fc2ブログ

罵詈憎悪に耐える安倍総理、調子に乗る腐れ外道たち

10d51595.jpg
野党の人格否定攻撃、人を罵倒して失言を得ようとするその姿勢、いい加減にしてもらいたいものです。
安倍総理は必死に耐えているのでしょうが人の腐ったような人間たちを相手にするには非常に大変なのだと思います。
挑発し、人のあり得ない罵倒を繰り返し、人格を否定し、そして反撃されるとそれすら封じようと下らない言い訳を行います。
そして審議拒否を行い仕事放棄する、そんな奴らが政治家やっている日本の国会、いい加減にしてもらいたいものです。
委員長もしっかりとそんな罵詈憎悪を言う馬鹿は首にしてもらいたいものですね。
国会で下らない話が続いている現状、与党は仕事しない野党をほっといて審議を進めて行ける体制を構築する必要があるでしょうね。

さて、今回の生コンスタイルを確立した辻元はこんな暴言を吐いたそうです。
首相、「意味のない質問」とやじ 野党側は猛抗議、一時紛糾
 安倍晋三首相は12日の衆院予算委員会で、質問を終えた立憲民主党の辻元清美氏に対し「意味のない質問だ」と自席からやじを飛ばした。野党側が猛抗議し、審議が一時紛糾。首相は過去の国会質疑でも、たびたび不規則発言し、野党から批判されている。
 辻元氏は「桜を見る会」など最近の不祥事に触れ「タイは頭から腐る。社会、国、企業の上層部が腐敗していると残りもすぐに腐っていく。ここまで来たら頭を代えるしかない」と首相を非難。やじは、この発言後に飛び出した。

辻元よ、これが国会で行うべき質疑なのか?俺にはそうは見えません。罵詈憎悪を言って安倍総理の神経を逆なで用としているだけにしか見えません。
こんな奴らに付き合わなくてはならない安倍総理はかわいそうです。
意味のない質問を、同じ質問を繰り返し行い、失語を引き出そうとする腐れ野党ども、あんな奴らに惑わされてしまった安倍総理の方が被害者です。
第一モリカケ桜は安倍総理が何かしたのでしょうか?証拠も出せずに疑惑疑惑だけでマスコミと活動家連中だけが騒いでいる案件であって国民は誰も問題視していません。
そんなことを繰り返し質問しているのですから意味のない質問と言えるでしょう。

しかしマスゴミを味方につけている野党は強気のようです。
安倍首相 「質問は ばり雑言」 辻元氏「撤回と謝罪を」
衆議院予算委員会の集中審議で、立憲民主党の議員の質問後に、安倍総理大臣から不規則な発言があったとして、野党側が確認を求めたのに対し、安倍総理大臣は、「ばり雑言の連続で、反応の機会も与えられず、『無意味だ』ということを申し上げた」と述べました。
衆議院予算委員会は、午後の質疑で、立憲民主党の辻元清美幹事長代行の質問が終わったあと、野党側の理事が棚橋委員長に対し、「安倍総理大臣から『意味の無い質問だ』という発言があった」として、質疑をいったん中断して、速記録を確認するよう求めました。
その後再開した質疑で発言の真意を問われたのに対し、安倍総理大臣は「辻元氏はずっと、ばり雑言の連続だった。政策に関わりなく、『頭から腐っている』とずっと言い続けた。私としては、それに反論というか、反応する機会が与えられずに、質問を延々と繰り返された。あまりにも、こんなやり取りでは『無意味じゃないか』ということを申し上げた」と述べました。
衆議院予算委員会の自民党の棚橋委員長は、12日夜、国会に西村官房副長官を呼び、審議中、政府側から不規則発言は慎むよう注意しました。棚橋委員長によりますと、西村副長官は「厳粛に受け止める」と述べたということです。

意味のない暴言を繰り返す辻元の方がおかしいと思うのは自然の事だと思います。
野党の下らない質疑にて失われた日本の国益はどれくらいなのでしょうね。3年間と単純に考えて一日あたり3億円としたらざっくり3兆円は行きそうですね。
さっさと国会議員は辻元に懲罰動議を出してもらいたいものです。

と思ったら安倍総理に出すらしいですね馬鹿らしい。
野党、首相に「懲罰動議」提出構え
 立憲民主党など主要野党の幹事長らは13日午前、国会内で会談し、立民の辻元清美衆院議員に「意味のない質問だ」とヤジを飛ばした安倍晋三首相に対し、謝罪と撤回に応じなければ、同日中に懲罰動議を衆院へ提出する方針を決めた。
 会談後、立民の福山哲郎幹事長は記者団に「議会制民主主義を冒涜(ぼうとく)するもので、議員としての懲罰事犯に値する」と述べ、首相を非難した。「行政府の長としても看過しがたい態度だ」とも語った。
 首相は12日の予算委で、辻元氏が「タイは頭から腐る」と首相を非難して質問を終えた後、閣僚席から「意味のない質問だ」とヤジを飛ばした。その後に「(質問は)罵詈(ばり)雑言の連続だった。予算委は質疑の場であって一方的にののしる場ではない。これでは無意味じゃないかと申し上げた」と説明していた。

安倍総理が謝罪する必要はありません。何故国会の審議を止めるようなことを平気で行うのでしょうか?
そんなもん国民は望んでいません。ヘイトスピーチを平気で行う辻元ら野党の腐れ外道たちをどうにかしていかない事には話になりませんし、意味ありません。
国民が望むのは立件なんかの腐れ外道をどうにかしていくことです。

