fc2ブログ

輸出管理は輸出する側が輸入される側を信用出来て初めて緩和されるのです。

j3dHqw0-1536x864.jpg
日本の輸出管理強化、これは戦略物資を横流ししたであろう韓国に対して信用できなくなったことから規制の優遇を撤回したことから始まりました。
事は三年前から発生しており、毎年の様に日本政府は韓国政府に対して日本が輸出した戦略物資に対して何に使ってどのようにどんだけの量を使ったのか?との履歴管理を行った資料を要求していました。
これは世界中の貿易で行われるごく一般的なことであり、決して韓国だけやらなくてよいものではありません。
しかしながら韓国政府はその当たり前の事をやらないで優遇されるのが当たり前と思っているのがそもそもの間違いなのです。
その間違いを糺さない限り、日本から韓国への戦略物資の輸出に許可が出るとは到底思いません。
その事を韓国政府はいつ理解するのでしょうね。

さて、先日日韓外相会談が行われたそうですがたった10分しか行われていません。
と言うよりも立ち話程度だったんでしょうね。実際に調整が出来ずに開催すら危ぶまれていました。
日韓外相会談は調整つかず見送り
国際会議に合わせてスペインで行われることが検討されていた日韓外相会談は、日程の調整がつかず、見送られることになりました。茂木外務大臣としては、国際会議の合間に短時間、カン・ギョンファ(康京和)外相と意見を交わしたい考えです。
日韓関係をめぐっては、韓国政府が先月、日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAの維持を決定したことから、今月下旬に安倍総理大臣とムン・ジェイン(文在寅)大統領との首脳会談が調整されています。
これを前にASEM=アジア・ヨーロッパ外相会合に出席するため、スペインのマドリードを訪れている茂木外務大臣は、韓国のカン・ギョンファ外相と会談することを検討していました。
しかし、日程の調整がつかず、会談は見送られることになりました。このため、茂木大臣は外相会合の合間に短時間、カン外相と意見を交わしたい考えです。
日本政府としては、日韓関係悪化の根底にあるのは大東亜戦争中の「徴用」をめぐる問題だとして、今後も外交当局間の意思疎通は続けながら、韓国側に国際法違反の状態を是正するよう求めていく方針です。
そして、韓国国会でムン・ヒサン議長らが「徴用」をめぐる問題の解決に向けた法案の提出を目指していることも踏まえ、韓国政府の責任で日本側が受け入れ可能な解決策の実現を求めることにしています。

まずは韓国政府が国際条約を守ることから始めないといけませんね。
第一、徴用ではなく募集に応じた出稼ぎ労働者です。いつから徴用になったのでしょうね。
NHKもいい加減嘘を流すのは辞めてもらいましょう。
約束を守るという当たり前の事が出来ていない韓国政府、だから信用されないのですよ。

何処までも勘違いしている韓国、信用を元に戻すことは非常に困難であることが判っていませんね。
日本の輸出規制 「元に戻すことが最終目標」=韓国
【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部の李浩鉉(イ・ホヒョン)貿易政策官は29日、記者会見を開き、12月の第3週(16~20日)に東京で日本と輸出管理体制に関する局長級の輸出管理政策対話を開催することで合意したとして、同月4日にオーストリア・ウィーンで準備会議を行うと発表した。李氏は局長級対話に臨む。
 以下は李氏との一問一答。

――準備会議と輸出管理政策対話の目標は。
「日本が7月1日に発表し、同月4日に取った対韓輸出制限措置が以前の状況に戻ることを目標とする。『ホワイト国(輸出管理の優遇対象国)』への復帰、半導体・ディスプレー素材3品目の輸出規制の原状回復など、以前の状況に戻ることを最終目標として推進する」

――28日に非公開で課長級協議が開かれた背景は。
「課長級の準備会議が決まったのは、両国が局長級の政策対話を早期に開催する意志があったためだ。踏み込んだ議論を短い時間に集中的に行うため、非公開で開かれた」

――課長級協議の雰囲気はどうだったのか。
7月の日本の輸出規制措置後に初めて開かれた課長級協議と比べると、友好的な雰囲気でお互いが率直に、誠意を持って臨んだ。局長級(対話)の日程調整でも早期に開催するという意志があり、真摯(しんし)に対話をして速やかに合意できたと思う」

――12月4日にオーストリア・ウィーンで開かれる準備会議はどのようなものか。
「12月の第3週に東京で開かれる7回目の輸出管理政策対話を事前に調整するための、準備のための会議といえる」

――このような局長級の準備会議が開かれたことがあるか。
「ない。7回目の輸出管理政策対話に重点を置いて議論するため、準備会議をもう一回行うということだ」

――輸出管理政策対話は3年間中断されている日本との輸出統制協議会の延長線か。
「輸出統制協議会は2016年の6回目を最後に開かれていない。今回の輸出管理政策対話はその延長線上から7回目の会議といえる」

――7回目の会議でホワイト国問題も議論するか。
「22日に両国が発表したように、局長級対話では最重要懸案であるホワイト国(からの韓国除外)について議論する予定だ。日本側でもいろいろな意見があり、われわれの意見も伝えている。詳細は話せないが、日本側が提起する条件、原状回復のための条件についてわれわれの立場を十分に説明できる」

