FC2ブログ

令和二年天長節 天皇陛下万歳

80843473_2404530406325214_5981282635933024256_o.jpg
本日は天皇陛下のお誕生日、天長節になります。
令和の世となり初めての天長節となりました。
天皇陛下万歳、日本万歳です。

ですが、某嘘吐き隠ぺい工作が大好きな習近平率いる中共が隠蔽できなかった武漢ウイルスの拡大によって天長節の一般参賀が中止に追いやられたそうです。
天皇誕生日の一般参賀 取りやめることを決める 宮内庁
宮内庁は、今月23日に予定されていた即位後初めての天皇誕生日の一般参賀について、新型武漢ウイルスの国内での感染拡大を考慮して取りやめることを決めました。
皇居では毎年、新年を迎えた正月2日と天皇誕生日に一般参賀が行われています。
今月23日は即位後初めての天皇誕生日で、天皇陛下が皇后さまをはじめ、皇族方とともに午前中3回、皇居 宮殿のベランダに立って訪れた人たちの祝意にこたえられ、午後には記帳による参賀も行われることになっていました。
しかし宮内庁は、国内で新型武漢コウイルスの感染が拡大し、政府が高齢者などに人混みを避けるよう呼びかけている状況などから、一般参賀の取りやめを決めました。
宮内庁は「天皇陛下が国民から祝賀を受けられる大切な行事なので残念だが、多くの人たちが1か所に集まって接近することなど、一般参賀の特殊な状況を考え、慎重に検討したうえで取りやめることにした」としています。
天皇誕生日の一般参賀が取りやめられるのは平成8年、南米ペルーの日本大使公邸で起きた人質事件に配慮して取りやめられて以来です。
一方、この日に予定されているこのほかの天皇誕生日の祝賀行事は訪れる人たちが限られているなどとして、予定どおり実施するということです。

官房長官「宮内庁の判断を尊重」
菅官房長官は午後の記者会見で、宮内庁が天皇誕生日の一般参賀の取りやめを決めたことについて「宮内庁で諸般の事情に鑑み、中止することとしたものと承知しており、判断を尊重したい。新型武漢ウイルスの感染症をめぐる昨今の情勢を勘案してということもあったのだろう」と述べました。
そのうえで記者団が「政府として大規模な行事の開催は控えるべきだと判断したのか」と質問したのに対し、菅官房長官は「宮内庁だけは、基本的に宮内庁の意向をできるだけ取り入れて対応している」と述べました。

中共の武漢肺炎によってどれだけの人が迷惑しているのかをしっかりと中共に突きつけなければなりません。
お前らが隠蔽しようとして世界に情報を発信するのが遅れたんです。
この状況を読めなかった中共、いま世界中からバッシングを受けているのは自業自得と言えるでしょう。

産経では天長節の一般参賀の参加者について記事を書いています。
天皇誕生日の一般参賀を取りやめ 新型肺炎感染拡大で宮内庁
 新型コロナウイルスの感染者が国内で拡大していることを受け、宮内庁は17日、今月23日に皇居・宮殿で行われる予定だった天皇誕生日の一般参賀の実施を取りやめると発表した。同日予定されていた記帳の受け付けも見送る。
 天皇誕生日の一般参賀は平成8年、ペルーの日本大使公邸人質事件を受け、実施が取りやめられたことがあるが、宮内庁によると、感染症の拡大防止を考慮した実施見送りは初めて。
 天皇陛下は23日に60歳の誕生日を迎えられる。23日の一般参賀では、天皇、皇后両陛下が10時20分ごろ、11時ごろ、11時40分ごろの計3回、秋篠宮ご夫妻と長女の眞子さま、次女の佳子さまとともに宮殿・長和殿のベランダに立たれる予定だった。
 平成最後の平成30年12月の天皇誕生日は、約8万2000人が皇居を訪れた。

私はどのみち出張に行っているので参賀できなかったのですが、中止になったのは非常に残念です。
確かにお年寄りも大勢いらっしゃるし、狭い中で押し合いへし合いなので仕方ないかもしれません。
でも、残念です。

せめて私たちは天皇陛下へのお誕生日を祝して祝おうではありませんか。
それが人というものでしょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/02/23 06:00
コメント:

管理者のみに表示