FC2ブログ

嫌われるハロウィン

DSC_2930-625x364.jpg
もともとケルトのお祭りであったハロウィン、しかしながら商業主義によって元々の思想は破たんし、金儲けの道具に成り下がっています。
そんなハロウィンは日本では厄介者扱いを受けており、何故か暴徒が渋谷に集まる集会と化しています。
何を考えているのでしょうね。酒飲みは何かと理由を付けて飲みたがるのと同じなのかもしれませんね。

さて、1億円も防犯対策に金を掛けなければならないようになってしまったハロウィンの渋谷
商店街では頭を抱えているそうです。
「渋谷ハロウィン」地元民が怒るバカ騒ぎの実害 商店街理事長「あんなのマイナス経済効果」
2018年の渋谷のハロウィンでは、参加者の一部が暴徒化して、暴力行為や痴漢、盗撮などが横行し、ついにはトラックを横転させる者まで現れた。今年9月に出版された『ジャパニーズハロウィンの謎』では、渋谷センター商店街振興組合理事長である小野寿幸氏、そして同・副理事長の鈴木達治氏へのインタビューを実施。商店街の人たちが、今後、渋谷ハロウィンをどうしていきたいのかを聞いた(インタビュー実施日は2019年6月11日)。

ハロウィンは「変態仮装行列」
 小野理事長(以下、小野)「1番目がカウントダウン、2番目がサッカー、その次に出てきたのがハロウィンなんですね。例えばロンドンのハロウィンでは、大人はパブの中で騒いで、外では絶対に騒がない。郊外ではお子様のイベントになっている。
 ところが、ここのハロウィンは『変態仮装行列』。とんでもないです。6、7年前からあれっという間に参加者が倍々に増えて、去年はトラックが倒されて問題になった。マスコミも今まではあおる傾向にあったんですけど、さすがに同情的になってきました」
 ハロウィン当日のセンター街の売り上げは普段より大きく下がるといい、今では18時以降は路面店を閉めているそうだ。ハロウィンには経済効果があるのにもったいない、という論調を、小野理事長は「あんなのマイナス経済効果だよ」と一蹴した。センター街の店舗の従業員も、店から駅まで行くのが難しく、帰るのに困っているという。
 0時までに帰宅するよう渋谷区が訴えかけても、皆、終電で渋谷にやってきてしまう。イベント化・ルール化して抑えようという動きもあったそうだが、参加者たちは結局イベント後にセンター街に集まってくるだろう、というのが小野理事長の見解だ。
 小野「だから、変態なの。モラルのない人にモラルの話をしてもぬかにくぎ。センター街の中に警備車両、機動隊を入れてほしい。警備態勢で抑えていこう、と僕は言っています。渋谷には『若者の街』という冠が付くから、その若者を追い出すとはどういうことか、という声もある。ところが、あれは若者ではなく『バカ者』。しかも、地元の企業や若者は参加していない。渋谷区の人は、あんな騒動しないんです」
 最近は全国的にハロウィンの様子が放送されることから、名古屋や仙台からハロウィンの渋谷にやってくる中学生などもいるらしい。厳密に数えることは不可能だが、集まる人のうち仮装しているのは3割だけともいわれている。参加するのではなく、ただ見に来ている人が7割はいるのだとか。取材のために訪れたわれわれゼミ生も、その中に入るだろう。
 どのような思いから若者がハロウィンのセンター街に集まるのか。小野理事長の口からは、以下のような回答が得られた。

