FC2ブログ

ブーメランが突き刺さる民主党

CTq8OdyUYAABd15.jpg
給料泥棒と言われて久しい民主党
他人の粗を探すのに手いっぱいで仲間の状況なんて知らんぷり、知らないのでどうなっても良いと考える価値観は大凡日本人とは相いれることはないでしょうね。
自分たちの疑惑には一切答えずに棚に上げ、他人を批判するその姿勢は誰からも嫌われる存在となりました。
そんな民主党、支持率も減っており分裂して新しくしたのですが、全く効果がありません。
売国奴の集団であるtことがばれてしまっては国民からの支持は増えることがないでしょう。

さて、そんな民主党が自民党議員が香典二万円出したことを問題視して辞任に追いやったそうです。
菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声
 地元有権者にメロンなどを贈ったとされる疑惑が国会で追及されている菅原一秀経済産業相(衆院東京9区)について、進退を問う声が与党内で広がっている。衆院経済産業委員会の与野党理事は23日、菅原氏に対する質疑を25日に行うことで合意したが、菅原氏の秘書が地元有権者に香典などを配った疑いが新たに浮上し、野党が追及姿勢を強めている。
 新たな疑惑は、菅原氏の秘書が今月、地元有権者の通夜が営まれた東京都練馬区の葬祭場に香典を持参した

そもそも公職選挙法違反なのかわかりませんけど、香典を出すことが違法と言う事が理解できません。
議論しているのでしょうか?自分がいけなければ秘書にお願いするのは普通の事です。
違法と言いますが、その法律がおかしなものであり議論が尽くされていないと言う事がよくわかる事例ですね。
これも皆揚げ足取りだけしかしない民主党などの野党議員が問題なのでしょう。審議の際に問題点を指摘しなかったことが議員として仕事をしていないと言われる所以だと思います。

しかし、追及する方が同じことをもっと盛大に行っている事にはびっくりしますね。
立憲民主、福山哲郎幹事長は手ぬぐい代26万円を支出 線香問題飛び火の野党、公選法改正を主張
 立憲民主党の福山哲郎幹事長(参院京都選挙区)が代表を務める政党支部などが平成22、23年、手ぬぐい代として7件計26万3665円を京都市内の業者に支出していたことが5日、政治資金収支報告書から分かった。
 福山氏が代表を務めた「民主党京都府参議院選挙区第2総支部」は22年に12万8950円、関連団体「フォーラム共生社会21」は22年に計8万1795円、23年に計5万2920円を支出していた。公職選挙法は、政治家側から選挙区内の有権者への寄付行為を禁じている。福山事務所は「海外要人からの土産の返礼や海外訪問時の土産として使用した」と説明した。
 民進党の岡田克也常任顧問(衆院三重3区)の「岡田かつや後援会」が22~25年、香典として15件計15万円を支出していたことも分かった。岡田事務所は「すべて選挙区外への支出だ」と線引きを強調した。
 衆院予算委員会野党筆頭理事を務める立憲民主党の逢坂誠二衆院議員(北海道8区)が代表をしていた「民主党北海道第8総支部」は23年、選挙区内の花店に生花代1万500円を支出していた。逢坂事務所は「支援団体の旗開きに出した。氏名が類推されるような方法を取っていない」として、問題ないとの認識を示した。
 茂木敏充経済再生担当相側による「線香配布」問題が野党に飛び火する中、逢坂氏は5日の衆院予算委で茂木氏を追及し「公選法の規定は、緩いというかグレーだ」と述べ、公選法改正を主張した。

当然、自民党議員に辞任を求めているならまずは自分たちの襟を整えてもらいたいものですね。
当然、辞任するのですよね。まさか辞任しないで責任を追及するなんて人の道から外れた行為をするつもりではないでしょうね。

他にもたくさん同じような事をしています。
希望の党・玉木雄一郎代表も香典代 立民・近藤昭一副代表ら野党議員の線香、供花支出続々判明
 茂木敏充経済再生担当相の秘書が選挙区の有権者に線香を配布した問題で、野党議員が代表を務めた政党支部や関連団体も線香や供花代などを支出したケースが複数あることが2日、分かった。希望の党の玉木雄一郎代表の政党支部が3年間で59万5千円の慶弔費を支出したほか、立憲民主党副代表の近藤昭一衆院議員、元民進党の菊田真紀子衆院議員らにも判明した。
 玉木氏が代表だった「民主党香川県第2区総支部」の平成22~24年の「1万円以下の支出」の明細書によると、「慶弔費」として22年に39件計21万円、23年に15件計9万円、24年に56件計29万5千円を計上していた。慶弔費は祝儀や香典を指す。玉木氏は2日、「秘書が葬儀に参列して持参した。政党支部の活動として支出したもので、公職選挙法に基づいたものだ」などとのコメントを発表した。
 希望の党では小川淳也衆院議員が代表の「民主党香川県第1区総支部」も22~24年に62件計37万円の「慶弔費」を計上。大西健介選対委員長の関連団体「健政会」は22年に香典代を17件計5万5千円、岸本周平役員室長の政治団体「周勝会」は26年に1万800円の線香代を支出していた。
 立憲民主党の近藤氏の「民主党愛知県第3区総支部」は21年に線香代3万円、関連団体「21世紀の国づくりを考える会」は25~27年に線香代10万2296円、供花代5万8200円を支出。同党の風間直樹参院議員の関連団体「樹政会」は線香代計3万3100円を支出した。菊田氏の「民主党新潟県第4区総支部」は22~27年、少なくとも香典代計106万4千円、供花代2万円、線香代1万2千円を支出した。
 支出が判明した議員は全員旧民主党に所属していた。立憲民主党の山尾志桜里衆院議員も民進党政調会長だった28年5月、後援会が25~26年に供花代と香典代計4万4875円を支出していたことが判明した。
 公職選挙法は政党支部や政治家が名前を表示し、または名前が類推される方法で有権者に寄付することを禁じている。線香や葬儀の供花、香典も該当する。香典は政治家本人が手渡せば抵触しない場合もある。

真っ赤な民主党の議員、で自民党議員がやった時だけ疑惑にするのでしょうか?
いい加減にしてもらいたいものですね。

自分たちが清貧ならわかりますが自民党議員よりもはるかに真っ黒なのに責任を負わないというのはおかしなものですね。
このような人々を選挙で落とすことが私たち国民の義務と言えるでしょう。
いい加減に売国奴は蹴落としましょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2019/10/30 06:00
コメント:
有難い御教え 格差をお願いいたします
「フリーメーソン 創価学会 統一教会 などのカルトは気が狂うように作っている」
「カルトは頭が狂うように作ってある」
某宗教研究家より

管理者のみに表示