FC2ブログ

一致団結できない野党ども

88316799_2358195137613565_4772186867514736640_o.jpg
本日、3月11日は東日本大震災の日となります、
多くの人が亡くなわれましたね。
この時は政府一丸となって東日本大震災という未曽有の大侵害に対してことに当たっていました。
与野党関係なしに仕事できない奴と仕事が出来る奴の二通りに分かれたことが非常に印象的でした。
仕事が出来ない代表格の村田や韓直人などのヒステリーはここぞとばかり叫びだして迷惑な奴らだという印象を与えることに成功したようです。
そして今なお、その仕事できない奴らが世間を混乱に陥れているようです。

さて、今回の武漢肺炎にて追悼式典が開催する事はかないませんでした。
多くの人が参加しているこの式典、武漢肺炎を蔓延させてしまう場合があります。
それを避けるためにも仕方がないのでしょうね。
追悼式中止で首相「遺憾ながらやむなし」官邸で黙とう
 安倍晋三首相は6日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて政府主催の東日本大震災追悼式の中止を決めたことに関する談話を発表した。首相は談話で「今は国内における感染拡大を防止するために、あらゆる手を尽くすべき時期であることから、誠に遺憾ながら、開催を断念するのやむなきに至った」と説明し、「ご遺族をはじめとした関係者の皆さまにおわび申し上げる」とした。
 その上で首相は、3月11日午後2時46分に首相官邸で1分間黙祷(もくとう)し、追悼の言葉を述べる考えを示した。国民に向けても「それぞれの場所において黙祷をささげられますよう、お願いします」と呼びかけた。

この式典で武漢肺炎を蔓延させるのは慰霊される方々も本意ではないでしょう。
仕方がないです。

今回の武漢肺炎にて外国人が韓国から出ていくと言う現象が発生しているそうです。
「私帰る」コロナ19で済州の中国人不法滞留者数百人脱出行列
「私から」「いや、私が先に来たでしょ!」
3日、済州出入国・外国人庁が中国人不法滞留者の脱出行列で一瞬、修羅場になった。
200人余りが集まり、互いに先を争い、進んで出国申告書を出そうと一部で小競り合いも起きた。
この日午前、多くの不法滞留者が押し寄せ、済州出入国・外国人庁を取り囲んで建物が包囲されたようだった。
これまで見つけるのが難しかった中国人不法滞留者たちが済州を抜け出そうと、大挙して押し寄せた。
法務部が新型コロナウィルス感染症(コロナ19)拡散防止のため、昨年1月から自主出国する不法滞在者に入国禁止及び反則金を免除し、再入国の機会を付与するなど、不法滞留者の自主出国を誘導している。
何よりコロナ19の韓国拡散に対する憂慮があり、それによって景気が沈滞して仕事が減ったことも、中国人不法滞留者の帰国の足を催促している。
3日午前、済州市龍潭洞の済州外国人・出入国庁に不法滞留者の自主出国申告をしようとする外国人たちが待機している。彼らの大多数は中国人と把握された。
この日、自主出国申告をしようと来た中国人A氏(41・女)は今年1年間、済州での不法滞留生活を終えて、故郷である中国吉林省長春市に帰ろうとしている。
食堂で働くA氏は「韓国のコロナ伝播速度が早過ぎる。状況がこうだが、いまだに私が働いている済州市蓮洞ではマスクを着用しない人が多い」とし、「故郷の家族がすごく心配していて、帰ることを決めた」と話した。
A氏は「最近、済州~中国行きの飛行機も再開され、周辺の中国の知人と共に自主出国申請をするために、朝5時から並んだ」とし、「もっと早く来た人は朝2時に来たと聞いた」と話した。
昨年から1年間不法滞留をしているというB氏は「コロナ19によって済州の建設現場などで仕事がない」とし「さらに留まる理由がない」と話した。
また、別の中国人は「コロナ19によって韓国人たちが中国人を見る視線が痛くて、飛行機の便が出次第、帰るつもり」と話した。
済州出入国・外国人庁は、済州島に1万人ほどの不法滞留者がいると推定している。
法務部がコロナ19対策で自主出国を誘導した後、先月1日から25日まで洞内で230人の不法滞留者が自主出国申告をし、54人が出国した。176人は、現在出国待機している。
不法滞留者の自主出国行列が増えているが、済州と中国の直行航空便は春秋航空会社しかなく、出国待機者だけ、さらに増えるものと見られる。
出入国管理法によると、済州出入国・外国人庁長は自主出国をしようとする外国人に30日の範囲内出国期限を定め、出国命令書を発付することになる。
このため、自主出国申告日時と実際に自主出国する日時には、違いがある。