小野理事長の強い意志
 小野「自分の所属している会社に満足していない人や、組織から外れかかった人がいっぱいいるのかな。その人たちの鬱憤や不満がここに集まっているんじゃないですかね。自分の地域であんな格好したら疎外されるんじゃないかな。センター街へ来たら、同じような人ばかりいるから、すぐ友達になる。都会には注意する人がいませんからね」
 渋谷区役所にインタビューしたときは、若者の街のイメージを保っていきたい、なるべく規制はしたくないというスタンスだった。しかし、商店街側には少し強固な姿勢を見せていかなければならない、という意識があるようだ。
 小野「追い出すより受け入れてモラルを作ろうと言うけど、『バカ者』に対しては無理だと思うね。若者を冷たく追い出したくない、という考えがあるみたいだけど、悪いことする人に優しくできないもんね。緩やかさの中でも、ダメなものはダメって線を引かないといけない」
 また、2019年6月に成立した路上飲酒禁止の条例に関しても、理事長らは「ハロウィン」と銘打ってほしいそうだ。小野氏と鈴木氏からいただいた「『渋谷センター街』が考える ――渋谷ハロウィーン検討会の現時点での整理と方向性――」という資料によれば、「仮称『ハロウィーン対策条例』といった条例」について、「渋谷区、商店会連合会、警察などが一致団結して対応するということを内外に知らしめるために必要」というコメントが続く。
 小野「『ハロウィン』と銘打てば、マスコミが食いついて区長も僕らもコメントを出せる。そうすれば、『あいつらうるせえよな』『もう行くのやめようぜ』という抑止にもつながる。規制して痛い目に遭わせないと、もう効かないんですよ
 鈴木副理事長(以下、鈴木)「『渋谷は騒げる』という風潮が出来上がっていますから。マスコミは2018年の軽トラを機に、あおりから同情に変わり、今度は『渋谷、どうするの?』と追い詰める方向になってきている。これを機にインパクトのある対策、改革を打ち出さないといけない。オリンピックもありますし、今年がタイムリミットでしょうね。区長としては『違いを力に』と言っていますけれど、われわれとしては『間違いを力に』してはいけませんから」

商店街を封鎖してもいい
 規制や封鎖を行わなくてもどのみち売り上げは落ちている。だから、商店街としての強固な姿勢を印象付けるために、思い切ってセンター街を封鎖するレベルの対策をとってもいいのではないか、というのがお二人の意見だ
 鈴木「行ってもつまらないな、と思わせるぐらいでちょうどいいですから。恐れないで大胆にやってほしい」
 小野「ハロウィンのときに僕が『変態仮装行列』と発言したら、苦情は1件しかなかった。あとは『よく言った』『確かにそうです、応援します』といった応援、共感の声が30通ぐらい届いた。3カ月前に言っていたら、流行語大賞にノミネートされただろうね(笑)。騒ぎが自然消滅するように、逆にマスコミを用いて改革していかないといけない」

 ――今後の渋谷、今後のハロウィンは、どういう方向にもっていきたいとお考えですか?
 小野「もともと来ていたファミリー客は、怖くてハロウィンの時期の渋谷には来られないんですよ。今の区長は、安心安全の治安とにぎわいを一緒に走らせたい、という考え方。でも僕は、治安が先にいけば、にぎわいは後からついてくると思う。
 渋谷もヨーロッパを見習って、商店街のスタンプラリーのような新たなハロウィンを提供しようと言っています。要するに、お店の中でやる。そうすれば、お店側もウェルカム。従業員が仮装をしてお客さんを迎えるとか、方法はいっぱいでてくるはずです」

理想は「家族が安全に楽しめる渋谷」
 『家庭と防犯』(2019年2月)においても「若者の街・渋谷はファミリーが楽しめる街へ」というタイトルでお二人へのインタビューが掲載されていた。
 ロンドンのように屋内で上品に楽しむハロウィン、家族が安全に楽しめるような渋谷を作っていくことが、小野理事長らの理想なのだ。
 「変態仮装行列」「バカ者」といった表現は非常にユーモラスだが、センター街や近隣住民、買い物客が受けている被害は決して笑えるものではない。「若者の街」のイメージと安心・安全な街との狭間で葛藤する渋谷を、商店街、そしてパトロール隊の立場から支えるお二人の熱い思いが伝わってくるインタビューだった。

迷惑な存在になったハロウィンの亡霊たち、普通の人がストレス発散をするために行っていると思われているのでしょうね。
無責任に騒ぐ子供達、と呼べない若者たち、ルールを守ってお祝いするわけでもなく自分たちが発散できれば良いというだけだそうです。
本当に下らないですね。お祭りの意味が分かっていない野党みたいな人たちです。
ハロウィンを商業化したのも悪影響があります。儲けを重視してイベントをたくさん作り消費を上げようとする小売店、他人の不幸を飯のタネにしているマスコミなどがこの騒動の原点なのでしょう。
子供達のお祭りに酒が入る若者、情けないと思わないのでしょうか???

