FC2ブログ

共産党と山本太郎の敗北

72070241_1710682145730456_7386284041874463629_n.jpg
散々証拠もないのに安倍総理を批判し続けている共産党や民主党、新聞広告を使い、新聞社を味方につけて捏造報道によるきょびの批判を繰り返す自称リベラル達、いったい此奴らは何を考えて生きているのでしょうか?
普段は多様性を大切にとか言っている癖に私達の言い分を聞くことは絶対にありません。
寧ろ自分たちが絶対の正義だと勘違いしているのでしょうね。
馬鹿を相手にすると疲れる典型と言っても良いかもしれません。
保守の人というよりも普通の人はほかの人と思想が違っても違うと言う認識を持つだけで自分と同じでないといけないとは絶対に思いません。
しかし、左翼=リベラルの人々は自分の考えが絶対であり人の意見を取り入れることはありません。
寧ろ自分たちの考えを強要してきます。
それが嫌われる原因であることに気が付かないのでしょうか?
本当に馬鹿だと思いますね。

さて、そんな馬鹿なリベラルの集合体である野党野合連合が崩れた京都市長選挙
自民党からの現職と共産党、山本太郎が推薦する新人の選挙となりました。
様々な事があったにせよ、現職が無事勝利を収め、京都市が赤く染まることが防がれました。
京都市長選 現職の門川大作氏 4回目の当選
与野党が相乗りで推す現職に新人2人が挑んだ京都市長選挙は、2日投票が行われ、現職の門川大作氏が4回目の当選を果たしました。
京都市長選挙の結果です。
▽門川大作、無所属・現。当選。21万640票。
▽福山和人、無所属・新。16万1618票。
▽村山祥栄、無所属・新。9万4859票。

自民党や立憲民主党など5党が推薦した現職の門川氏が、共産党とれいわ新選組が推薦した福山氏らを抑え4回目の当選を果たしました。
門川氏は、京都市出身の69歳。京都市の教育長を務めたあと、平成20年の京都市長選挙で初当選しました。
選挙戦で門川氏は、3期12年の実績を強調するとともに、外国人旅行者の増加に伴う混雑の緩和や、子育て支援の拡充などに取り組むと訴えました。
門川氏は「オール京都、ワンチームで京都のまちづくりを進めていくことに、多くの方の共感をいただけたと思っている。健康や福祉、質の高い教育に京都府と協調してしっかりと取り組みたい」と述べました。
投票率は40.71%で、前回・4年前の市長選挙と比べ、5.03ポイント高くなり、20年ぶりに40%を超えました。

とりあえずホッとしましたね。
村山氏が票を伸ばしている、共産党の固定票が14万程度と考えると投票率が上がったことによってギリギリではない選挙結果になっただけとも言える勝利ですね。
投票率が3割だったら共産党に負けていたのかもしれませんね。
危ない選挙でしたね。

とうの共産党は結構シビアだったそうです。
京都市長選、共産・れいわ連合に立民ピリピリ 国政の野党共闘に暗雲
 自民党や立憲民主党などが京都市長選(2月2日投開票)に危機感を強めている。両党など与野党5党は相乗りで4選を目指す現職を支援するが、共産党とれいわ新選組が推す共産系弁護士の新人が支持を広げているのだ。特に立民は、京都が福山哲郎幹事長の地元でもあり、後れを取れば野党第一党の沽券(こけん)に関わる。国政選挙でれいわとしのぎを削る立民の基盤も揺らぎかねない。(中村智隆)
 「京都を変えるには市民の力が必要だ。それを示すチャンスが選挙。あなたの力を貸していただきたい」
 25日、観光客らでごった返す京都市の四条烏丸にれいわの山本太郎代表が姿をみせると、黒山の人だかりから「待ってました!」などと歓声が飛んだ。
以下、有料会員のみ

で、結局負けてしまったわけですけどどんな言い訳をするつもりなのでしょうか?
基礎票が14万から15万なのでほとんど増えていません。
自民党は投票率が上がったせいか票が2満票ばかり増えていますね。この差を埋めることは難しいと思います。
しかも若い新人が徐々に伸ばしてきています。共産党が負ける日も近いのかもしれませんね。

で、こんな負け惜しみだそうです。
京都市長選 「市民が政治つくる流れ大きくすることができた」福山氏があいさつ
 2日投開票の京都市長選で、現職の門川大作氏の当選確実の報道を受けて、「つなぐ京都2020」の福山和人氏(58)=日本共産党・れいわ新選組推薦、新社会党府本部・緑の党府本部支持=が午後10時過ぎに、中京区の選挙事務所であいさつしました。福山氏の得票は、161576票(開票率99%)(2月2日午後11時32分)。
 駆けつけた支援者から大きな拍手で出迎えられ、「頑張れ」「福ちゃんありがとう」と激励を受けた福山氏は、「多くの市民のみなさんの期待に答えられなかったのは、私の責任。残念無念だ。身を粉に頑張ってくれたスタッフ、応援してくれた市民のみなさんに心からお礼を言いたい。この選挙を通じて、2年前の知事選挙でも訴えた、市民が政治をつくっていく、この流れをさらに太く大きな流れにすることができた」と述べました。
 「つなぐ京都2020」の共同代表の石田紀郎氏は、「政治は一握りの人のためのものではなく、懸命に生きている人のためのもの。このことを訴え、福山さんは立ち上がってくれた。結果は悔しいが、この流れは決して頓挫するものではない。福山さん、ありがとう」と述べました。選挙事務長の白坂有子氏は、「福山さん、お疲れさまでした。私たちのたたかいは始まったばかり。市民との共闘の流れは誰にも止められない。これからも希望を持っていこう」と訴えました。
 各氏の得票は、門川氏は210456票、村山祥栄氏は94352票(開票率99%)。

でも、選挙で話していたのは京都市とは関係ない事ばかりと聞いていますし、応援弁士もいつも落選ばかりさせている人が来ているとかなんとか、何やってんでしょうね。
いつも決して負けていないと言っていますかこの人たちの主張は安倍辞めろだけです。
そんな話を聞きたいわけではないと言うのが市民の意見だと気が付かないのでしょうね。
何時まで経っても共産党は共産党なわけです。

日本の癌となっている共産党、いい加減にこの公安監視団体をどうにかしていかないといけませんね。
それが日本の為になると思います。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/02/06 06:00
コメント:

管理者のみに表示