fc2ブログ

世の中に必要のない政党ってありますよね

2004141700_1.jpg
世の中、武漢ウイルスによって自粛の風がビュービュー吹いております。
私たち国民は政府に強制力がない事を知りながら出来るだけの自粛及び助け合いを行っており、少し寂しい感じになっております。
自粛しているはずなのにマスコミ関係者が数多く感染しているってのも変な話ですね。
基本的に出ない、出さない、清潔にすることが出来ていないのでしょう。
健康的な生活も出来ていないのかもしれませんね。人の不幸は蜜の味を地で行くマスコミ関係者
いい加減にしてもらいたいものです。

さて、いい加減な存在と言えば民主党がその代表格ですね。
そんな民主党は飲み歩いているそうです。
コロナ禍に国会議員が警察官と大ゲンカ!新宿2丁目で「警察手帳を撮らせろ」
「絶対に許さない!」
 3月20日の深夜、新宿2丁目の路上で複数の警察官に向かって、啖呵を切る男の姿があった。その人物は立憲民主党の石川大我参院議員(45)だというではないか。
 いったい、現場で何が——。一部始終を振り返る前に、まずは石川議員について簡単に触れておく。石川氏は、豊島区議として活動後、所属していた社民党を離党。昨年7月の参院選で立憲民主党から立候補し、LGBT(性的少数者)であることをカミングアウトして当選を果たした。
 LGBTの支援活動に力を入れる一方、昨年11月には、安倍晋三総理主催の「桜を見る会」の前夜祭で、「銀座久兵衛の寿司」が提供されていたとして自身のツイッターで追及。その後、久兵衛側が夕食での提供を否定し、釈明に追われたことも。そんなイケイケの石川氏だが、警察に対しても声高に主張したい「何か」があったのか。
 現場を目撃していた人物A氏が当時の様子をこう話す。
「午前2時頃だったでしょうか。石川さんはたまたま通りかかったパトカーをにらみつけながら、いきなり動画で撮影し始めたんです。それに気づいた警察官がパトカーの窓を開けて、『何をしているんですか?』と声をかけたものの、石川さんはそれを無視して、ずっと警察官にカメラを向けていました」
 そこから路上で警察官との「応酬」がスタート。警察官が撮影をやめるように注意すると…。
「オレは2丁目を偉そうに歩き回る警察を撮るのが趣味なんだ」
「警察に肖像権はない」

 などとヒートアップ。さらに、別の目撃者Bさんもこう証言する。
「警察官に『名前を言え! 警察手帳を撮らせろ』と大声でわめくと、それから何を思ったのか、石川さんは自分でその場から110番通報をしたみたいで別の警察官もやってきて、ますますものものしい雰囲気に。警察から何度も名前を尋ねられた石川さんは最初は拒んでいたものの、最後は『オレは国会議員だぞ! ビビっただろう』との“決めゼリフ”まで…。酒に酔っていたんでしょうが、何をしたかったんですかね‥‥
 公衆の面前で、国会議員の「大ゲンカ」は約1時間ほど続き、最後は警察官になだめられて、その場を後にしたのだった——。
 深夜に「大立ち回り」を演じた石川氏は何が原因で揉めていたのか。石川氏の事務所に問い合わせると、
「揉めていたという認識はありません」
 と文書で回答。続けて、警察の対応について納得できなかった点を尋ねると、
「特にありません」
 警察官との激しすぎる“話し合い”で、一応はスッキリしたということか…。小池百合子都知事が3月25日の緊急会見で新型コロナ感染拡大防止のため週末の外出自粛を要請する前の、3連休の初日だったとはいえ、軽率な行動であったことは否めないだろう。

呑み歩いて警察に喧嘩を売るってのはどうかと思います。
みんな自粛しているにもかかわらずお願いしている国会議員が飲み歩いているのは駄目だと思います。
しかも揉めているのにもめてないって言い訳しているところがダメダメですね。