――ウィーンで準備会議を行うことは国際輸出統制体制であるワッセナー協約を念頭に置いたためか。
「準備会議の場所は適切で必要だと判断し、合意した場所に決めたもので、特定の機関を念頭に置いたものではない」

――日本側からは誰が出席するか。
「貿易政策官と日本経済産業省の貿易管理部長がパートナーだ。準備会議と7回目の輸出管理政策対話にはこの二人が臨む」

――準備会議では輸出管理政策対話のアジェンダを調整するというが、われわれの戦略は。
「準備会議はどのようなアジェンダを取り扱うかについて集中的に事前調整する場になる。懸案解決につなげるため政策対話を行うだけに、懸案を解決することが最も重要なアジェンダだ。ホワイト国(からの韓国除外)と輸出規制対象3品目に関する議論を全般的に行う。3品目の輸出規制撤回、原状回復のため、どのような手続きを踏むかは議論し、調整しなければならないため予断できない」

――日本の輸出規制がいつ終了するか予測できるか。
「22日の発表後、両国の輸出管理実務者が早期に緊密な協議をした。懸案の解決に対し両国とも意志があると評価できる。(輸出規制終了の)時期については予断できないが、できる限り早期の問題解決のため最大限の努力を尽くす」

――日本側の態度の変化を期待できるか。
「輸出管理政策対話を再開すること自体が両国の信頼、連携を回復する手がかりになると思う。輸出規制を緩和、改善する措置を取る重要な転機になる手段がつくられたし、どうつくっていくかが重要だと思う」

何もやっていないのに信用される国=ホワイト国に戻ることは絶対にありません。
何かちゃんとやりましたか?いまでも申請書類を出して許可が下りれば輸出されますよ。
信用を回復させなければならないのになんでそれに邁進しないのでしょうか?
人の数を増やしても時間を掛けて整備していかないとこれ以上は出来ませんよ。
ほんと、何を考えてやっているのでしょうね。

局長級会談も終了したそうです。
韓国 “日本側に措置の撤回を求めた” 日韓局長級対話終了
貿易管理をめぐる日韓両政府の局長級の政策対話のあと、韓国産業通商資源省のイ・ホヒョン(李浩鉉)貿易政策官は午後9時前から記者会見し、韓国向けの輸出管理を厳しくした日本の措置について、「以前の状態に戻る必要性をはっきりと提示した。韓国の貿易管理の制度の運用は正常であることなどを伝えた」と述べ、日本側に措置の撤回を求めたことを明らかにしました。
また、イ貿易政策官は韓国側の説明を受けた日本側の反応について、「日本側は確認すべき事があるとしたが、韓国側の説明について基本的に理解し、認識を高めたといえる」と述べ、一定の理解を得られたという認識を示しました。

説明だけで元に戻るとは思えませんし、やってはいけません。
それで戻るなら最初から申請書類を出せるでしょうね、なんで出さなかったのでしょうか?
このようなものは積み重ねが大切ですし、韓国側の一方的な話で戻せるものではありません。
勘違いし過ぎです。

菅官房長官はこのように否定します。
日本「輸出管理、相手国との協議対象ではない」
菅義偉官房長官は16日、輸出管理制度は自国が決める問題で、輸出相手国との協議対象ではないという立場を繰り返し明らかにした。菅官房長官はこの日、経済産業省で開かれた「第7回日韓輸出管理政策対話」に関連し、韓国側の輸出規制撤回要求に対する日本政府の立場を聞かれるとこのように答えた。
菅官房長官は「(今日の)政策対話の結果を予断することはできないが、以前から申し上げている通り、輸出管理は国際的な責務として、適切に実施するという観点から、我が国としては、国内企業と輸出相手国の輸出管理を含めて、総合的に評価をし、運用していく方針」としながら「そもそも相手国と協議して決める性質のものではない」と強調した。
15日(現地時間)に開かれた立ち話形式のスペイン韓日外相歓談で、強制徴用問題に対してどのように意見交換をしたかという質問には「我が国の従来の立場を伝達した」と触れるにとどまった。
NHKの報道によると、この日茂木敏充外相は韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官に韓日関係悪化局面における徴用問題に言及して、韓国政府が責任を取って国際法違反の状態を是正しなければなければならないと再度要求した。
一方、菅官房長官は最近の北朝鮮の「重大実験」に関連して「米国などと緊密に連携しながら情報収集、分析、警戒監視に全力を挙げ、わが国の平和と安全の確保に万全を期している」と答えた。
金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と条件をつけずに会うとしている安倍晋三首相の立場に変化はないかとの質問には「政府として、拉致・核・ミサイルなどの諸懸案を包括的に解決し、不幸な過去を清算し、国交正常化を目指していく考え」としながら「金委員長と条件をつけずに向かい合うという方針に変わりはない」と説明した。

韓国側の目論見をバッサリと切りましたね。
もっともな事です。日本が韓国側の管理を信用できるか否かは日本が決める事であり韓国側が口出し出来る事ではありません。
そこが韓国の勘違いなのでしょうね。

優遇されるのが当たり前と思っている韓国人、何処に行っても嫌われる存在になりました。
自分の力で生きる事を止めた韓国人に明日はあるのでしょうか?
微妙ですね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2019/12/18 06:00
コメント:

管理者のみに表示