FC2ブログ

強欲な守銭奴であり国際指名手配の逃亡犯

gohsn-press.jpg
日本から逃亡してトルコ経由でレバノンに入国した国際指名手配のゴーン
彼のおかげでどれだけの人が不幸になったのかと思えば憤慨が出てきてもおかしくありませんね。
日産の腐った組合によって膠着した組織を切り崩したという功績はあったのでしょうがそれ以外が最悪です。
いまもレバノンで暮らしている豪邸は日産の所有物との事、個人で持っておらずに何やってんでしょうね。
口を開けばあいつが悪い此奴が悪い、ウリは悪くない、日本はだめだと人のせいばかり、不正に財をなさなくても金はあったはずです。なのに何故不正に財を成してそんなにお金を貯めようとしたのでしょうね。
私には理解できない事ばかりです。

そんな人間が楽器の箱に入って密出国したとのニュースが年末大きな話題になりました。
ゴーン被告の出国を海外メディアも一報流す 仏紙は「大逃亡」と見出し
カルロス・ゴーン被告が日本を出国した件を海外メディアも報じた
フランスの経済紙レゼコーは「大逃亡」という見出しで詳報
米ウォール・ストリート・ジャーナル紙は「セレブな逃亡者」と伝えた

様々な異論はあるでしょうけど、戦わずに逃げ出したことは事実ではないでしょうか?
その国で働いているのにその国の規則を守れなかったと言うのは犯罪です。
それに対して制度が悪いと言ったところで守らない人間が悪いのは当たり前、検察の有罪率が高いとか言っていますが、検察が告訴する事件は事前に証拠集めを行って有罪になる事件しか立件しないのですから当たり前、とりあえず逮捕してから証拠を集めるフランスなんかとは違うのですよ。
法律が違うし、人権後進国のフランスなんかとは違うのですよ。

まあ、外圧に屈して旅券を渡し、脅迫に屈して警戒を解いた日本も悪いですね。
「外圧に屈した」ゴーン被告の保釈 異常事態招いた裁判所の判断
 裁判所が早期に被告の身柄拘束を解く流れは、カルロス・ゴーン被告の保釈を機に一気に加速した。被告に十分な公判準備の時間を確保する必要があるとの観点からだが、海外逃亡により公判すら開かれない可能性が浮上するという本末転倒の異常事態となった。近年相次ぐ異例の保釈判断が真相究明という刑事司法の目的を阻害しているとの懸念が現実となった形だ。
そもそも逃げる可能性が非常に高いのに保釈を認めた裁判所の判断がおかしいと言わざるえません。
しかもふつうは一冊しかない旅券を三冊中一冊返したり、弁護士が警戒に当たっていた警備会社を脅迫して警戒を解かせたりと弁護士も逃亡の手助けを行っていたようですね。
海外の軍事会社と連絡を取り詳細な逃亡計画を作成していたようでして、その通信履歴が残っているであろうパソコンの調査はさせないと言った妨害工作を行っていたみたいです。

協力したトルコの航空会社から逮捕者が出たそうです。
密入国などの手引きをしたので当たり前と言えば当たり前、法律を守ることを一切考えていない人がいると大変ですね。
ゴーン被告のレバノン出国をめぐり警察が7人拘束 トルコ
海外への渡航を禁じられていた日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告が秘密裏に中東のレバノンに出国した問題で、経由地となったトルコの地元当局は、警察が民間航空会社のパイロットら合わせて7人を拘束し、ゴーン元会長の出国に関わったかどうか捜査していることを明らかにしました。
この問題でゴーン元会長は、秘密裏に日本を出国したあと、トルコを経由してプライベートジェットでレバノンに入国したと見られています。
これについてイスタンブールの地元当局は2日、「ゴーン元会長が、違法な方法でイスタンブールのアタチュルク空港を経由してレバノンに逃亡したという情報にもとづき、捜査を開始した」と発表しました。
それによりますと、イスタンブールの警察が民間航空会社の幹部1人とパイロット4人、それに空港の地上サービス会社の社員2人の、合わせて7人を拘束したということです。
この民間航空会社は、ゴーン元会長が使用したとされるプライベートジェットを運航している可能性があり、警察は拘束した7人がゴーン元会長の出国に関わったかどうか捜査しています。
また、トルコのメディアは、警察がアタチュルク空港に設置されている防犯カメラの映像を分析していると伝えていて、ゴーン元会長がトルコを経由してレバノンに向かった具体的な方法が明らかになるか注目されます。

搭乗者名簿には名前なし
レバノンの治安当局者によりますと、ゴーン元会長とみられる人物は経由地のトルコからプライベートジェットでレバノンの首都ベイルートに到着しました。
その際、搭乗者名簿にゴーン元会長の名前はなく、アメリカのパスポートをもつ男性2人の名前が記載されていたということです。
そしてベイルートの空港での入国の際には、ゴーン元会長の名前が記載されたフランスのパスポートが提示されたとしています。

ベイルートの住宅に妻のキャロルさんか
レバノンの首都ベイルートの高級住宅街にあるゴーン元会長の住宅では、現地時間の2日、ゴーン元会長の姿は確認できませんでしたが、妻のキャロルさんとみられる女性を助手席に乗せた車などが敷地に入りました。
キャロルさんはゴーン元会長の出国に重要な役割を担ったと欧米の複数のメディアが伝えていて、その動向が注目されています。
キャロルさんとみられる女性は、詰めかけた報道陣から顔を背けるように車庫に入ったあと、取材に応じないまま住宅の中に足早に入りました。

アメリカ人のパスポートを使用したと言う事ですが、本当であればアメリカのパスポートを偽造した、もしくはゴーンが偽名でパスポートを習得した可能性が高いと言えます。
で、レバノンに入国したときには裁判所を騙して取り戻した旅券になります。
犯罪に犯罪を積み重ねるゴーン、何がしたいのでしょうね。無罪になるとでも思っているのでしょうか?

因みにICPOは国際指名手配を行ったようです。
ICPO、ゴーン被告の拘束要請か
 【ベイルート共同】ロイター通信によると、レバノン当局は2日、国際刑事警察機構(ICPO)から、前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告の身柄拘束を求める「国際逮捕手配書」を受け取った。
国際指名手配を受けた逃亡犯、レバノンから出国も出来そうにありませんね。
そんな自由を金の力で手に入れて何がしたかったのでしょうか?

戦いから逃げ出し、背後から騒ぐだけの存在になったゴーン被告
そんな自由が欲しかったのでしょうね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/01/12 06:00
コメント:

管理者のみに表示