そんな渋谷ですが今年も逮捕者が出たそうです。
渋谷ハロウィン 9人を逮捕
 10月31日のハロウィーンで、東京・渋谷に集まった若者たちの数は去年よりも減ったものの、1日朝までに痴漢や窃盗などで9人が逮捕されるなど混乱もみられました。
 去年のハロウィーンで、酒に酔った若者らが車を横転させるなどトラブルが相次いだことを受け、渋谷区は路上飲酒を禁止する条例を施行しました。
 「(お酒飲めないことについて)賛成。安全なので楽しい」
 警視庁は、機動隊を含めた警察官数百人態勢で警戒にあたり、31日午後8時前から渋谷駅周辺を通行止めにしました。警視庁によりますと、集まった人数は去年よりも減ったものの、1日朝までに痴漢や窃盗などの疑いで9人が現行犯逮捕されたということです。(01日06:50)

何をしに渋谷まで来ているのでしょうね。なんか渋谷にはあるのでしょうか?
私が知る限りNHKやアムウェイなどがあるくらいですね、たしかフォーエバー21とかいうものありましたか?
あまりメジャーなイメージはありません。乗換駅の一つくらいの印象です。
若者にとって何か象徴的な駅なのでしょうか?よくわかりませんね。

そんな渋谷ですけど、変な集団が練り歩いたそうです。
ハロウィンの渋谷に「不気味な習近平」大集合! それは香港に向けたエールだった
「誰なのこのおじさん! キモい!」
「新興宗教!? ヤバすぎでしょ!」
「古田新太か大島美幸に似てるかも!」
「今年のハロウィン仮装ぶっ飛びナンバーワン!」
ハロウィン直前の日曜となった10月26日の夜7時、東京・渋谷駅ハチ公像前──。50〜60人の謎の集団が、いきなり習近平・中国国家主席のお面をつけて出現。あまりにシュールな光景に一帯が騒然にとなった。
今日は渋谷で「光復香港」
突如、渋谷に降臨した大勢の“習近平たち”。
彼らは忠犬ハチ公像を囲み、思い思いのポーズで集合写真撮影に興じた。その姿にギョッとしながら、通りがかりの市民が足を止めては彼らの異形をスマートフォンのカメラで収めていく。ただ悲しいことに、ほとんどの若者はお面の人物が誰なのか知らないようだ。やがて“習近平たち”は隊伍を組み、群衆に揉まれながらスクランブル交差点を駆け足で何度も横断するフラッシュモブを繰り広げた。
一行の目印となったのは、空にたなびく「光復香港、時代革命(取り戻せ香港を、今こそ革命を)」の旗だ。そして彼らを先導するのは、ヘルメットやガスマスクで完全武装した若者たち。その姿は香港で連夜、警察との仁義なき戦いを繰り広げているデモの参加者そのもので、この一夜限りのパフォーマンスには、在日香港人たちが「離れていても僕らの心は香港とともにある」と呼び掛けるメッセージが籠められていた。
ちなみにホンモノの習近平国家主席は先ごろ、インドを公式訪問。10月11日にはモディ首相と連れ立って南部のタミル・ナードゥ州を訪れたが、その際、チェンナイにあるアーウィン・スクールの生徒約2000人が一斉に習近平のお面をかぶって習の訪問を歓迎したことが報じられた。
インドのお面に「言外の含み」などは無く、習近平と中国へ純粋(!?)に媚びるための演出だったようだ。とはいえ教職員に言われるがまま習のお面を装着した生徒は皆、無表情だったに違いない。何より写真からは違和感しか伝わってこない。
ハチ公像前の「習近平大集合」をしきりにスマートフォンで撮影していた宮城県出身の大学院生(25)は「インドのニュースをネットで見たばかりだから驚いた。一見、習近平愛をアピールしているようでいて素顔はさらさず、実はものすごく習を拒否しているようにも受け取れるのが深い…」と語る。

渋谷での騒動にかっこつけて反中共を訴える、このような手法は昔からよくありますね。
香港国内では弾圧されるので出来ない事を日本国に行い世界にアピールすると言う事でしょうね。

嫌われ者が集合する祭りとなってしまったハロウィン
もっとしっかりとお祭りの意味を考えていきましょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



歴史 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2019/11/04 06:00
コメント:
渋谷の町会の人のまともな言葉
バカ騒ぎをする外国人への意見として「(日本でやらずに)自分の國でやればいい」。ハロウィンのお祭りは仮装はするがバカ騒ぎはしないのだそうだ。
「権利だけ要求しないで、ボランティアーで被災地に行け!」。
テレビ画面で怒りの発言に拍手した。
駄目なものは駄目!やってはいけないことはやってはいけない!

管理者のみに表示