fc2ブログ

大嘗祭も無事に終わりました。

1574465908_photo.jpg
天皇陛下が御即位なされてから初めて行う新嘗祭の事を大嘗祭と言います。
新嘗祭は一番重要な国事行為であるとともに、神へ大地へ感謝を伝える収穫祭に当たります。
神への感謝を忘れないで美味しい農作物を頂くお祭りですね。
その大嘗祭が無事終わり、陛下は伊勢神宮へご報告にあそばされたそうです。

伊勢神宮へのご報告の儀の事を親謁の儀と言うそうです。
こちらにその記事がありました。
大嘗祭の次第決定 両陛下11月22、23日伊勢神宮ご参拝
 宮内庁は2日、代替わりに伴う儀式や祭祀(さいし)の細部を詰める「大礼委員会」の第8回会合を開催し、11月14、15日に行われる大嘗祭(だいじょうさい)の中心儀式「大嘗宮(だいじょうぐう)の儀」の式次第や、大嘗祭以降の即位関連儀式の日程などを決定した。儀式終了後の同月21日~12月8日に「大嘗宮」を一般公開する。
 大嘗祭は一世一度の重要祭祀で、11月14日午後6時半から「悠紀殿供饌(ゆきでんきょうせん)の儀」が、翌15日午前0時半から「主基(すき)殿供饌の儀」が行われる。儀式の参列者を招き、皇居・宮殿で催される饗宴「大饗(だいきょう)の儀」は16、18日の正午から行う。
 大嘗祭終了後、天皇、皇后両陛下が伊勢神宮(三重県伊勢市)や歴代天皇陵を参拝される「親謁(しんえつ)の儀」の日程は▽同月22、23日に伊勢神宮▽27日に神武天皇陵(奈良県橿原市)、孝明天皇陵(京都市)▽28日に明治天皇陵(京都市)▽12月3日に昭和天皇陵、大正天皇陵(ともに東京都八王子市)-に決定した。
 伊勢神宮への親謁では平成の際、馬車が使われたが、皇后さまに馬へのアレルギー症状があるため、馬車は天皇陛下のみが利用され、皇后さまは御料車で参拝される。伊勢神宮や歴代天皇陵への参拝には平成の際、皇族方が同行したが、今回は皇族数の減少を考慮し、同行されないという。

歴代の天皇陛下、先祖に無事即位したことを報告する儀式になります。
22日、23日に先祖である天照大神へ報告する問う事です。
この儀式には外相会談をはるかに上回る規模の警備体制が引かれ4500名もの警察が配備されているそうです。

その伊勢神宮への移動に際し、馬車が使われたそうです。
天皇陛下、馬車で伊勢神宮をご参拝 即位されたことを神さまにご報告
 天皇陛下は「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」に「立纓御冠(りゅうえいのおんかんむり)」「御挿鞋(おんそうかい)」を身に着け、儀装馬車にお乗りになり親謁の儀に臨まれた。
 続いて、皇后陛下は十二単(ひとえ)といわれる「御五衣(おんいつつぎぬ)」「御唐衣(おんからごろも)」「御裳(おんも)」「大垂髪(おおすべらかし)」の姿で御料車に乗り、親謁の儀に臨まれる。
 この日の伊勢地域は、曇りから時折小雨が交じる天気。祭典が始まる10分程前、神宮林の鳥たちが賑やかにさえずり始めると、ザッと一雨降った。静寂に包まれた神域が洗い清められると、陛下が乗車される儀装馬車の馬の足音が参道に成り響いた。親謁の儀を終えられた天皇陛下が退下(たいげ)されると同時に雨が降り始めた。前日の天気予報では大雨の予報だった。

なかなかありませんね。このような奇跡が幾度も続くのでしょうか?
天に祝福された天皇陛下 万歳!

この日、正宮の橋の中央から太陽が昇ったそうです。
伊勢神宮宇治橋前大鳥居中央から「ご来光」 両陛下内宮に親謁の儀
 天皇皇后両陛下がお泊りになっている伊勢神宮内宮(ないくう)の宇治橋前大鳥居中央から11月23日、朝日が輝き宇治橋を光らせた。
 両陛下は、「即位の礼」「大嘗祭(だいじょうさい)」を終えたことを皇祖神・天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祭る伊勢神宮に報告する「即位礼及び大嘗祭後神宮に親謁(しんえつ)の儀」に臨まれる。
 太陽の光がまっすぐ宇治橋を通過して大鳥居の真ん中から見ることができるのは冬至を挟む前後2カ月間だけ。毎年冬至の日には大勢の人が宇治橋前に詰めかける。


令和の世が本格的に始まります。
天皇陛下万歳
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2019/11/26 06:00
コメント:

管理者のみに表示