支那人が危険な韓国から逃げ出す事件が増えているそうですね。
というか普通に不法入国者が役場に行くっているのが治安崩壊しているように見えますがどうなんでしょうか?
韓国にいる日本人も心配なところです。ほとんどが仕事の都合で駐在しているはずです。
会社の命令がない限り帰ることが出来ないかわいそうな人々ですね。

しかも韓国は日本にだけ査証の発行などを停止しました。
韓国、日本人に対するビザ免除の停止を発表
 【ソウル共同】韓国政府は6日、日本政府が韓国からの入国制限強化を決めたことへの対抗措置として、日本人が短期滞在の際にビザを免除する制度や既に発行されたビザの効力を停止すると発表した。
日本に対する報復らしいけど、日本は入国後二週間経過観測すると言うだけの話です。
なんで査証の発行及び査証なし入国を禁止するのでしょうか?
しかも世界で100ヶ国以上の国が韓国からの入国者に対してなんらかの対応をとっています。
でも、日本だけがこのような通達を受けているのです。
キャベツニダという言葉が浮かび上がりますね。
でも、日本のほとんどの人が大歓迎です。あの腐れ外道たち、約束を守らない野郎たちの相手をしなくてよくなるのですから

しかし、この決定に今まで一切議論してこなかった野党らはいちゃもんを付けてきています。
中韓からの入国制限、与党評価も野党は対応遅れ批判
 新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、政府が中国と韓国に対する入国制限に踏み切ったことについて、与党は6日、評価と同時に経済に与える影響などを注視するよう求めた。主要野党は政府の判断は遅く、場当たり的だなどと批判し、国会審議でも追及した。(田村龍彦)
 自民党の青山繁晴氏は6日の参院予算委員会で「今からでも十分意義のある英断だ。(目的は)感染の拡大防止で、日中、日韓の今後の関係にも良いことだ」と政府の決定を評価した。党内には以前から、保守系議員を中心に中国全土からの入国禁止を求める意見が強かった。
 公明党の山口那津男代表は党会合で、政府の発表前に安倍晋三首相から説明を受け、相手国と意思疎通を図るよう求めたことを明かした。その上で「感染拡大を防止する半面、観光や他のビジネスにもマイナスの影響が及ぶ。効果と副作用が伴う」と述べた。
 一方、主要野党は政府の対応への批判を強めた。国民民主党の矢田稚子(わかこ)氏は参院予算委で「水際対策は海外での発生期や国内の発生早期こそ効果を発揮する」と述べ、事前に専門家会議で意見聴取しなかったことにも疑問を呈した。
 立憲民主党の会合では福山哲郎幹事長が「政府の水際対策は既に破綻している。決定があまりに遅く、痛恨だ」と批判。蓮舫参院幹事長も「全てが後手後手、全てが場当たり的な対応だ。絶対に許してはいけない」と訴えた。

野党はその場限りの場当たり的な批判しかしていません。
今まで何か建設的な話を上げてきたことがありましたか?一切ありませんでしたね。
そんな人間がおそいだの、場当たり的だの、破綻しているだのと言っても何の説得力もありません。
日頃からの行動が自分たちに跳ね返っている事が判っていないのでしょうね。

すでに政府方針は水際政策から重症化阻止、重症化から亡くなる人を減らす方針に切り替わっています。
いちいちこんな時に感染国から入国させても仕方がないのです。文句言う前に次の方針を考えて審議の場で提示していきましょう。
それが国難を乗り越えるために必要な存在になります。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/03/11 06:00
コメント:

管理者のみに表示