fc2ブログ

自分勝手な自由を主張する左翼達

o1039058114534751899.jpg
左翼が自画自賛し、国民が怒りに満ちていた愛知の展示会が終了したそうです。
日本に多大なるダメージを与えるためだけに開催された展示会
日本へのヘイトはヘイトスピーチではないという身勝手な論理を持ち出して反論する左翼達
みっともない人々という認識以外ありません。

その左翼達をかばおうと朝日新聞がこんなことを書いています。
(社説)あいち芸術祭 閉幕後も山積する課題
あいちトリエンナーレが閉幕した。脅迫や執拗(しつよう)な抗議で中止に追い込まれた企画「表現の不自由展・その後」は、最終盤になって再開にこぎつけた。入場が抽選制になるなどの制限は残ったが、不当な圧力に屈しない姿勢を示せたのは良かった。
 一連の出来事は、表現活動をめぐる環境が極めて危うい状態にある現実を浮き彫りにした。引き続き問題の所在を探り、是正に取り組む必要がある。
 騒ぎの発端は、作品を見ることも、制作意図に触れることもないまま、断片情報に基づく批判が開幕直後に寄せられたことだった。河村たかし名古屋市長ら一部の政治家が、同じく表面的な事象だけをとらえて攻撃を加え、火に油を注いだ。
 とどめは文化芸術を守るべき文化庁だ。9月下旬になって、内定していた補助金の不交付を決めるという暴挙に出た。
 申請手続きに不備があったというのが理由だが、菅官房長官らは早々と8月初めの時点で支給の見直しを示唆している。表現そのものに圧力をかけようという意図は明白だ。補助金の審査に関わる外部専門家の意見も聞かず、再検討の経緯を記録した文書もない。行政が本来の道を踏み外し、暴力で芸術を圧殺しようとした勢力に加担した。そう言わざるを得ない。
 宮田亮平長官は東京芸術大学の前学長だ。事態の深刻さは認識しているはずだが、部下が不交付を決め、自分は関与していないと釈明する。本当であれば組織の長としての資質を欠く。文部科学相も首相も「われ関せず」を決めこんでいる。
 全てがあいまいなまま、補助打ち切りという事実だけが残ればどうなるか。「議論を呼んだり、政府ににらまれたりする恐れのある活動は控えよう」という萎縮が広がるのは必至だ。
 美術、文学、音楽を問わず、既成の概念や価値観をゆさぶる作品が、次の時代を切り開き、自由で多様な方向に世界を広げる原動力になってきた。それが否定されてしまえば、社会は閉塞(へいそく)状況に陥るばかりだ。
 慰安婦に着想を得た少女像や昭和天皇を含む肖像などが燃える映像作品に対して、「日本へのヘイト」との批判も飛び出した。これもあきれる話だ。
 表現の自由への過度な制約にならぬよう、規制すべきヘイト行為とは何か、社会全体で議論を重ね、定義づけ、一線を引いてきた。明らかにそれに当たらない作品をヘイトと指弾することは、蓄積を無視し、自分が気に食わないから取り締まれと言うだけの暴論でしかない。
 ゆるがせにできない課題が数多く残されている。閉幕で一件落着ということにはできない。

申請内容と実際に展示された内容が異なればそれは申請の不備というよりも詐欺と言った方が適切です。
なのにこの恨み節はなんなのでしょうね。
それに自分たちの作品は芸術とか言っていますが、日本に対する侮蔑表現、憎悪表現は許されると思っているところに救いは無いでしょう。
彼らの様な人々が朝鮮人のやってきた差別や特権を報道すると攻撃してきます。
何故日本人目線で話が出来ないのでしょうか?自分の大切に思っているものを攻撃されたら怒るのは当たり前の事
それをしてはいけないと言う訳の分からない理論は誰も聞く耳を持つことは無いでしょう。

天皇陛下の御真影を燃やして踏みにじった映像を芸術とか言って馬鹿にしている品を作った人が馬鹿げた話をしています。
「天皇批判ではない」不自由展作家の新作、山形で上映会
 「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・その後」で、出展した映像作品が抗議の対象になった、現代美術家・大浦信行さん(70)の新作映画「遠近を抱えた女」の上映会が14日夜、山形市内であった。山形国際ドキュメンタリー映画祭の関連イベントとして開かれた。
 大浦さんが不自由展に出展した映像作品「遠近を抱えて PartII」については、昭和天皇を含む肖像群が燃えるシーンが含まれることに抗議が相次いだ。映画「遠近を抱えた女」にも同様のシーンがあり、それを「PartII」に引用したという。「燃えているのは、(天皇や他のイメージを貼り合わせた)僕の内面を映し出した自画像としてのコラージュ作品。昭和天皇を批判するものではない」などと説明した。
 映画は、現実と虚構を織り交ぜながら、舞台俳優の女性の日常を描いた約1時間半の作品。太ももにタトゥーを入れ、稽古や自宅で過ごす様子を撮ったノンフィクションと、出会い系サイトを通じて売春を重ねるフィクションの映像が組み合わされ、ところどころに肖像群が燃える、ドラム缶が爆発するといった抽象的なシーンが差し込まれる。大浦さんは「日常を描く映像と、全く異質な映像がぶつかることで、新たな現実が見えると考えた」と話した。

