理由は「国を背負う」重みにあった。(桑村朋)
 「君が代は 千代に八千代に さざれ石の-」
 20日、東京・味の素スタジアムで行われたW杯開幕戦。日本代表のメンバーはいつもよりも緊張した面持ちだったが、力強く日本国歌を歌いきり、会場を奮い立たせた。
 「小さな石が一つの大きな岩になるのは、まさにわれわれがやろうとしていること。(メンバー)一丸でゴールに向かいたい」
 W杯を前に、こう語った日本代表のピーター・ラブスカフニ。母国は南アフリカだが、君が代の歌詞「さざれ石の巌となりて」の意味をひもといた上で、日本代表として団結することの大切さを説いた。

■全員で練習
 ラグビーでは、国籍が違っても、3年以上継続して居住するなどの条件を満たせば代表資格が得られる。W杯日本大会の日本代表は計31人だが、そのうち外国出身の選手は15人と過去最多の半数を占める。
 外国で生まれた選手にとって、日本に来るまで縁もゆかりもない君が代。日本人でも意味を知らない人もいるだろうが、彼らは歌詞や意味を完璧に覚え、全員で肩を組んで熱唱する。彼らはどのように君が代を覚えたのか。
 「合宿では必ず全員で君が代を練習する」と明かすのは主将のリーチ・マイケル。自身が中心となり、歌詞や意味を外国出身者に伝える。「君が代の中身を自分たちにつなげ、理解して歌わなければ。より良い試合をするためにも、チームに日本を愛する感情を作らないとならない」と、常々愛国心の重要性を説く。

■合宿最後に
 《外国出身選手が真剣に君が代を歌う姿を見て泣きそう》《日本人より日本人らしい》
 優勝候補の南アフリカに歴史的勝利を収めた前回大会(2015年)では、こうした書き込みがインターネット上で多く見られた。当時はメンバーの3分の1が外国出身者。真剣に国歌を歌う彼らの姿に感動した日本人も少なくない。
 今年7月のW杯に向けた宮崎合宿最終日。代表メンバーは、宮崎県日向市の国内最大級の「さざれ石」を見学し、全員で「君が代」を斉唱した。選手自らの発案だった。ジェイミー・ジョセフヘッドコーチは「誇りを持って国歌を歌うことは大事。合宿の締めくくりに最適だった」と意義を語った。
 日本代表の外国出身選手を取り上げた著書『国境を越えたスクラム』(中央公論新社)があるノンフィクションライター、山川徹氏は「国歌を知ることで、国を代表する責任感、チームへの帰属意識が生まれるのだろう」と分析する。
 国歌の練習は、未勝利に終わったニュージーランド大会(11年)の後、当時の日本代表主将の広瀬俊朗氏の提案で始まり、徐々に浸透したという。山川氏は「外国出身選手は国歌の練習を通して日本文化を知り、『本当の仲間になれた』と思う。一見ばらばらに見えるチームが、こうしてまとまる姿を楽しむのもラグビーの魅力だ」と話している。

この時訪れた日向市のさざれ石の件が記事になっています。
ラグビー日本代表、大御神社にある「さざれ石」を訪問
7月17日(水)、先日で1ヶ月にわたる宮崎合宿のグランド練習を終えたラグビー日本代表は、最終日、バスで1時間あまりの場所にある日向市・大御神社(おおみじんじゃ)にある「さざれ石」を訪れた。
この場所に日本代表チームが来るのは、2015年ワールドカップを控えた時期に続いて2回目のことだった。
キャプテンのFL(フランカー)リーチ マイケルは「このチームはダイバーシティー、いろんな国の人がいる。もっと日本のことを知ってもらわないといけない」。
「日本は1000年以上の歴史を持っている。たくさんいい感じのもの(文化)を持っているし。知ることで日本が好きになるし、もっとがんばらにといけないと思うようになる
」ということで、リーダーグループを筆頭に、大御神社に行くことを決めた。
国歌の「君が代」に出てくるさざれ石の由来を聞いた後、リーチは選手たちに「ここ(大御神社のさざれ石)に来たのは、日本の国歌の意味まで知ることが重要だと思ったからです」。
「日本代表には色々な国の人がいて、それぞれのナショナルアンセムがあると思います。だからこそ日本の国歌、君が代の意味を知ることは非常に大事です。桜のジャージはできた時から1人の力だけじゃなくて、みんなで大きくなっていると思うので、そこからさらに新しい歴史を作って行くのが僕たちの責任です」。
そして、「今日しっかりこれを見て、次、国歌を歌うときに思い出してもらいたいと思います」と話した。
ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)、リーチキャプテンらスタッフと選手たちは一緒になって、さざれ石の前で君が代を歌った。その後、本殿でお祓いも受けた。
大御神社の参拝を終えた後、ジョセフHCは「心身ともに非常にコミットしてくれた合宿だったので、締めくくりとして、神社で行ってお祈りすること大事だと思った」。
「外国人選手たちはいろいろ感じられたと思います。国歌斉唱を試合で誇りを持って歌うということは、非常に大事なことだし、合宿の締めくくりは最適なことだと思います」と話した。
「君が代」の意味を噛みしめ、7月27日に開幕するパシフィック・ネーションズカップ、そしてワールドカップに備えて身を清めた日本代表選手たちは、しばしのオフの後、21日に再集合してフィジー代表戦に備える。

日本として一丸になる。様々な石や土が一緒になって形成されるさざれ石、日本も様々な百姓さんがいて歴史が紡がれています。
それを表現するにふさわしいと思いますし、君が代は恋の歌です。
厳粛な気持ちになる歌でもありますが、素晴らしい歌ともいえます。
皆で一緒に歌い一丸となった日本チーム、素晴らしい戦いを行いました。

さて、ベスト8戦を戦ったスコットランドも素晴らしいですね。
【ラグビーW杯】敗退スコットランド、主将レイドローは涙 「何より日本が素晴らしかった」と称賛
21-28と接戦演じるも日本に主導権握られ、2大会ぶりにベスト8逃す
 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は13日、A組最終戦の日本対スコットランドが行われ、日本が28-21で勝利し、史上初の決勝トーナメント進出を決めた。2大会ぶりにベスト8入りを逃したスコットランドのレイドロー主将は悔しさを滲ませながらも「何より日本が素晴らしかった」と敵を称えた。
 80分間、ともに熾烈な戦いを演じた。スコットランドは先制トライを挙げるも、日本に同点に追いつかれると勝ち越しトライも許し、ここからは追う展開となってしまった。
 試合後、インタビューに応じたレイドローは悔しさを滲ませながらも紳士的な態度で「何より日本が素晴らしかった」と日本と称えた。さらに、この日の敗因として「前半、日本にボールをキープされてしまった」と話し、「いいゲームになると思っていたけど、28点も取られて追いかける展開になってしまった」と悔いた。
 インタビューを終えた後、チームメートと並んで観客にお辞儀したレイドローの目には、うっすらと涙が浮かんでいた。

スコットランドのチームも素晴らしい活躍を見せてくれました。
まだ終わっていませんがさらに良い試合を見せていただきたいものです。

お互いがお互いを讃えあう。これがスポーツの精神であると思います。
素晴らしい大会になっていますね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



教育 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2019/10/18 06:00
コメント:

管理者のみに表示