FC2ブログ

次々と手を打つ日本

part_63087_8375171_73319.png
様々な手を打っていく政府、それに対していつものように衛生を保つ国民
このおかげで爆発的な増加が何とか防げていると言われております。
それに比べてお隣の国は検査体制や治療体制が整っていないのに無駄に検査を繰り返して制度の悪い検査結果により病院が集団感染の場になっているような気がします。
何を重要視するか、何を大切にするかの判断が間違っているのでしょうね。
まずやるべきは拡大を防ぐこと、そして重症化患者の適正な治療です。
それが判っているから日本はまだ拡大傾向が小さいのでしょうね。

さて、そのような対応をとっている日本ですが、それが判っていない何の提案も対策も打ち出せない滑稽なマリオネットが叫んでいます。
蓮舫氏「水際対策すべて後手後手、許しちゃいけない」
立憲・蓮舫参院幹事長(発言録)
 この内閣は危機管理意識があまりにもなさすぎる。昨日は、なぜ今なのか、韓国、中国からの渡航者、我が国の帰国者も含めて2週間、(入国した際に)とめ置くと。この措置は水際対策が、失敗だったことの表れではないでしょうか。すべてが後手後手、すべてが場当たり的な対応というのは、絶対許しちゃいけないと思います。(参院会派の会合で)

カジノ推進担当大臣も落ちたものですね。そして日本のくおりてぃぺーぱーと呼ばれていた(笑)朝日新聞も落ちたものです。
こんな人気だけしかなかった人気のないタレントを持ち上げる事しか日本を貶める記事を掛けないなんて最低な新聞社ですね。
こんなこと言っても国会議員が人に頼っているだけの自立できていない人間という事がばれるだけです。

まあ、そんなことは置いて於いて、誰もが言いたいけど言えない事を平気で言う麻生さんは私は好きですね。
麻生太郎氏、新型コロナで中国・英国をバッサリ! 「船籍は英国だが何一つ発言しない…割を食っているのは日本じゃねえか」歯に衣着せぬ“麻生節”炸裂
 中国発の新型コロナウイルスをめぐり、麻生太郎副総理兼財務相が核心を突くような「麻生節」を炸裂(さくれつ)させて注目されている。中国当局の情報発信に疑問を投げかけ、集団感染が発生したクルーズ船の船籍がある英国にも怒りを込めた。ネット上では拍手喝采が送られている。
 「あの国の言っている数字はよく分からない。どれくらいコントロールできているのか、分からないのが正直なところだ」「(中国代表は)当然、『大丈夫』と言うが、そのまま信用するほど皆、人は良くない」
 麻生氏は2月23日、サウジアラビアの首都リヤドで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議後の記者会見で、こう語った。
 中国当局が公表する感染者や死者の数とともに、ウイルスの感染拡大阻止に向けた取り組みについて、疑義を投げかけたのだ。
 帰国後、2月25日の衆院財務金融委員会では、横浜港に停泊する大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に言及した。
 前出のG20について質問された流れで、「この船の船籍は英国、船長も英国人(=本当はイタリア人)だが、英国は何一つ、発言しません。『もともと責任はお前らじゃないの』って、皆、お腹ん中では言っているが、オフィシャルでは言わないのがこの世界の常識なのかねと思いながら、日本は対応に追われている。割を食っているのは日本じゃねえか」と、べらんめえ調で答弁したのだ。
 日本は犠牲的精神で、乗員乗客約3700人という船を受け入れたのに、世界各国から批判が寄せられたことに、我慢ならなかったようだ。
 麻生氏といえば、毒舌や失言で知られるが、今回の発言には、ネット上でも、《その通り! 公の場でよく言ってくれた、麻生さん!》《麻生閣下! 国民の声を分かっておられます》などと、好意的な反応が数多く見られた。
 ジャーナリストで作家の門田隆将氏は「麻生氏は、平和ボケした風潮に同調しない、歯に衣(きぬ)着せぬ発言に人気がある。今回の中国や英国への発言も良かった。中国は官製メディアが、ウイルスを世界にバラまいた責任を小さくしようとする報道をしている。麻生氏が国際会議などで発信することは、日本や世界のために意義がある」と語っている。

