【拡散希望】無責任な野党たち及び報道機関

先日、このような報道がなされました。
川口委員長解任の公算、野党7党が決議案提出
民主党など野党各党は7日、国会内で参院国会対策委員長会談を開いた。

 民主党は、中国への出張期間を許可なく延長したとして、川口順子参院環境委員長(自民)の解任決議案を参院に提出する方針を示し、他党も基本的に了承した。

 決議案は7日午後、野党7党によって提出され、8日にも参院本会議で野党の賛成多数で可決される公算だ。決議には法的拘束力があり、常任委員長として解任は初のケースとなる。


しかし事実は異なるようです。
産経新聞だけがきちんと事実関係を元に報道しました。
川口委員長の解任決議案を提出 野党7党が中国訪問延長で
 民主党やみんなの党など野党7党は7日、自民党の川口順子参院環境委員長が中国訪問を延長して委員会が中止になった問題で、川口氏の解任決議案を参院に共同提出した。参院は野党が多数を占めており、8日以降の参院本会議で可決される公算が大きい。
 決議案などによると、川口氏は参院議院運営委員会の了解を得て4月23、24両日に中国に滞在。楊(よう)潔●(けつち)国務委員(外交担当)との会談が急遽(きゅうきょ)入り帰国を遅らせたため、25日の環境委員会は中止になった。野党側は決議案で「職責を自ら放棄したことも同然で、断じて容認できない」としている。
 これに対し、自民党の脇雅史参院国対委員長は7日の記者会見で「(川口氏の滞在の)延長手続きをすぐに進めたが、延長手続きに野党が応じなかった。手続きを拒否した上で解任決議を出すのは政局のための活動だ」と反発した。

35446ff4-s.jpg
一番大切な中共に行かないのか!と国会で聞いていた割に行ったら行ったで騒ぎ立てる。
彼らには恥というものがないのでしょうか?
おそらく、会談を行わなければ行わないで糾弾することでしょう。
まさに日本の政治を自分の政局として弄んでいます。
そのような党に日本の政治を任せるわけにはいきません。

しかも環境委員長である川口順子さんはきちんと経緯を説明しています。
お詫びと説明一部抜粋
中国の外交政策決定当事者であり旧知の楊潔篪国務委員及び外交政策に関し政権に提言をする立場のシンクタンク幹部と本件に関し直接に十分な議論・反論を行い、現在対話がほぼ途絶えている状態の中国側に対し、我が国の考え方を伝えるとともに理解を慫慂することも国益上必須と考えました。・・・

我が国の主権と領土を守る国益を果たすために北京に残るべきか、それとも、環境委員長としての職責を果たすために午後早々に空港に向かうべきか、大変悩みました。どちらの国益も重要であります。

国益を最優先とし、国会のことは皆に任せて中共との会談を優先したとはっきりと言っています。
この決断をした政治家に対して野党はあのような決議文を出して恥ずかしくないのでしょうか?
自分の政治生命が大事であれば帰ると思いますしかし、この大切な時に国の要人ができることを行わないで変えることができるでしょうか?出来る訳ありません。本当に国のことを考えているのであれば今まさに侵略戦争を仕掛けてきている中共との対話を優先させるでしょう。そのような政治家の足しか引っ張らない野党はなんの存在価値があるのでしょうか?日本国の政治家としては、いや政治家として向いていません。
詐欺師にでもなったらいいのです。

報道機関も報道機関です。報道しない自由は彼らにはありません。
真実を伝える義務があります。
NHKすら伝えることをしません。
これではきちんとした報道というのは日本に存在しないのではと思わざる負えません。
お客様センターには幾度となく電話していますが、一度たりともきちんと回答してくれていません。
それではお客様センターの存在意義はないでしょう。
改善をする気がないのであれば税金を投入するのをやめなければなりません。
なにせ公共性を自ら否定するのですから・・・
サンデーモーニングではこんな偏向報道をしていました。

以下、抜粋
浅井信雄氏
世の中が雰囲気で動いている。円安、株高なので(政権)批判をしにくい雰囲気になっている。
しかしアベノミクスには問題多い。ロシアや中東訪問で派手な外交をやったが、その陰で一番大事な韓国や中国との外交が全く成り立っていないわけですよね
田中優子氏
自民党の改憲案っていうのをしっかり読んでみると、非常に古くて狭くて内向きなんですよ、驚くほど。
ただただもう愛国的で、グローバルなものが全くない。こうも排外的になっているというのは多分自民党そのものが持たないのじゃないか。つまり結束力が弱くなり壊れかかっているから余裕がない。怖いですね。そんな自民党がこのまま政権をとり続けると、その結束力のために自分たちのためだけに国を引っ張って行ってしまう可能性があります。


ここの人たちの中では一番大切なのは中共や韓国との外交らしいです。
アベノミクスに対してもデフレ脱却を行っているだけであり、民主党になる前の水準からはまだ遠いのが実情です。
それだけ民主党がひどい政治を行っていたというのが正論でしょう。
グローバルなものがないらしいですが、日本国内で使用する憲法なのですからグローバルなものであってはなりません。グローバルなものになってしまうと他国との軋轢を生むだけです。彼女こそグローバルというものについて勉強したほうが良いでしょうね。
左翼は数字を作り出しますが、私たちは後から数字を検証します。
そのいい例がこれです。
img_24f23b5db2cebb61203394ff798fcc4913227.gif
これが民主党政権の成果であり、実績です。それを正そうと頑張っているのが安倍政権であり、自由民主党です。
この三年、いや報道局の偏向・湾曲放送に気がついてから9年以上、これからが本番です。
まずはこの三人に責任を取らすことから始めたいと私は思います。
1264930873.jpg
一日も早い日本の夜明けを待っています。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2013/05/08 06:00
コメント:

管理者のみに表示