fc2ブログ

嘘は100回言ったところで嘘なのです。

unnamed.jpg
真実を伝えていくことが求められる世の中にあって、嘘を吐くことに抵抗がない特定亜細亜の人々の虚言がむなしく響き渡ります。
先日、世界遺産に登録された軍艦島の遺産に於いて、朝鮮人労働者が高給をもらいながら働いており、差別なく一緒になって働いていました。
その光景は現在生きている日本人及び朝鮮人によって証言されていますし、記録を見ても相当の給料をもらっていました。
しかし、日本で差別がないという当たり前の事を信じる事が出来ない現韓国人達はそれを否定、妄想の映画を真実と思い込んで日本に対してバッシングを行ってきました。
日本からすれば真実は記録で分かると言う事なのですが、韓国人からしたら自分たちが信じたいことが真実だと言う事でしょうね。
この教育の差が日韓関係をより悪いものにしているように思えます。

日本政府はこの軍艦島での話を15日から一般公開しているそうです。
政府の産業遺産情報センター 軍艦島元島民の証言紹介 15日から一般公開
 政府は14日、東京・新宿に開設した「産業遺産情報センター」を報道陣向けに公開した。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された長崎市の端島(はしま)(通称・軍艦島)を含む「明治日本の産業革命遺産」についてパネル展示している。戦時中に軍艦島で朝鮮半島出身者が危険な場所で働かされたとする韓国側の主張に対しては、出身地による差別的対応はなかったとする元島民の証言を紹介した。
 情報センターは2015年7月に産業革命遺産(福岡など8県23施設)が世界文化遺産に登録される過程で、韓国側が軍艦島などで「朝鮮半島出身者に対する非人道的な強制労働が行われた」と反発したことを受け、日本政府が設置を表明した経緯がある。
 館内には先の大戦中、幼少期を軍艦島で過ごした元島民の証言が映像などで公開されている。展示によると、ある元島民は、朝鮮半島出身の同級生とけんかもしたが「いじめは全然なかった」と振り返っている。在日韓国人2世の元島民は「周囲の方たちは、みないい人で負のイメージはない。かわいがってもらった」と回想した。
 登録施設の三菱重工業長崎造船所(長崎市)で働いた台湾人元徴用工の「給与袋」などの遺品も展示されている。
 情報センターは新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今年3月末の開所式後は閉館していた。今月15日以降、一般向けに公開されるが、見学には予約が必要。問い合わせは産業遺産情報センター03・6457・3655(平日午前10時~午後5時)

差別が出来る程の貧困がなかったというだけの話です。
第一、当時の日本は屈強な男性は戦争に行っていましたので徴兵されない朝鮮人労働者が重宝されていました。
いじめている余裕がなければ、いじめるだけの力もなかったと言う事です。
態々そんなことしないでも生きていけた、協力して生きていったというだけの話です。
妄想に取り付けれている人が変な話で映画を作っていただけでそれは虚構なのです。

朝日新聞は韓国側の妄想を取り上げます。
軍艦島元島民「徴用工差別、聞いたことない」施設で紹介
 ユネスコの世界文化遺産に登録された長崎市の軍艦島など「明治日本の産業革命遺産」を説明する施設「産業遺産情報センター」(東京都新宿区)が15日から一般公開される。朝鮮半島出身の徴用工に関し、虐待や差別は「聞いたことがない」とする元島民のインタビューが紹介されており、韓国が問題視する可能性もある。
 同センターは3月31日に開所式が行われたが、新型コロナウイルスの感染拡大で翌4月1日から休館となっていた。15日からの一般公開を前に14日、報道陣に公開された。
 日本は2015年の世界遺産委員会で「意思に反して連れてこられ、厳しい環境の下で働かされた多くの朝鮮半島出身者」がいたことを認め、当時の徴用政策について理解できるような措置を講じると説明。同センターの設置も表明していた。
 同センターでは、軍艦島や長崎造船所、八幡製鉄所など登録された23資産について、パネルや動画で解説。「国民徴用令」など「官あっせん、徴用、引き揚げについて理解できる五つの文書」をパネルで列挙した。
 その隣には1965年の「日韓請求権協定」の全文が掲示された。日本側は、元徴用工らへの賠償問題に関し、この協定で解決済みとの立場を取っている。
 同じ部屋には、元島民らのインタビューも紹介。父が端島(軍艦島)炭鉱で働いていたという在日韓国人2世の元島民が「いじめられたとか、指さされて『あれは朝鮮人ぞ』とは全く聞いたことがない」などと証言している。
 加藤康子センター長は「政治的な意図はない。約70人の元島民へのインタビューで、虐待を受けたという証言はなかったと説明。今後、インタビューを拡充していくという。
 同センターをめぐっては、韓国側は昨年12月、遺産近くではなく東京に設けられることや、徴用工に関する説明について「遺憾」とする「論評」を出した。その中で、日本は15年に世界遺産登録が決まった際、「(朝鮮半島出身の)強制労役の犠牲者を記憶にとどめる措置をとることを約束した」と主張、日本に「約束通りの措置」を取るよう求めていた。(太田成美)

朝鮮人による出稼ぎがなんで犯罪になるのでしょうね。むしろ不法入国をしていたのは誰でしょうか?
当時、朝鮮人はこぞって日本に渡航しようとしていました。日本の方が稼ぐことが出来るし、差別もなかったからです。
朝鮮では差別が普通に行われており、いまでも出身地での差別が非常に多いことで有名です。
信じたくないというだけで他人を説得できると思わない方が良いですね。

こちらに真実が載っています。
~世界遺産を巡る~ 軍艦島ガイド【完全版】
昭和30年代の家電ブームの時は、既に100%電化生活と恵まれた生活を送っていました。また、それを証明するのがテレビの普及率。当時のテレビの販売価格は3〜6万円台にも関わらず、1958(昭和33)年には、ほぼ100%に到達しています。同時期の平均月収の約1〜2カ月分なので、炭鉱の給料は高額でした。
事実から目を背ける韓国人達、いい加減に目を覚ましてもらいたいものですね。

妄想で生きる韓国人、日本の支援がないと厳しい状況を見たくないと言う事でしょうね。
日本人はお人好しです。でもしっかりと話していきましょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



教育 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/06/20 06:00
コメント:

管理者のみに表示