日本ではこの発言について一切大手メディア、特にテレビは報道しません。いつもなら失語とか言って大いに報道する発言なのですが、日本が有利になる発言であることが判っているのか全く報道されませんでした。
国際会議の場で日本の主張を真っ向から発言できる麻生さん、そしてその地位にいる日本という構図を作り上げることが出来ています。

その成果もあって日本が中共を締め出したことに対して自国国民を守るために当たり前のことをやっていると言う発言を中共から引き出しています。
日本の入国制限「理解できる」 中国外務省
 【北京時事】中国外務省の趙立堅副報道局長は6日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため日本政府が中国からの入国制限強化を決めたことについて「各国が自国と外国の国民の生命と安全を守るため、科学的・専門的で適切な措置を取ることは理解できる」と述べた。
武漢ウイルスが世界に広がっている責任を中共は持たなければなりませんが、その追及に日本が入ることは避けたいと言う思いがあるのでしょうね。
窮地に立たされている習近平の来日延期に対して何も言う事がありませんでした。
習近平主席の4月来日延期 日本政府が正式発表 新型コロナ対応で
 菅義偉官房長官は5日午後の記者会見で、日中両政府が4月上旬で調整してきた中国の習近平国家主席の国賓としての来日について、時期を再調整すると発表した。中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染拡大への対応で両政府間の準備作業が滞り、来日に向けた環境が整わなかった。事実上の延期となり、新たな日程は今後、両国間で協議する。
 習氏の来日時期は、感染の拡大が続く新型コロナウイルスの収束状況などを踏まえて判断することになるが、東京五輪・パラリンピック後の秋以降が有力とみられる。
 菅氏は「新型コロナウイルスの拡大防止を最優先する必要がある」と延期の理由を説明。新たな来日の日程については「双方の都合の良い時期に行う」と述べるにとどめ、言及しなかった。
 習氏の国賓来日は昨年6月、安倍晋三首相が大阪市内で開いた日中首脳会談で「来年の桜の咲く頃、習氏を国賓として日本にお迎えし、日中関係を次の高みに引き上げたい」と直接呼びかけ、日中両政府が今年4月上旬の来日に向け準備を進めてきた。
 ただ、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大で、中国は2月24日、今月5日に開幕予定だった重要政治日程である全国人民代表大会(全人代=国会)の延期を決定。感染の広がりに伴い習氏の来日準備作業にも大きな遅れが生じ、両政府が日程の延期を念頭に調整を続けていた。
 首相は2月28日、首相官邸で中国の外交担当トップである楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)(よう・けつち)共産党政治局員と面会した際、「十分な(習氏来日の)成果を挙げるために入念な準備を行わなければならない」と述べ、来日時期よりも成果を重視する考えを強調し、延期を示唆していた。

支持率を上げるための苦肉の策であった日本への来日、天皇陛下の政治利用がとりあえず避けられる結果となりました。
この間に武漢ウイルスを駆逐して、トランプ大統領と蔡総統をお招きしましょう。
共に武漢ウイルスと戦った盟友として天皇陛下御臨席の事、中共からの産業引き上げについて話し合いを持ちましょう。

因みに500名の感染者を出している武漢肺炎ですが、300名ほどはすでに退院しているそうです。
新型コロナ患者325人が退院 7日時点、重症から回復も
 安倍晋三首相は9日の参院予算委員会で、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの検査で陽性が確認された人(クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客ら含む)のうち、7日時点で325人が回復して退院したことを明らかにした。重症状態から中程度に改善している人も20人程度いるとした。
 また、厚生労働省は集団感染が発生したクルーズ船で行った検疫や感染防止などの対応について検証し、国際発信などを行う考えを示した。
 自民党の武見敬三氏の質問に答えた。

感染症対策としてピークの山を小さくする、そして医療崩壊させない、この方針が功を奏していると言えます。
重症者患者を優先的に治療を行い、軽症にさせ自主治療を行わせて病院でたの患者も見ることが出来る体制を作り上げています。
ただ単に希望者だけ検査しても仕方がない事を国民に知らしめたことも功を奏しています。
この件に関しては斜め上の国に感謝しても良いかもしれません。

日本はなんとか乗り越えられるかもしれませんが、自分勝手な人も大勢いるので油断は出来ません。
しっかりと自主対策を立てていきましょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/03/14 06:00
コメント:

管理者のみに表示