靖国参拝を行いましょう

靖国参拝において中共や朝鮮半島がうるさくなっています。
それに対して高市先生がこのような話をされました。

村山談話「おかしい」 靖国参拝「やめたら終わり」 自民・高市政調会長
 自民党の高市早苗政調会長は12日、NHKの番組に出演し、過去の植民地支配と侵略を認めた平成7年の「村山談話」に「国策を誤り」とのくだりがあることに触れ、「当時、日本が資源封鎖されてもまったく抵抗せずに植民地となる道を選ぶのがベストだったのか」と疑問を示した。同時に「当時の国際状況の中で何が正しかったかを自信を持って主張できる政治家は今の日本にはいない。だから、(談話は)ちょっとおかしい」とも述べた。
 ただ「植民地とされた国の民族の誇りを傷つけ、大変な苦難、被害を与えたのは確かなことだ」と、談話に一定の理解も示した。
 高市氏はまた、麻生太郎副総理ら安倍晋三内閣の閣僚による靖国神社参拝に中国や韓国が反発を強めていることに対して「ここで(参拝を)やめたら終わりだ。国策に殉じて命をささげた方をいかに慰霊するかは(日本の)内政の問題だ」と訴えた。
 安倍内閣が東京裁判を受け入れるかどうかについては「国家観、歴史観に関し安倍首相は(歴代内閣と)違った点もあるかと思う」と指摘した。
 高市氏の発言について、公明党の石井啓一政調会長は「菅義偉官房長官が10日の記者会見で、村山談話に関して『全体を歴代内閣と同じように引き継ぐ』とはっきり明言された。安倍内閣の歴史認識は歴代政権と変わらないと理解している。明確に丁寧に海外諸国に説明する必要がある」と述べた。


多少私と見解は異なります。
しかし、高市議員は立派です。他国の人間に国内の話に関わらせてはなりません。
靖国神社への参拝は内政問題でもありません。問題にしている人間たちだけの問題です。
私たちは何の問題もなく参拝する必要があります。
私たちが今暮らしている日本は英霊たちの努力があったのであるのです。
もし、英霊たちが対抗をしなければどのようなことになっていたのでしょうか?
おそらく無条件降伏がなされていたのではないでしょうか?
時々、大東亜戦争において無条件降伏をしたと言っている人がいますがこれは間違いです。
国体保持を条件としたした有条件降伏であり、軍隊の解体での降伏でした。
村山談話・河野談話についてははっきりと間違いは間違いと言わなければなりません。
政府の正式見解を覆すのは大変な労力が必要ですが、日本が復活するためには行わなければならない必要なことです。
日本軍や世界の軍隊には慰安婦がいました。
古くは聖十字軍の遠征から新しいのではベトナム戦争まで戦いのあるところには慰安婦がいました。
日本政府はその慰安婦に対して衛生管理をしっかりするようにと通達をだし、病院や長屋を整備するようにしていたそうです。慰安婦がきちんと安心して働けるように働きかけたのです。
決してどこぞの馬鹿が言うように20万人も強制連行したわけではありません。
中には朝鮮人に騙されて働いていた人もいるでしょう。
訴えているように郵便貯金をしていた人もいるでしょう。
しかし、日本軍が慰安婦を強制的に連れて従軍していたという事実は全くありません。
あるわけがありません。なぜなら慰安婦は民間人なのですから・・・
ianhu_10.jpg

きちんと事実を伝えなければならないというのはあっています。
私たちも報道機関の報道を丸呑みをせずにきちんと判断していきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2013/05/17 06:00
コメント:

管理者のみに表示