いくら批判している作品ではないと言ったところで事実は変わりません。
この作品を見た人がどう思うのか、それが問題だと言うのでしょうか?
理解できない作品は芸術ではありません。そんな身勝手な人達と付き合うのは止めましょう。
こんなもん芸術ではありません。程度が低すぎます。自費でやってください。

名古屋市は補助金の交付を辞めましたが追及は止めないようです。
河村氏「だまされたのでは」トリエンナーレ検証委設置へ
 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・その後」を巡って、河村たかし名古屋市長は15日、芸術祭開催費用の市負担分を支払うかどうかを判断するため、市として検証委員会を設置する考えを示した。
 愛知県や市などからなる芸術祭実行委員会の会長代行を務める河村氏は「なぜ(芸術監督の)津田大介氏が選ばれて、どういうプロセスでああいう展示がされたのか。だまされたのではないか」などと主張。意図的に展示内容を伝えなかった事態はないかなどを検証し、結果次第では、今年度の負担金約1億7千万円のうち未払い分約3千万円の不払いや、すでに支払った約1億4千万円の返還を求める姿勢を示した。
 河村氏は不自由展について、「天皇陛下の肖像をバーナーで燃やして足で踏んづけることを市民が応援したことになる」などと内容を批判し、再開に反対していた。また、実行委の意思決定機関である運営会議の開催を求めたにもかかわらず、県が市への相談がないまま検証委員会を設置したことも「暴力的に決めた」と主張している。

このようなものを作品としては認めない、というのはみな同じことだと思います。
税金を使う=作品を認めることになりえてしまうのです。そんなもんに税金を費やすのはおかしいと言う声は多くの国民から聞こえてきます。
日本人は怒りの声を上げていきましょう。

そんな天皇陛下を敬うことが出来ない大村知事が即位の儀に参列するとか言う暴挙に出るそうです。
それを聞いて国民は怒りの声を上げています。
大村知事の「即位の礼」出席は許されるのか 竹田恒泰氏が猛反発「皇居の濠を渡る資格無い」
 天皇陛下が国内外に即位されたことを宣言される「即位礼正殿の儀」が22日に行われる。この厳粛な儀式に愛知県の大村秀章知事が参列することを、明治天皇の玄孫(やしゃご)である作家の竹田恒泰氏が猛反発している。大村知事は同県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・その後」で、昭和天皇の写真を燃やして、灰を足で踏み付けるような映像作品の再公開を認めた張本人だからだ。
 《昭和天皇は私の親戚である。その昭和天皇を侮蔑し、名誉を毀損(きそん)する展示に対して、私は深く傷ついた。皇族方の多くも同じように傷ついたに違いない》
 竹田氏は11日、ツイッターでこう発信した。行間に怒りがにじんでいた。
 昭和天皇は、日本国憲法の第1条で「日本国」「日本国民統合」の象徴であられた。
 竹田氏は4日発行の夕刊フジで、そんな天皇陛下を侮辱した前出の映像作品を「『日本ヘイト』以外の何物でもない」と断言し、税金を投入し、しかも公共の場で公開したことを批判した。
 怒りの矛先は、同祭の芸術監督でジャーナリストの津田大介氏と、実行委員会の会長を務めた大村知事に向いた。
 前出のツイートは、こう続く。
《一般人なら、間違いなく遺族が訴訟する。皇室が起訴しないことを良いことに、あの展示をしたのだろう》
 《ヘイトにも表現の自由があるというのは、公職者としてあるまじきこと。即位の礼には出席しないでいただきたい。わが国の象徴にヘイトを浴びせる貴殿には、皇居の濠を渡る資格は無い》
 憲法には「表現の自由」(第21条)だけでなく、「公共の福祉」に反する権利濫用を禁じた第12条もある。
 内閣官房・内閣府皇位継承式典事務局によると、22日の皇居・宮殿での儀式には、47都道府県の知事をはじめ各界から計約2500人が参列する。大村知事も招かれており、出欠の届け出は1日に締め切ったという。
 果たして、大村知事は皇居の壕を渡るのか?
 愛知県の秘書課は「出欠の公表は差し控える。脅迫まがいの話もあり、警戒態勢を上げており、愛知県警とも相談している。状況が落ち着くまでは公表しない。事後公表もあり得る」と語っている。

脅迫とか言っていますがまずは自分のやったことを振り返っていただきたいですね。
日本へのヘイトスピーチが許されるとでも思っているのでしょうか?あなたは日本の公僕にすぎません。
義務を果たして権利が主張できます。責任があるから自由があるのです。
それを果たさない人間に権利はありません。自由もないのです。無責任もいい加減にしていただきたいものですね。

怒りの声を出していきましょう。
こんなもの間違っています。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



教育 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2019/10/19 06:00
コメント:

管理者のみに表示