ほかにも風俗にいっている民主党議員がいたそうです。
コロナ緊急事態下で立憲・高井議員が「風俗店」通い 本人認める
軽率だったと思ってます
 安倍首相が緊急事態宣言をした2日後の4月9日夜、立憲民主党・高井崇志代議士(50)の姿は東京・歌舞伎町にあった。北海道出身の高井氏は東大経済学部を卒業して郵政省(現在の総務省)に入省。国会議員秘書から国政に転じ、現在3期目だ。ちなみに既婚者である。
 高井氏と言えば、クルーズ船で感染が増えていた2月12日以降、平日夜の11日間のうち、首相が知人や企業経営者、与党議員らと9日間会食していたことを指摘して、「民間企業は飲み会を自粛している。首相の危機感のなさが国民を不安にしている」と批判したこともあった。
 9日、スーツ姿で書類がたくさん詰まったカバンを持った高井氏が向かったのは、あるセクキャバ店だった。隣で女の子が接客するのは一瞬。上に乗ってくれたり、色んなところを触ってくれたり触られたりする……超がつく濃厚接触の店である。高井氏が入店したのは19時30分くらいのこと。お店の複数の関係者の話を総合すると、以下の通りになる。
〈ひとりでフリーでいらっしゃって、合わせて120分くらいお店にいました。別にそれだけだったら普通ですけど、結構記憶に残るお客さんでしたね。お店では国会議員とはもちろん言わず、ITコンサルタントだって言っていたようです〉
 最初についた女の子が20分、その後の20分は別の子が担当し、高井氏はその後、最初の女の子に指名を入れ、彼女と80分を共にした。
〈“秘書にならない?”と誘ったり。触っちゃいけないところにまで手が進んだり、進まなかったり。まぁそれくらいはあるとして、“犬になりたい、踏んづけられたい”と言って色んな反応をされ、周りも気づいて、大爆笑していたんです
※編集部註:刺激が強い言葉が続くので、ここでは穏当な表現を使用します。4月16日発売の『週刊新潮』ではリアリティを追求していますので、そちらもご参照ください。
 横に付いている時は、服の上から“いろんなところ”を触られて、興奮が高まって行く。
〈だいぶ気持ちよくなられたようです。以前にも来店したことがあるようです。お店は11日から休業に入る予定でしたので、いわゆる“駆け込み”だった感じですね〉

 実際、高井氏に聞いてみると、
――4月9日、歌舞伎町のセクキャバへ遊びにいかれましたか?
高井 うん。……。はい。ええ、はい。軽率だったと思ってます。
――緊急事態宣言が出された2日後、濃厚接触はリスクとして誰もが知っていて、自粛要請が出される1日前で。
高井 そうですね。はい。軽率だったと思ってます。
――ひとりで入られて、計120分間くらい、お店にいらっしゃった?
高井 時間は覚えてないんですけどね……。そんなにいたかなって、気はしますけど。
歌舞伎町どうなってんのかなと
――色んなところを触られてかなり気持ちよくなられていた?
高井 い、い、い、そんなことはない……。そんなことはされてないです。
――さすられていた、ということは、あるわけですよね?
高井 いや、そんなこともないですけどね。
――触ってはいけないところを触ってしまった?
高井 ……。ええ。してないです。
――上に乗られるのがとても好きで、「犬になりたい」とか「踏んづけられたい」と大きな声で言っていて、周りの人たちも聞いていたようですが。
高井 そうは言ったとは、思い……。言った記憶はないですね。
――まあ、冗談で言うじゃないですか、ああいうところ行ったら、それくらいは。
高井 へへ、いや、でも、そんなことは、ちょっと、言わないと思いますね。はい。
――お店は11日から休業予定で、もう最後になるから遊びに来た?
高井 いや、あのお店は初めてでしたけどね、入ったのは。
――ああいったお店にはよく行かれるんですか?
高井 そんなことはないですけど、はい。ちょっと、メガネの調子が悪くて、行きつけのメガネ屋が新宿にありまして、で、そこに行った後に、その、歌舞伎町どうなってんのかなと思って。ちょっと興味本位というかですね。呼び込みの人に声をかけられまして。はい。軽率だったと思います。
――コロナの感染リスクについては、どう思っていますか? 国会の方でも、ご質問されたりしてると思いますけど。
高井 はい。軽率だったと。
――その後、女性とはLINEなどを交換されたと聞きましたが。
高井 そ、それ……。まあ、したかも、しれませんけど、はい。
――ちょっと、遊びに行こうということも、あったようですけど。
高井 いやいや、そんなやりとりはしてないですけど。はい。
――先生が「飯でも行こう」みたいなことが、書いてあったようなんですけど。
高井 ……。
――先生にあったんですかね、日々のストレスが。
高井 ……。
 高井氏のホームページには、〈動けば変わる〉とある。“歌舞伎町現地視察”に限っては、動きすぎたのかもしれない。

人間として駄目駄目ですね。こんなのが国会議員ってのが宜しくないですね。
仕事しないで人の邪魔ばかり、口を開けば批判しか出てきません。
まるで村田のようですね。

そういえば村田はなんか反省しているようです。
蓮舫氏が緊急事態宣言後に出た立憲民主党の‘’風俗通い議員‘’に関して謝罪「不快な思いをされた方々にお詫び申し上げます」
 立憲民主党の蓮舫参院議員が15日、自身のツイッターを更新。 立憲民主党・高井崇志衆院議員が緊急事態宣言の最中、歌舞伎町の風俗店に行ったことが報じられたことに触れ「緊急事態宣言後の高井議員の行動が複数の週刊誌で報道されています。その件について本人からの意思含め幹事長から報告あり。私からは厳しく対処してほしいと申し述べています。不快な思いをされた方々にお詫び申し上げます」と謝罪した。
 高井衆院議員は安倍晋三首相が緊急事態宣言をした2日後の4月9日に新宿歌舞伎町の風俗店へ行ったことを「デイリー新潮」に報じられた。