なんか前にも馬鹿が変な事を国会で言い出したことありますよね。
新型肺炎で“あの学園”議論、過去 安倍首相との関係が注目
 国会でも新型コロナウイルスの感染防止を巡って議論が続いていますが、7日は“あの学園”の取り組みが議論されました。
 「政府としても来週にも緊急対応策を取りまとめ、順次実行していきたい」(安倍首相)
 連日、新型コロナウイルスへの対応に追われる安倍総理。7日、国会で取り上げられたのは、安倍総理との関係が注目された“あの学園”でした。
 「加計学園が、我こそはそういうことをやるんだということで、国家戦略特区で認められてまいりました」(立憲民主党 阿部知子衆院議員)
 加計学園は安倍総理の友人が理事長を務める学校法人で、2017年に獣医学部の新設が認められました。当時、安倍総理は、その意義について次のように語っていました。
 「鳥インフルエンザなどの人獣共通感染症が家畜等を通じて国際的に拡大していく中で、地域での水際対策の強化や新薬の開発などの具体的需要が高まっていることから」(安倍首相 2017年)
 加計学園の獣医学部は、“先端ライフサイエンス研究や地域における感染症対策など新たなニーズに対応する獣医学部”などと、国家戦略特区の諮問会議で位置づけられていました。野党側は、新型コロナウイルスへの対応は加計学園が取り組むべき問題だと質したのです。
 「今般の事案に対して、今、加計学園はどんな活動をしてますか」(立憲民主党 阿部知子衆院議員)
 「今後の感染症、微生物学に関する講義の中で取り扱うことや、今後開催するシンポジウムにおいて、情報発信、啓発を行うことを検討している」(萩生田光一文科相)
 「講座を開いていただいても、それは研究とは申しませんで。あれ、何にもやってないんだなと思いました」(立憲民主党 阿部知子衆院議員)
 萩生田文部科学大臣は新型コロナウイルスについて、感染症を研究する9つの大学に対して情報収集や調査研究を検討するよう指示したことを明らかにしましたが、9つの大学に「加計学園」の獣医学部は含まれていませんでした。
 「国家戦略特区で加計学園を認め、作った意味と意義はなにか。そして今、何をしていくべき」(立憲民主党 阿部知子衆院議員)
 「初期の学園の構想や計画が着実に実現できるよう、その大学運営を注視してまいりたい」(北村誠吾地方創生相)
 認可の経緯を巡って注目された加計学園の獣医学部。今後、その取り組みと成果が問われそうです。

はあ、獣医学部と人間を一緒にしてしまうこの馬鹿さ加減にはあきれますね。
こんなことで国会の貴重な時間が削られていくのは悲しい事です。
もっと国会議員のレベルを上げるために国民のレベルを上げていく必要がありますね。

このような野党には協力しない人も多く存在します。
「桜を見る会」前夜祭出席者の領収書を確認 後援会A氏「政権批判のためなら何でもありなのか。いまの野党は質が悪すぎる」
 中国発の新型肺炎の感染拡大が止まらない緊急事態を受け、左派野党もやっと肺炎対策を含む政策論争を重視する姿勢をにじませている。ただ、立憲民主党の辻元清美氏は3日の衆院予算委員会で、首相主催の「桜を見る会」や、地元支援者向け「前夜祭」について追及した。この「前夜祭」については、「領収書が一枚も出てこない」などと批判する声がある。夕刊フジは、出席者が保管していた領収書を確認し、話を聞いた。
 「領収書は確かにもらった。『個人個人でホテルに支払う』という意識だった」
 安倍晋三後援会のA氏はこう語った。A氏の保管していた領収書は、昨年の「桜を見る会」の前日(4月12日)、東京・紀尾井町のホテルニューオータニで開かれた「前夜祭」に夫婦で出席した際、ホテル側から手渡された2枚という。
 宛名は空欄だが、金額は「5000円」で、概要は「お食事代」、係名もあり、「通し番号」と、赤の「PAIDの判」も押されていた。
 A氏は前夜祭について、「応援する安倍首相の顔を見たいだけだ。あと、後援会の人々と交流するのが目的。料理なんて期待していない。自分はビールを口にしたぐらい。野党議員が『銀座久兵衛の高級寿司が出ていた』と大騒ぎしていたが、完全なウソだった。政権批判のためなら何でもアリなのか。民主党時代の『偽メール事件』を思い出す」と語った。
 ちなみに、同ホテルの関係者は昨年11月、夕刊フジの取材に、会費一人5000円について、「一般論として、開催時期や人数、食事や飲み物の内容、宿泊とのパッケージなど、さまざまなケースがあり得る。いろいろな相談をさせていただいている」と認めた。
 領収書についても、「会費制のパーティーや食事会、女子会など、一人一人に領収書を切るケースはいくらでもある。総額を超えなければ、領収書はご依頼通りに発行する」と語っていた。
 さて、左派野党やメディアが地元・山口県を回っても「領収書が出てこない」と言っていることに、A氏は続けた。
 「不信感でしょ。初めから『政権批判ありき』『疑惑ありき』で接触してくる。そんな人たちには協力したくないですよ。昔の野党には、もっと骨太の政治家がいた。いまは質が悪すぎる。マスコミも裏も取らずに、疑惑を垂れ流している。うんざりしますよ」

これが普通の人の感覚でしょうね。
いい加減うんざりしますよ。

罵詈憎悪を言うだけの存在に成り下がった野党ども
次の選挙では此奴らを落選させましょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/02/17 06:00
コメント:

管理者のみに表示