FC2ブログ

天皇陛下万歳!

80843473_2404530406325214_5981282635933024256_o.jpg
さて、明日から仕事という人が大勢いらっしゃるかと思います。
勤労に励むと言う事は素晴らしい事だと思います。
仕事を通じて社会貢献し、人の為になることを行う、自分の居場所を感じることが出来る、日々の糧を得ることが出来る。
様々な理由はあるにしろ、仕事をすると言う事はとうとうい事だと思います。
まあ、一部他人の不幸をネタに活動しているマスゴミなんかの職業がありますが、そういう人様に言えない様な一部例外は捨てておきましょう。
日本の価値観では労働は尊いものであると価値観を大切にしていきましょう

さて、新年新たに令和二年となり、天皇陛下からのお言葉がありました。
【動画あり】天皇ご一家、穏やかに新年
 天皇ご一家は1日、代替わり後の令和最初となる新年を穏やかに迎えられた。宮内庁が公表した写真には、ご一家が赤坂御所の談話室に集まり、今年の干支にちなんだネズミと「振々(ぶりぶり)」と呼ばれる昔の子供の遊び道具を模した置物などを前に、歓談される様子が収められている。
 天皇陛下は1日付で、年頭にあたっての感想を宮内庁を通じて示された。即位後の日々を安堵(あんど)とともに振り返る一方、昨年の台風や大雨による被害に触れ、「災害がない1年となることを祈ります」とつづられた。
 陛下は昨年5月の即位以降、「国民の幸せを願いながら」務めを果たしてきたとご回想。即位関連行事を無事終え、国内外から多くの温かい祝福を受けた1年を「誠に感慨深いものでした」と振り返られた。昨年末、皇后さまと訪れた台風などの被災地にも思いをはせ、「寒さも厳しい折、住まいを失い、いまだ御苦労の多い生活をされている多くの方々の身を案じております」と気遣われた。
 年頭ご感想の発表は上皇陛下のご負担軽減のため、宮内庁が平成29年から取りやめていたが、代替わりで復活した。一方、上皇皇后両陛下が在位中、毎年続けられてきた御製(ぎょせい)と御歌(みうた)の発表については、同庁は両陛下のご日程などの都合で今年は見送り、来年からの実施を目指すとしている。

どうもマスゴミ関係者は言葉遣いがなっていませんね。上皇陛下に対して様なんて無礼な事です。
皇室典範に記載されている正式な呼び名で言わないと法律違反ですよ。
そこらへんがマスゴミは判っていませんね。

今年新年最初の一般参賀では上皇陛下、上皇后陛下の両陛下もお出ましになられたそうです。
天皇陛下「災害のない安らかで良い年となるよう願う」 令和初の新年一般参賀 上皇皇后両陛下もお出まし
 令和初となる新年恒例の一般参賀が2日、皇居で行われ、天皇、皇后両陛下と秋篠宮ご夫妻をはじめ成年皇族方が宮殿「長和殿」のベランダで集まった人々に応えられた。午前10時10分からの1回目の参賀では、天皇陛下がマイクを通じ、昨年の台風や大雨による被災者を案じるとともに「本年が災害のない安らかで良い年となるよう願っております。年の始めに当たり、わが国と世界の人々の幸せを祈ります」とあいさつをされた。多くの人が開門前までに列をなしたため、宮内庁は午前9時半予定の開門を20分早めて対応した。
 今回の参賀には上皇皇后両陛下もお出ましに。上皇陛下は譲位後、すべての公務を陛下に引き継いでおり、代替わり後、陛下とともに公の場で国民に姿を見せられた初めての機会となった。
 2回目以降の参賀はそれぞれ午前11時、同11時50分、午後1時半、同2時20分から。参賀の希望者は午後2時10分までに皇居正門(二重橋)から宮殿前の東庭に入る。上皇ご夫妻は午前中の参賀に限って参加される。

 新年一般参賀での陛下のお言葉は以下の通り。
 「新しい年を迎え、皆さんとともに祝うことをうれしく思います。その一方で、昨年の台風や大雨などにより、いまだご苦労の多い生活をされている多くの方々の身を案じています。本年が災害のない安らかで良い年になるよう願っております。年の始めに当たり、わが国と世界の人々の幸せを祈ります」

天皇陛下万歳!日本万歳!平和な世界を作るために戦われた英霊の皆様万歳!
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/01/05 06:00
コメント:

管理者のみに表示