fc2ブログ

医療関係者並びに政府関係者、ありがとうございます。

91342862_1053521398363649_3650208063949897728_n.jpg
中共の武漢発の武漢ウイルス
これらの防疫に対して各国では政府関係者並びに医療関係者が最前線で戦っております。
何処の国でも医療関係者への差別をなくそうと必死に医療関係者を称える報道や発表を行っており、医療関係者の戦意を保つので必死です。
日本はマスゴミ関係者が他人を嘲ることしかしませんが、一般の人や政府関係者など現場を知る人が積極的にその運動を行っており、医療崩壊は間逃れているという見方が有力的ですね。
人を蹴落とすことしかできないマスゴミ関係者、それしか流さない報道局、捏造をしてでも日本を貶める努力を行う勢力が日本にとって一番の癌なのでしょう。
コロナ禍が終わればマスゴミ関係者の地位は地に落ちる事でしょうね。
真実を流さない報道なんて必要ない、と言う世論が形成されることでしょう。

さて、医療関係者に対して感謝の念を表すために神社やお寺、教会などが一斉に鳴り物を鳴らしたそうです。
医療関係者に感謝 寺社や教会が一斉に「鐘」
 新型コロナウイルスの早期の終息を願うとともに医療現場で働く人たちへの感謝の気持ちを示そうと全国の寺や神社、教会で一斉に鐘などが鳴らされました。
 「命の鐘アクション」は12日から日本青年会議所が医療の最前線で働く人へ感謝の拍手を送る意味を込めて全国の寺や神社、教会で鐘を鳴らすなどしてもらえるよう呼び掛けています。24日午後7時に東京・目黒の「サレジオ教会」や神戸の「須磨寺」など全国100カ所以上で一斉に鐘などが鳴らされました。
 祥雲寺・岩崎宗瑞住職:「宗教界は祈ることしかできない。できる一つひとつを一生懸命やっていきたい」

良い事ですね。どこかの街では医療関係者に対して拍手を送るというイベントも行われていました。
感謝の念を持っていてもそれを表せない人にとっては良いことだと思います。

政府は医療関係者に慰労金を支給するそうです。
医療従事者に最大20万円の慰労金支給へ 厚労省 新型コロナ
新型コロナウイルスの感染拡大で厚生労働省は、患者を受け入れた医療機関の医師や看護師らに、1人当たり20万円の慰労金を支給する方向で調整を進めています。
新型コロナウイルスの患者の治療に当たる医療従事者や高齢の入所者の感染を防ぐ介護施設などの職員は、リスクと向き合いながら働いているため、与野党双方から手当の支給を求める意見が出ています。
このため厚生労働省は、実際に患者を受け入れた医療機関の医師や看護師らには、1人当たり20万円の慰労金を支給する方向で調整を進めています。
また、患者の受け入れはないものの、病床の確保などに当たった医療機関の医師や看護師らには、1人当たり10万円の支給を検討しています。
さらに、介護施設などの職員にも支給することにしていて支給額が検討されています。
一方、厚生労働省は、ICU=集中治療室に入院した重症患者の治療に対する診療報酬について、感染対策の人手が必要になることなどから、通常の3倍に引き上げる方向で調整しています。

これ自体は良い事ですが、なんでもかんでも金クレ金クレと言う人が出てこないか心配です。
何といっても共産党などの人間が日本が嫌いだけど補助金はよこせという輩が出てきています。
先日行われたトリカエナハーレの際の補助金詐欺も同じようなものでしたね。
そのような人が出てこない事を祈ります。

天皇陛下も皇后陛下も感謝の意を発せられています。
陛下、医療従事者に「深い敬意と感謝」 皇后さま「心からのお礼の気持ち」 両陛下、日赤社長らから進講お受けに
 天皇、皇后両陛下は20日、お住まいの赤坂御所に日本赤十字社の大塚義治社長と富田博樹副社長を招き、新型コロナウイルスの感染拡大をめぐる対応について説明を受けられた。新型コロナウイルスに関し、両陛下は4月以降、感染症や経済などの専門家から直接、進講を受けられており、今回が4回目となる。
 宮内庁は同日、進講の冒頭の両陛下のご発言を公表した。天皇陛下は、対応にあたる日赤職員をはじめとする医療従事者の尽力に対し「深い敬意と感謝の気持ちを表します」とした上で「皆さんのお疲れもいかばかりかと案じていますし、心ない偏見に遭う方もおられると聞き心配しています」と気遣われた。
 昨年5月に日赤の名誉総裁に就任した皇后陛下は「皆さんの懸命な医療活動は、多くの患者さんの命を救ってこられたものと思います」とねぎらい、医療従事者や家族らに対し「陛下とご一緒に心からのお礼の気持ちをお伝えしたい」と話されたという。
 進講は約1時間半に及び、大塚社長らによると、同社の対応体制や課題の説明に対し、陛下は感染者受け入れの難しさなどについてご質問。皇后さまは医療従事者の心のケアについて心配されていたという。

天皇陛下あっての日本国、日本国民合っての天皇陛下、日本と陛下は一心同体です。
時々困った奴が日本と陛下を敵対関係にしたり、日本国と日本国民を敵対関係に例えたりしますが、基本的に一心同体です。
感謝の念を伝えていきましょう。

秋篠宮殿下も同じお気持ちのようです。
秋篠宮さま「誇り持ち乗り越えて」新型コロナ対応の医療従事者らにメッセージ
 新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、秋篠宮殿下が18日までに、総裁を務める社会福祉法人「恩賜財団済生会」の医療従事者らをねぎらうメッセージを同会に寄せられた。済生会が同日、ホームページで公表した。宮内庁によると、秋篠宮ご夫妻は感染拡大の状況を案じ、今月11日にはビデオ会議を通じて長女の眞子さま、次女の佳子内親王殿下とともに済生会の関係者から説明を受けられていた。
 秋篠宮殿下はメッセージで「常に感染の危険性に対峙しながらも一丸となって高い使命感を持ち、献身的に医療を行なっている姿に深く敬意を表します」とした上で、「くれぐれも自らの感染防止や心身の健康に留意しながら、誇りを持ってこの大きな困難を乗り越えていかれることを願っております」とつづられた。
 済生会によると、11日のビデオ会議は1時間ほどで、同会幹部や東京、神奈川の3病院の院長らが患者の受け入れ状況や医療資材の供給状況などについて説明。秋篠宮さまは、医療用ゴーグルや防護服が不足していることや、医療従事者が地域で不当な差別を受けていることなどを案じ、関係者をいたわる言葉をかけられたという。
 宮内庁によると、秋篠宮ご一家は11日以降もビデオ会議を通じ、各分野の専門家や関係者から説明を受けられているという。感染拡大をめぐっては、天皇陛下が先月、尾身茂・新型コロナウイルス感染症対策専門家会議副座長から進講を受けた際、医療従事者らへの感謝を述べられている。

御皇族の皆様も大変お疲れ様です。
日本の事を真剣に思っておられる陛下、殿下にはちゃんとした敬称を付けていただきたいものですね。

一生懸命働いている人に、人の為に戦っておられる人々の感謝の念を奉げる事は人として当たり前の事です。
それが出来ずに煽ることしかしない野党やマスゴミ関係者、いつか天罰が下ることでしょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/05/27 06:00
コメント:

管理者のみに表示