村田議員は二重国籍問題の説明をまだしていないダメダメ議員の一人です。基本的に日本は二重国籍を認めていません。
これは差別ではなく、むしろ法の目を掻い潜る犯罪者を作らないための処置であり、社会秩序を守るために必要な制度です。
で、彼女が謝罪して何になるのでしょうか?副代表でしたよね。行動で示してもらいましょう、議員辞職が最低線だと思います。
立民 高井議員 「セクシーキャバクラ」利用で除籍処分
新型コロナウイルスの感染拡大で東京都などに「緊急事態宣言」が出され、外出の自粛が呼びかけられる中、新宿 歌舞伎町の「セクシーキャバクラ」と呼ばれる店を利用したとして、立憲民主党は、高井崇志衆議院議員を除籍処分としました。
衆議院比例代表・中国ブロック選出で、立憲民主党の高井崇志衆議院議員は、東京都などに「緊急事態宣言」が出されている今月9日の夜間に、新宿 歌舞伎町にある「セクシーキャバクラ」と呼ばれる店を利用し、性的サービスを受けたと「週刊文春」などで報じられました。
立憲民主党は役員会を開き、高井氏本人が14日実関係を認めたうえで、国民や党に迷惑をかけたとして離党届を提出したことが報告され、対応を枝野代表と福山幹事長に一任しました。
そして持ち回りの常任幹事会で、国会議員としての自覚を著しく欠いているとして、離党届を受理せず除籍処分とすることを決めました。
高井氏は「軽率な行動をとったことをおわびし、反省している」と話しているということです。
福山氏は記者団に対し「国民の皆さんに不快な思いをさせ、私からもおわびを申し上げたい。言語道断でけしからん行為だ」と述べました。

立民 枝野代表「辞職に値する おわび申し上げる」
立憲民主党の枝野代表は、みずからのツイッターに動画を投稿し、「大変情けなく、申し訳なく、やるせない思いでいっぱいだ。国会議員としての自覚を欠き、議員辞職に値する無責任な行動であり、信頼を損なう結果となったことにおわびを申しあげる。党内でこのような事態を二度と招かないためにも議員としての自覚を持った行動を貫くよう徹底して指導する」と述べました。

菅官房長官「残念な話だ」
菅官房長官は午後の記者会見で「与党であれ野党であれ、国会議員は、みずからの行動に責任を持ち、国民の負託に応えていく必要がある。残念な話だ」と述べました。

国民 玉木代表「出処進退みずから決めるべき」
国民民主党の玉木代表は記者会見で「他党の議員のことであり、コメントは差し控える。議員の出処進退は、みずから決めるべきもので、外からとやかく言うものではない」と述べました。

公明 石田政調会長「言語道断 範を垂れるべき人が…」
公明党の石田政務調査会長は記者会見で「言語道断だ。緊急事態宣言が出た後に、いったい何を考えているのか。国民から選ばれ、範を垂れるべき人が、こういうことをしているのは、全く話にならない」と述べました。

共産 穀田国対委員長「ことばがない 情けない」
共産党の穀田国会対策委員長は記者会見で「ことばがない。情けないとしか言いようがなく、言っても詮ないことだ」と述べました。

維新 馬場幹事長「ほかにやるべきことがあるのではないか」
日本維新の会の馬場幹事長は記者会見で「立法府の一員として、国民に対して外出の自粛をお願いしている立場で、ほかにやるべきことがあるのではないか。深い反省をすべきだ」と述べました。

除籍ってことは党としては知らんってことですかね。議員辞職ののち除名でもよかったのではないでしょうか?
それが政治家として責任を負うってことだと思います。身内には優しい話ですね。

民主党が人気ないのは仕方がない事だと思います。
野口健氏が立憲の支持率急落「当然の結果」
 登山家の野口健氏(46)が14日、自身のツイッターで、立憲民主党の支持率の急落について「当然の結果といえば当然だろう」と断じた。
 これは11、12日に行われた産経・FNN合同世論調査を受けて投稿したもの。世論調査では野党トップだった立憲民主が3・7パーセントと急落。代わって、日本維新の会が5・2パーセントと支持率を伸ばし、野党トップとなった。
 これについて野口氏は「野党がひたすら野党を演じているのはもはや通用しないのでは。特に有事の際には尚更に」と暗に立憲を中心とした野党の姿勢に疑問を呈した。
 さらに「うがった見方かもしれないが一部の野党を除き大半は『コロナと戦っている』というよりも『コロナに便乗して政権を叩こう』としているように見えてしまう」と批判した。

やることやらないで人の足を引っ張るだけの存在です。
人気出るわけがありませんね。

自分に甘くて他人に厳しい、こんな人いますよね。
そんなのが集まった政党は必要ありませんね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2020/04/19 06:00
コメント:
Re: タイトルなし
唯のアジテーターは必要ありません。
むしろ邪魔なだけです。

管理者のみに表示