すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会

ようやく韓国から帰国しました。
大きなお風呂が恋しいです。
しかし、私たちには休んでいる暇はありません。
すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会
13歳で拉致された横田めぐみさんのご両親が80歳前後、妹の田口八重子さんが拉致された飯塚繁雄さんが70代半ば。拉致被害者の親の世代も兄弟の世代も高齢化しています。しかし、帰国した5人とその家族を除けば、多くの拉致被害者は「地獄の日々」を今も強制されています。
 一方、犯罪を犯した北朝鮮は、拉致問題は「もはや存在もせず、においもしない」と開き直っています。寺越事件や多数の特定失踪者は無視されたままです。
 その上北朝鮮は、これまでの経験から、国際社会がいずれは制裁をゆるめ支援の手をさしのべると確信して、昨年、何万人も餓死させながら、ミサイル発射と核実験を強行しました。独裁政権の維持には強攻策しかないと考えています。これに対し、国際社会はさらなる圧力を強め、中国でさえ国際社会に見えるところでは圧力をかけて見せています。
 金正恩政権が被害者全員を返すという決断をし、拉致問題での交渉に応じなければ、政権の存亡に関わるような不利益に直面させるべきです。そして、日本国民は怒っており、全被害者が帰ってくるまでその怒りは解けないというメッセージを送り続けなければなりません。
 家族会・救う会は、今年、「勝負の年の延長戦」を行うことを確認し、下記の通り国民大集会を開催いたします。前回同様、家族会・救う会・拉致議連の他、知事の会、地方議連の5団体が主催し、オールジャパンの集会です。また、担当大臣、各党代表はもちろん日本全国から知事、地方議員が集結します。政府拉致問題対策本部長である安倍内閣総理大臣にも出席を要請しています。
 日比谷から怒りの声をあげましょう。その日までに1千万筆署名を達成するべく広くお願いし続けています。皆様のご参加、ご支援を心よりお願いいたします。

日 時
平成25年4月27日(土)午後2時~5時

開 場
午後1時(先着順)

場 所
日比谷公会堂(100-0012千代田区日比谷公園1-3 03-3591-6388)
地下鉄霞が関駅B2・C4口、内幸町駅A7口、日比谷駅徒歩5分

訴 え・挨 拶
家族会・救う会役員、拉致議連役員、北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会代表、拉致問題地方議会全国協議会代表、政府代表、各党代表、特定失踪者問題調査会役員と同家族

参加費
無料(会場カンパ歓迎)

主 催
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(代表 飯塚繁雄)
北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(会長 西岡 力)
北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟(会長 平沼赳夫)
北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会(会長 上田清司)
拉致問題地方議会全国協議会(会長 松田良昭)

連絡先
救う会事務局
 03-3946-5780 FAX03-3946-5784
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
info@sukuukai.jp http://www.sukuukai.jp
427表
427裏

以上

しかし、民主党は嘘ばかりですね。
先日、国会では嘘つきが出てきました。
徳永エりです。
報道では隠しています。
<安倍首相>「脅かしに屈せず」 靖国参拝で中韓反発に
実際はこのような審議?になります。
http://www.youtube.com/watch?v=82EKIzR9BGk&feature=youtu.be
一部書き起こしです。
徳永エリ:
まあ、いずれにせよですね。拉致被害者の家族の方々は、実は非常にマスコミベースの話ですから今、ご説明を受けて、誤解を受けたところもあるかも知れませんけれども、あの、落胆をしているという声が聞こえてきています。はい。あのこんなことで本当にしっかりとですね。拉致問題の解決に取り組んでくれるんだろうかという声もあがっておりますが、その点はいかがでしょうか。
安倍内閣総理大臣:
まあ、その前に申し上げておきますが、質問の中でですね、拉致被害者の方々が懸念を表明された。これは極めて重要な質問です。どなたがそれを言われたか、これはやはり予算委員会ですから、ちゃんとして頂かないとですね、それは質問者としての信頼性、党として民主党として質問しておられるんですから、もしいい加減なこと、言っておられないのに言っていた、これは大変なことですからね。それは明らかにして頂かないとおかしいですよ。これは。ということを申し上げておきたいと思います。
その上にたってですね、外交というのは外交的な目的を達成するのにですね、あらゆる手段がとられる訳でございまして、例えば尖閣については、これは歴史的にも国際法的にも、日本の固有の領土であります。しかしこの我々の主張性を崩そうとしている、訳でありまして、その中において様々なことを言ってきたり宣伝したりする訳であります。ですからその中においてですね、我々はそれに屈しないという態度を取っているわけでございますが、そこで靖国の問題につきましても、例えば韓国も中国もそうなのですが、韓国では靖国について抗議をし始めたの一体いつなんですか?これはノムヒョン時代が顕著になった訳でございまして、キムデジュン時代にも少しありました。それ以前にはほとんど無いんですから。なぜ急に態度が変わったかというのも、ちゃんと調べておく必要があるんだろうと、このように思います。
中国においてもそうです。いわゆるA級戦犯が合祀された時も、彼らはその時の総理の参拝について、抗議はしていなかった。ある日突然、抗議をし始めた訳であります。そのことも良く認識をしておく必要があるんだろうと思います。尖閣においても1895年から1971年まで全く抗議をしていなかった。そして突然、抗議をし始めた。訳であります。そういうことをしっかりと頭に入れながら、対応していく必要があるんだろうと私はこのように思うわけでございますし、国のために尊い命を落とした、尊いご英霊に対して、尊崇の念を表する、これは当たり前のことであり、わが閣僚においてはどんな脅かしにも屈しないその自由は確保している、これは当然のことだろうと思います。


以上、
これは拉致被害者家族も現内閣も馬鹿にしていますね。マスコミベースというのは=信用できない話という常識を知らずに責任を持たないで発言を行う最悪な答弁です。
自分で聞き、国会にその話を伝えるの議員の責務です。責任を果たさないのに何を行っているのでしょうか?
だから民主党は信用できないのです。

少し話がそれましたが、宜しくお願い致します。

(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2013/04/27 06:00
コメント:

管理者のみに表示